※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

土木管理総合試験所
本店:長野県長野市篠ノ井御幣川877番地1

【商号履歴】
株式会社土木管理総合試験所(1986年4月~)
株式会社中央資材検査所(1985年10月1日~1986年4月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2016年10月4日~
<東証2部>2015年8月26日~2016年10月3日(1部指定)

【沿革】
 当社現代表取締役社長の下平雄二は、将来インフラ整備に伴う需要が拡大すると確信し、昭和60年5月に長野県長野市において、個人事業主として土質・地質調査試験を主な業とする「中央資材検査所」を創業しました。その後、昭和60年10月法人組織として「株式会社中央資材検査所」を設立し、昭和61年4月商号を現在の「株式会社土木管理総合試験所」に変更しております。
昭和60年5月 長野県長野市稲里町に中央資材検査所を個人創業し、試験総合サービス事業を開始。
昭和60年10月 資本金2百万円で中央資材検査所を(株)中央資材検査所に組織変更。
昭和61年4月 (株)土木管理総合試験所に商号変更。
平成4年2月 本店を長野県長野市金井田に移転。
平成6年8月 測量業務拡大のため測量業者登録を行う。
平成6年11月 地質調査事業拡大のため地質調査業登録を行う。
平成10年6月 本店を長野県長野市篠ノ井御幣川に移転。環境調査試験業務の営業を開始するため、計量証明事業登録を行う。
平成12年4月 非破壊調査試験業務開始のため、非破壊試験部を新設。
平成14年5月 地盤補強サービス事業を開始するため、子会社(株)エコグランド・ディケイを設立。
平成16年9月 土質・地質調査試験業務強化のためフジ測量設計(株)を買収。
平成17年8月 非破壊調査試験業務強化のため(株)中山特殊工業を買収。
平成17年12月 関西での事業展開を目的として大阪府堺市に大阪営業所開設。
平成18年2月 地盤補強サービス事業の事業効率化のため、子会社(株)エコグランド・ディケイを吸収合併。
平成18年3月 試験品質の信頼性向上を目的としてISO17025認証取得。
平成18年9月 非破壊調査試験業務の事業効率化のため子会社(株)中山特殊工業を吸収合併。
平成19年5月 土質・地質調査試験の受注拡大のため長野県千曲市に中央試験センターを開設。
平成19年8月 中京での事業展開を目的として愛知県清洲市に名古屋支店開設。
平成20年11月 京都、滋賀地方の事業効率化のため、子会社フジコスDK(株)(旧商号フジ測量設計(株))を吸収合併。
平成21年4月 土質・地質調査試験業務強化のため、多摩ボーリング(株)より地質調査事業を譲受。
平成21年10月 関東での営業展開強化を目的として埼玉県三郷市に関東支店開設。
平成23年10月 東北での営業展開強化、震災復興事業推進を目的として宮城県仙台市に東北支店開設。
平成24年3月 レーダ探査業務開始に伴い物理探査事業部開設。
平成24年11月 土質・地質調査試験における測量設計業務の強化及び北陸での営業展開を目的として(株)日新企画設計・(株)平成調査設計・(株)マル補償コンサルタントの全株式を取得し子会社化。
平成26年4月 土質・地質調査試験業務の業容拡大、効率化を目的として宮城県仙台市に東日本試験センター開設。
平成27年1月 業務の効率化のため子会社(株)日新企画設計が子会社(株)マル補償コンサルタントを吸収合併。
平成27年4月 業務の効率化のため子会社(株)日新企画設計が子会社(株)平成調査設計を吸収合併。