剣道とは

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

剣道とは

剣道とは、お互いに防具をつけ、竹刀で相手の防具の打突部位を打ち合って勝負を決める競技です。

防具

:頭につける。 打突部位

:につける。 打突部位

:胴の下につける。大抵は名前をココに付ける。

小手:手にはめる。 打突部位

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

剣道の歴史

剣道は自分の身を守るため自分の体や技を鍛え物事に応じない強い心を養うのが目的で、昔からずっと続けられていた。

江戸時代に、防具が考え出された。

しかし、明治時代には刀が禁止されたため、剣道も忘れかけられた。そのころ、激剣興業といって、入場料を取り、剣道を見せる・・・ということをはじめた人がいて、剣道の根本を見失ってきてしまった。

その後、外国文明を取り入れながら発展していく日本は剣道は心身の鍛練に欠かせないということで、また剣道が行われるようになった。

昭和16年に起こった太平洋戦争で日本が負けたとき、剣道は禁止された。    しかし、剣道を日本に残したい、と思う人々が集まり「竹刀競技」を、考え出し、再び新しく、剣道がはじめられた。

竹刀競技が発足し、しばらくしたら、全日本剣道連盟がつくられ、試合の内容も改新されて、現在と同じような内容になった。

いまでは、少年少女やお年寄りたち、日本全国で多くの人たちに親しまれている。

                          参考:少年剣道 小森園正雄 旺文社

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
 **TOPページです
 **メニューです
 **スクールの紹介です
 **先生と生徒の紹介です
 **練習の写真です
 **送別会の写真です
 **スクールの練習予定です
 **練習の様子です
 **過去の更新の記録です
 **剣道についてです



更新履歴

取得中です。