JBCCホールディングス
本店:東京都大田区蒲田五丁目37番1号ニッセイアロマスクエア

【商号履歴】
JBCCホールディングス株式会社(2006年4月~)
日本ビジネスコンピューター株式会社(1964年4月1日~2006年4月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2000年9月1日~
<東証2部>1999年10月1日~2000年8月31日(1部に指定替え)
<店頭>1990年10月29日~1999年9月30日(東証2部に上場)

【合併履歴】
2002年3月 日 日本コンピューターリース株式会社
1983年8月 日 日響電機工業株式会社
1973年8月 日 株式会社ジェービーシー

【沿革】
昭和39年4月 日響電機工業㈱の一部門であった、“経営機械化研究部”が独立、電子計算機販売会社として日本ビジネスコンピューター㈱を設立。東京芝浦電気㈱の販売代理店となる。
昭和40年6月 東京都中央区日本橋に東京営業所(現 東日本ソリューション事業部)を開設。
昭和41年5月 中部以西の販売強化のため、日響電機工業㈱の子会社として㈱ジェービーシーを設立、大阪市と名古屋市にそれぞれ事務所を開設。
昭和48年8月 当社と㈱ジェービーシーが合併、名古屋市中区に名古屋営業所(現 中部ソリューション事業部)、大阪市北区に大阪営業所(現 西日本ソリューション事業部)を開設。
昭和50年6月 西日本地区のソフトウェア開発事業強化を図るため、当社子会社として関西データサービス㈱を設立(現 連結子会社)。
昭和51年12月 東日本地区のソフトウェア開発事業強化のため、当社関連会社として第一ビジネスコンピュータ㈱(後に当社子会社㈱ジェイビーシー・システムサービスと改称)を設立。
昭和52年10月 東京芝浦電気㈱と販売代理店契約を解消し、自社ブランドのオフィスコンピューター「JBCシステム-1漢字」を販売開始。
昭和57年4月 光学読取装置(OCR)の専門的販売を図るため、当社子会社としてユニコス㈱を設立。
昭和58年3月 日本アイ・ビー・エム㈱と販売提携。IBM特約店としてパーソナルコンピューターの販売開始。
昭和58年8月 経営基盤強化のため、日響電機工業㈱を吸収合併し、開発から保守サポートまで一貫した体制を確立。同時に同社の子会社であった日本パワーシステム㈱が当社の関連会社(後に子会社)となる。
昭和58年8月 日本アイ・ビー・エム㈱と資本及び技術提携。IBMシステム/36を販売開始。
昭和58年8月 当社子会社として日本コンピューターリース㈱を設立。
昭和60年6月 東京都渋谷区渋谷に本店を移転。
昭和60年6月 IBMシステム/38を販売開始。
昭和61年2月 東京都新宿区西新宿にシステム開発営業本部(現 エンタープライズソリューション事業部)を開設。
昭和61年8月 横浜市港北区に新工場完成。
昭和63年6月 IBM AS/400を販売開始。
平成2年8月 IBM RISCシステム/6000シリーズを販売開始。
平成2年10月 日本証券業協会の店頭売買登録銘柄へ登録し株式を公開。
平成3年7月 当社ソフトウェア部門強化のため、㈱ジェイビーシー・システムサービスから営業全部譲受。
平成4年10月 当社OCR事業の拡大を図るため、ユニコス㈱から営業全部譲受。
平成5年6月 神奈川県横浜市港北区太尾町に本店を移転。
平成6年4月 当社子会社としてジェイビーシーサプライ㈱を設立。
平成7年2月 収益改善見通しの困難性、リソースの最適化を目的に、当社子会社日本パワーシステム㈱を解散。
平成7年7月 当社子会社㈱ジェイビーシー・システムサービスを譲渡。
平成10年7月 ソフトウェア開発事業強化のため、中国の企業との合弁により、大阪市に当社子会社としてジェイ・ビー・ディー・ケー㈱を設立。
平成11年4月 東京地区営業・技術部門と本社部門を統合、東京都大田区蒲田に移転し、併せてネットワーク統合監視センター(SMAC)を7月に設置。
平成11年10月 東京証券取引所市場第二部に上場。
平成12年4月 当社子会社ユニコス㈱リペア事業を開始。(当社のリペア事業を移管)
平成12年7月 当社子会社JBCC Hong Kong Limitedを設立。(平成13年12月 ㈱アプティへ譲渡し、APTI HONG KONG LIMITEDへ社名変更)
平成12年9月 東京証券取引所市場第一部に上場。
平成12年10月 東京都大田区蒲田に本店を移転。
平成13年4月 ㈱アプティの株式を取得し、当社の連結子会社とする。
平成14年3月 当社子会社日本コンピューターリース㈱を当社へ吸収合併。
平成14年4月 当社子会社として㈱ジェイ・ビー・ティー・エス、㈱ジェイ・ビー・エス・エス(現、C&Cビジネスサービス㈱)を設立。
平成14年6月 英文社名を Japan Business Computer Co.,Ltd. から Japan Business Computer Corporation に変更。
平成15年4月 神奈川県横浜市神奈川区に横浜事業所を開設。
平成15年12月 ㈱シーアイエスの株式を取得し、当社の連結子会社とする。
平成16年4月 ㈱アイキャスの株式を取得し、当社の連結子会社とする。
平成16年6月 ㈱ビー・エス・シーの株式を取得し、当社の連結子会社とする。
平成17年2月 蒲田事業所にSLCC(Solution Competency Center)を開設。
平成17年4月 連結子会社㈱ジェイ・ビー・ティー・エスとユニコス㈱を合併させ、㈱ジェイビーシーシー・テクニカル・サービスとする。
平成17年4月 連結子会社ジェイビーシーサプライ㈱、㈱アイキャス及び㈱ビー・エス・シーを合併させ、サプライバンク㈱とする。
平成17年7月 連結子会社㈱シーアイエスの金融ソリューション事業をニイウス㈱に売却。
平成17年11月 純粋持株会社への移行に伴い、JBCC事業分割準備㈱(現 日本ビジネスコンピューター㈱)およびパートナー事業分割準備㈱(現 ㈱イグアス)を設立。
平成17年12月 エヌエスアンドアイ・システムサービス㈱(現 NSISS㈱)の株式を取得し、当社の連結子会社とする。
平成18年4月 純粋持株会社としてJBCCホールディングス㈱がスタート。グループ呼称をJBグループとする。
平成19年2月 東日本地区に加え、西日本地区にSLCC及びSMACを開設
平成19年4月 連結子会社日本ビジネスコンピューター㈱のサービス事業部門を分社し、JBサービス㈱を設立