※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昭栄薬品
本店:大阪府大阪市中央区安土町一丁目5番1号

【商号履歴】
昭栄薬品株式会社(1960年3月17日~)

【株式上場履歴】
<東証JASDAQ>2016年3月16日~

【沿革】
当社は、昭和12年12月に創業者である鐵野義数が大阪市南区(現 大阪市中央区)に於いて、鐵野商店を開業し無機薬品を中心とした化学品の卸売事業を開始したことに始まります。昭和21年4月に昭栄理化学工業所と改称し、主として化学品及び石鹸の原材料の販売を行い、商社としての地盤を築き、また昭和26年4月から、花王石鹸株式会社の脂肪酸及び脂肪酸誘導体の販売を開始したことを契機に、事業を拡大してまいりました。
昭和12年12月 化学品卸、鐵野商店として創業
昭和21年4月 鐵野商店を昭栄理化学工業所と改称
昭和24年9月 大阪市中央区(現 本社所在地)に事務所を新築、昭栄薬品商会と改称
昭和26年4月 花王石鹸株式会社の脂肪酸及び脂肪酸誘導体の販売を開始
昭和35年3月 昭栄薬品商会を、昭栄薬品株式会社に改組(資本金10百万円)
昭和35年6月 新日本油化株式会社を子会社化し、鐵野油化株式会社に商号を変更。脂肪酸、脂肪酸エステル及び界面活性剤等の化学品の生産を開始
昭和37年4月 東京都中央区に東京営業所開設
昭和38年10月 愛知県名古屋市に名古屋営業所開設
昭和40年4月 土木建設業界向けに関連資材の販売を開始し、土木建設資材事業に参入
昭和42年10月 水中接着剤「ショーレジン」開発
昭和44年5月 「ショーレジン」の拡販を目的に、ショーレジン株式会社を設立(議決権比率:75%)
昭和51年4月 東京営業所を東京支店に改組
昭和62年4月 家庭用洗剤を商品化し、日用品事業に参入
昭和63年1月 大阪市中央区(現 本社所在地)に本社新社屋を建設
平成5年5月 東南アジア諸国への輸出拡大を目的に、シンガポール支店開設
平成17年5月 中国での販売強化を目的に、昭栄祥(上海)貿易有限公司を設立(議決権比率:100%)
平成19年2月 ISO14001認証取得(大阪本社、東京支店、名古屋営業所)
平成20年6月 当社グループ経営の合理化を目的に、ショーレジン株式会社の保有全株式を譲渡
平成20年10月 当社グループ経営の効率化を目的に、鐵野油化株式会社を吸収合併(同社を大阪工場とする。)
平成21年6月 東南アジア諸国への拡販を目的に、合弁会社SHOEI-TDC(THAILAND)CO.,LTD.を設立(議決権比率:49%)
平成22年10月 当社グループ経営の合理化を目的に、株式会社ショーエイ(当社役員の出資により昭和62年7月設立)を吸収合併
平成24年5月 海外事業の強化を目的に、SHOEI-TDC(THAILAND)CO.,LTD.の合弁を解消(議決権比率:100.0%)
平成24年7月 SHOEI-TDC(THAILAND)CO.,LTD.をSHOEI TRADING(THAILAND)CO.,LTD.に商号を変更
平成25年7月 シンガポール支店を閉鎖
平成25年12月 大阪工場における脂肪酸、脂肪酸エステル及び界面活性剤等の生産から撤退
平成26年12月 大阪工場における全ての生産活動から撤退し、大阪工場を閉鎖