※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソレキア
本店:東京都大田区西蒲田八丁目3番3号

【商号履歴】
ソレキア株式会社(2002年4月~)
小林電子産業株式会社(1969年6月~2002年4月)
小林電材株式会社(1958年9月19日~1969年6月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1990年4月24日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和33年9月 東京特殊電線株式会社関連会社、富士通株式会社特約店、富士電機株式会社取扱店として資本金50万円で小林電材株式会社設立、本社を東京都大田区女塚四丁目10番地に置く。
昭和34年3月 本社を東京都大田区小林町141番地に移転。
昭和35年2月 本社を東京都大田区西蒲田八丁目16番6号に移転。
昭和35年10月 大阪販売店(現、第二営業統括部)設置。
昭和38年9月 富士通株式会社と電子部品特約店契約を締結。
昭和40年4月 富士電機株式会社半導体取扱店となる。
昭和42年4月 富士通株式会社電子計算機システム(FACOM)販売特約店となる。
昭和43年6月 小諸出張所(現、長野支店)設置。
昭和43年11月 株式会社城南電子計算センター(現、株式会社コバデン・ジェイシステム)設立。
昭和44年6月 商号を小林電子産業株式会社に変更。
昭和44年7月 高崎出張所(現、群馬支店)設置。
昭和45年10月 富士通株式会社とFACOMディーラー契約を締結。
昭和46年4月 仙台出張所(現、東北支店)設置。
昭和46年10月 本社CE部(現、東京中央第一カストマサービス部)設置。
昭和49年10月 高松出張所(現、高松支店)設置。
昭和52年5月 大阪CE部(現、OBPカストマサービス部)設置。
昭和54年1月 富士通株式会社とFACOM電算機及び関連機器の保守委託契約を締結。
昭和55年3月 京都営業所(現、京都支店)設置。
昭和56年2月 本社を東京都大田区西蒲田八丁目3番3号に移転。
昭和56年5月 松山分室(現、松山支店)設置。
昭和56年6月 宇都宮営業所(現、宇都宮支店)設置。
昭和56年7月 諏訪分室(現、諏訪支店)設置。
昭和57年10月 富士通株式会社と富士通ディーラー契約を締結。
昭和58年3月 福島分室(現、福島支店)設置。
昭和59年3月 大阪営業所よりコンピュータ営業部門を独立し、大阪ファコム営業所(現、大阪支店)設置。
昭和59年3月 北関東CE部(現、群馬カストマサービス部)設置。
昭和62年4月 資本金を3億20万円に増資。
昭和62年4月 富士通株式会社と富士通電子部品特約店契約及び富士通半導体製品特約店(A)契約を締結。
昭和62年10月 富士通株式会社と富士通システム機器ディーラー契約を締結。
昭和63年3月 長野CE部(現、上田カストマサービス部)設置。
昭和63年4月 東京特殊電線株式会社と取引基本契約を締結。
平成元年4月 関東支店設置。
平成2年4月 資本金を6億5,170万円に増資。社団法人日本証券業協会(現、日本証券業協会)に株式を店頭登録。
平成5年4月 KOBADEN DESIGNER BUSINESS SOLUTIONS,INC.設立。
平成5年4月 富士通ピー・アンド・エス株式会社(現、富士通コワーコ株式会社)と富士通ピー・アンド・エス機器ディーラー契約を締結。
平成5年7月 富士通株式会社と富士通電子デバイス製品取引基本契約を締結。
平成9年8月 資本金を12億850万円に増資。
平成10年3月 KOBADEN SINGAPORE PTE LTD(現、SOLEKIA SINGAPORE PTE.LTD.)設立。
平成11年4月 コバデン・プロダクツ株式会社(現、ソレキア・プラッツ株式会社)設立。
平成11年9月 資本金を22億9,300万円に増資。
平成11年10月 富士通株式会社と富士通パートナー契約を締結。
平成14年4月 商号をソレキア株式会社に変更。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成16年12月 KOBADEN DESIGNER BUSINESS SOLUTIONS,INC.の解散。
平成18年3月 株式会社コバデン・ジェイシステムからの営業の全部譲受け。
平成18年3月 株式会社コバデン・ジェイシステムの解散。