BMB
本店:東京都港区赤坂九丁目7番1号

【商号履歴】
株式会社BMB(2005年1月~2010年7月1日株式会社エクシングに合併)
株式会社ユーズ・ビーエムビー エンタテイメント(2001年3月~2005年1月)
株式会社日光堂(1972年4月~2001年3月)

【株式上場履歴】
<ジャスダック>2004年12月13日~2007年9月14日(株式会社USENと株式交換)
<店頭>1989年9月 日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
2002年8月 日 株式会社タイカン

【沿革】
昭和37年12月 大阪市生野区に日光堂の商号でレコード店を創業。
昭和47年4月 ㈱日光堂(資本金1,500千円、代表取締役社長 髙城喜三郎)に組織変更。
昭和50年5月 業務用カラオケテープ・機器の企画・販売を開始。
昭和53年4月 業界初の8曲入りカラオケテープ「T8Nシリーズ」を発売。
昭和56年8月 本社を大阪市西区に移転。
昭和59年6月 日本マランツ㈱と共同開発したコンパクトディスクカラオケ「CD-W1」を発売。
昭和59年6月 業界初のコンパクトディスクカラオケ(ソフト)「NCDシリーズ」を発売。
昭和60年8月 ㈱にっかつビデオフィルムズと共同企画したレーザーディスクカラオケ(ソフト)「NKLシリーズ」を発売。
昭和61年5月 映像リクエスト方式のコンパクトディスクカラオケ「AVZシステムGR-1」を発売。
昭和63年2月 アンリミュージックジャパン㈱(連結子会社)を設立。
昭和63年2月 バーコード方式によるオートコンパクトディスクカラオケ「CD-A150」を発売。
平成元年5月 香港にNIKKODO KARAOKE SYSTEM(H.K.)COMPANY LIMITED(現NIKKODO(H.K.)COMPANY LIMITED、連結子会社)を設立。
平成元年9月 当社株式が社団法人日本証券業協会より店頭登録銘柄として承認され売買を開始。
平成3年12月 世界初の新商品「CDIカラオケシステム」を発売。
平成6年2月 「CD動画カラオケシステム」を発売。
平成6年4月 ㈱ミニジュークジャパン及び㈱ミニジューク大阪の資本及び経営を譲り受ける。(両社は、平成8年2月1日付で合併し㈱ビーエムビー・ミニジュークとなり、平成11年10月に㈱タイカンに吸収合併されました。)
平成7年3月 通信カラオケ「BeMAX'S」を発売。
平成8年4月 ㈱バンダイと業務及び資本の提携。
平成8年9月 業務拡充のため東京本社を開設。
平成9年5月 通信カラオケ「neon」を発売。
平成9年7月 ㈱タイカンと業務提携。
平成10年6月 日光堂斡旋商品ホテル双方向マルチメディア集中管理システム「TOM-55」を発売。
平成11年7月 ゲーム大手の㈱ナムコと業務提携。
平成12年10月 通信カラオケ「neon R」を発売。
平成12年10月 ㈱有線ブロードネットワークスと業務及び資本の提携。同社よりカラオケ事業の営業譲渡を受ける。
平成13年3月 社名を「株式会社ユーズ・ビーエムビー エンタテイメント」に変更。
平成14年3月 通信カラオケ「B-kara」を発売。
平成14年8月 統合による経営資源の効率化を図るため、㈱タイカンと合併。本社を大阪市中央区に移転。
平成14年11月 既存市場での更なるシェア拡大による効率化と商品力の向上を目的とし、パイオニアビーマックスエンタテインメント㈱(現ビーマックスエンタテイメント㈱、連結子会社)他2社を買収。
平成15年2月 既存市場での更なるシェア拡大による効率化と商品力の向上を目的とし、クラリオンソフト㈱(現ビーエムビーソフト㈱、連結子会社)他2社を買収。
平成15年6月 カラオケ市場での更なるシェア拡大を目的とし、㈱有線ブロードネットワークスよりカラオケ機器の販売及び楽曲配信事業の一部を譲り受ける。
平成15年8月 平成15年6月に続き、更に㈱有線ブロードネットワークスよりカラオケ機器の販売及び楽曲配信事業の一部を譲り受け、カラオケルーム運営事業を㈱ユーズ・ビーエムビー スタンダード(現㈱スタンダード、連結子会社)が譲り受ける。
平成16年3月 通信カラオケ「neon R2」を発売。
平成16年4月 業界内での一層の競争力強化を目的に、連結子会社11社から営業を譲り受ける。
平成16年5月 通信カラオケ「UGA」を発売。
平成16年7月 本社を東京都港区に移転。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成17年1月 社名を「株式会社BMB」に変更。
平成17年1月 中国上海市にBMB(SHANGHAI)INTERNATIONAL CORP.(連結子会社)を設立。
平成17年3月 中国上海市にBMB(SHANGHAI)F&B MANAGEMENT CONSULTING CORP.(連結子会社)を設立。
平成17年11月 通信カラオケ「uga plus」を発売。
平成18年3月 宴会カラオケシステム「UGA-RAKUEN(楽宴)」を発売。
平成18年4月 主要機器の仕入先である三洋マービック・メディア㈱(連結子会社)を買収。
平成18年6月 中国上海市にBMB(SHANGHAI)CHANGSHOU ENTERTAINMENT CORP.(連結子会社)を設立。
平成18年6月 中国上海市にBMB(SHANGHAI)ENTERTAINMENT CORP.(連結子会社)を設立。
平成18年8月 中国上海市にBMB(SHANGHAI)SONGJIANG ENTERTAINMENT CORP.(連結子会社)を設立。
平成19年6月 宴会カラオケシステム「UGA-RAKUEN(楽宴) Lite」を発売。
平成19年6月 ㈱CTA及びCTA販売㈱を連結子会社化。
平成19年7月 ㈱USENの完全子会社となる株式交換契約締結。
平成19年8月 エンターテインメントテーブル「PARTY STATION(パーティーステーション)」を発売。
平成19年9月 ㈱ジャスダック証券取引所上場廃止。