※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アサンテ
本店:東京都新宿区新宿一丁目33番15号

【商号履歴】
株式会社アサンテ(1994年1月~)
三洋消毒株式会社(1973年9月18日~1994年1月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2014年4月24日~
<東証2部>2013年3月19日~2014年4月23日(1部指定)

【沿革】
当社は、現在の代表取締役社長である宗政誠が昭和45年5月に東京都府中市美好町二丁目36番地において「三洋消毒社」を創業し、白蟻防除を中心とした業務を開始したことに始まっております。宗政誠は、この個人商店である「三洋消毒社」での事業活動から白蟻防除事業の必要性を実感し、その後の日本列島改造ブームによって同事業の将来性にも確信を持ち、さらなる業容の拡大とより広い地域社会への貢献を目指して、昭和48年9月18日、同所において三洋消毒株式会社(現、㈱アサンテ)を設立するに至りました。
昭和48年9月 東京都府中市美好町二丁目36番地に三洋消毒㈱(現、㈱アサンテ)を設立し、白蟻等の害虫防除業を開始
昭和49年5月 本社を東京都府中市片町二丁目15番93号に移転
昭和49年9月 神奈川県藤沢市に神奈川営業所(現、湘南営業所)を新設(以降順次営業所を開設)
昭和54年9月 藤枝市農業協同組合と業務提携(以降各地農業協同組合と提携)
昭和57年3月 本社を東京都府中市宮西町五丁目8番1号に移転
昭和61年3月 法人向け殺虫・殺鼠等のトータルサニテーション事業(TS事業)の強化を図るため、法人向け部門を分離し、TS事業部を新設
昭和62年9月 本社を東京都府中市から東京都新宿区新宿一丁目15番9号に移転
昭和63年3月 販売体制の更なる強化を図るため、茨城県経済農業協同組合連合会と業務提携(以降各地全国農業協同組合連合会県本部と業務提携)
平成2年12月 静岡県引佐郡三ヶ日町(現、静岡県浜松市北区三ヶ日町)に総合研修所(現、三ヶ日総合研修センター)を新設
平成6年1月 業務領域の拡大に伴いCI(コーポレートアイデンティティ)を導入し、商号を㈱アサンテに変更
平成6年3月 リフォーム事業に進出するため、住宅事業部を新設
平成8年4月 本社を新宿区新宿一丁目33番15号に移転
平成8年4月 一般家屋向けメンテナンスサービスの充実を図るため、CS(カスタマーサティスファクション)業務を開始
平成11年4月 身体障害者及び知的障害者の雇用促進を図るため、特例子会社㈱ヒューマン・グリーンサービスを設立
平成14年1月 家屋全体を構造的に強化する家屋補強システム施工の販売を開始
平成14年3月 福島県耶麻郡猪苗代町に猪苗代総合研修センターを新設
平成14年4月 お客様満足度のさらなる向上を目指すため、お客様相談室を新設
平成14年6月 ㈱伊万里ブルワリー(旧㈱伊万里製作所)を子会社化
平成17年10月 基礎の亀裂補修、強度回復を図ると共に、表面劣化を抑制する基礎補修施工の販売を開始
平成18年6月 経済産業省の「平成18年度サービスロボット市場創出支援事業」に当社「シロアリ防除のロボット化」が採択され、研究開発を開始
平成18年7月 日本における白蟻防除の必要性を広く認知してもらうため、白蟻探知能力を持つ「シロアリ探知犬」をアメリカから導入
平成19年9月 耐震補強工事「アサンテ耐震システム」を独自開発し、財団法人日本建築防災協会(現、一般財団法人日本建築防災協会)の技術評価を取得
平成20年11月 経営戦略の精度向上を図り、年度計画の策定・推進・管理等の効率化を図るため、決算期を8月から3月に変更
平成21年4月 住宅事業部を廃止し、HA事業部にその業務を統合
平成21年6月 代表取締役社長の宗政誠が社団法人日本訪問販売協会(現、公益社団法人日本訪問販売協会)の監事に就任
平成21年7月 子会社㈱伊万里製作所を吸収合併
平成21年10月 太陽光発電システムの需要拡大に伴い、本格販売開始
平成22年4月 エコ事業推進部を新設し、太陽光発電システムとリフォームの業務をHA事業部より移管
平成22年10月 トコジラミへの被害対策として、トコジラミの探知能力を持つ、「トコジラミ探知犬」をアメリカから導入