※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

458 名前:(本)ドクオ&しぃ 投稿日:2006/08/06(日) 22:14:31 DrgrzlXX

そろって州制圧戦を完了した俺ら。ストレートに制圧戦に勝利したことは当然喜ぶべきことである。
さらにはなんかブサイクなおっさんの(だが店長の話ではこのカードメインで覇王になった人間がいるらしい)カード、

他軍の新しい象、さらに伏兵で妨害計略持ち(なぜかオカマ言葉でしゃべる)のカードを手に入れホクホクだ。
その後にしたお互いの店内も充実したゲームだったし、強そうなカードも引けた。持ってないカードなのでコレはコレで純粋に嬉しい。
こんなにいい事が続いてるんだ。顔面の筋肉が梅雨時の地盤のように緩み、自然と顔がにやけていくのは自然の摂理ってもんだろう?

(;^ω^)「ドクオにやけ顔キメェwww」
(’A`)「うるせぇwww」
勝利の余韻に浸っている…そんなふんいき(なぜか変換できる)もぶち壊しだ。チクショウ。

( ^ω^)「しかし二州だお!ブーンたちは強くなったお!もう誰にも負けないお!このまま覇者まで一直線だお!フヒヒ」
(;’A`)「そう簡単にはいかねーって…」

気楽そうに言ってくれるもんだ。まったく、こいつの頭にはこれがさらに十四州まであって、なおかつそれに一つ一つ制圧戦があることに頭が回らないのかね。
これからを考えると財政的にめまいがしてくるほどでバファリンの優しさ部分を主に財布に適用しないとまずいと思えるほどの長い道のりなのに、お気楽でいいもんだ。


459 名前:(本)ドクオ&しぃ2/12 投稿日:2006/08/06(日) 22:15:57 DrgrzlXX

(´・ω・`)「二人ともよく頑張ったね。君たちはすばらしい速度で成長しているよ」
店長からの再度のお褒めの言葉。周りがどうかは知らないが、ブーンも成長しているのならきっと俺も成長しているのだろう。
リトマス試験紙ってわけでは無いが、俺と同じときに始めたんだから同じだけ成長しているはずだ。決して下に見ているわけではない。素直に俺は礼を述べた。

(’A`)「あ、ありがとうございます」
( ^ω^)「褒めるくらいならなんかくれお」
(´・ω・`)「ぶちころすぞ」
…うん、無駄にねだるのはやめろよ、ブーン。

ギャーギャーとやかましい二人を冷蔵庫に入れ忘れた麦茶のような生暖かい眺めていると後ろから涼やかな声が聞こえてきた。
(*゚ー゚)「あ、店長、それにお二人ともこんにちは」

しぃちゃんだ。相変わらずかわいいなぁ、いつもブーンとそれを追いかけるツンだけだから潤いってもんが俺の生活には欠けてい
( ^ω^)「おっwおっwおっwしぃだお!三国志やりに来たのかお?」

呼び捨てかよ、なんだこのやろう。ダン○ンこのやろう。
(*゚ー゚)「はい、私はまだぜんぜんですから、早く皆さんみたいに強くなりたいと思って」

う~ん健気だねぇ…このマリアナ海溝よりも深いであろう謙虚さをツンにも少し見習って欲しいもんである。
あいつはブーンのこととなると見境が無くなるんだから。この前もカードをいきなり破ってトラぶったとか何とか。
それさえなけりゃ意外とまじめで優しい奴だし、それにルックスもきれいないい子なんだけどね。何でブーンを選んだのかは不明だが。


460 名前:(本)ドクオ&しぃ3/12 投稿日:2006/08/06(日) 22:16:32 DrgrzlXX

(´・ω・`)「お、しぃちゃんか、この前の大会はお疲れ様。私は仕事があるからそろそろ失礼するよ」
マスターはゲーセンの裏の方へ去っていく。

( ^ω^)「強いブーンに何でも聞くがいいお!」

強いブーンってお前俺と同じ二州だろうが。
それは冷静にカードを繰る事の得意な俺にアドバイスをさせるべきだ、任せて欲しい。
突撃大好きのツン仕込みのブーンじゃゆっくりとカードを操作するしぃちゃんには厳しいだろ。

    てれてれ、てって~てれ~れれれれ~♪

うん、ブーンの着ウタって奴だな。空気を読まないタイミングである。しかしいまだにハピマテとは。
( ^ω^)「はいもしもしだお、あっ、ツンだお!なになに?今からブランデー?」

よくわからないがどうやら呼び出されているらしい。ブランデーって確かこの近辺にある別のゲーセンの名前だ。
(;^ω^)「って言いたかったけど、今日はツンから呼び出されたからドクオに任せるお…」

    てれ~てれ~てれ~てれて~♪てれ~てれ~てれ~てれて~♪

俺にも電話がかかる。着信主は「ツン」だ。
ちなみに着うたはハレ晴れユカイ…うるせぇよ、ハルヒ厨言うな。

ξ゚⊿゚)ξ「あ、ドクオ?しぃがそっちいったでしょ?ブーンはこっちで預かるからゆっくり教えてあげなさい」
うん、ツン、よくやってくれた。今度SRとか引いたらお前にやるよ、ポツダム宣言を受諾するくらい無条件で。


461 名前:(本)ドクオ&しぃ4/12 投稿日:2006/08/06(日) 22:18:42 DrgrzlXX

( ^ω^)「じゃあ、行ってくるお!ブーン!空も飛べるはず!」
陸上部の奴から私財を投げ打ってでも移植して欲しいと言われたブーンの健脚はあっと言う間にブーンの背中を見えなくした。

(*゚ー゚)「あ、行っちゃいましたね…」
(;’A`)「そ、そうだね…」
しかし急に二人にしないで欲しい。俺の恋愛スキルは賽の河原に子供が積んでいる石よりも低いし、
こんな状況に対応できるマニュアルなんて、マニュアル化激しいマックの店員でもあるまいし俺はかけらも持ちあわせていない。

(*゚ー゚)「じゃあ、ドクさん、教えていただけますか?」
ちょっと申し訳なさそうに言うしぃちゃん。
(*’A`)「あ、うん…」
もっと何かしら気の利いたことくらい言えよ、バカ。

(*゚ー゚)「良かった…」

チクショウ、そんなに喜ばないでくれ、あなたのためだったらいくらでもこの身を砕かせていただきます。
そんなわけで、フリースペースのベンチでまずはしぃちゃんの為のデッキ作成講座を開くことになった。
ベンチで二人きりなんて、すでに緊張でがちがちの俺だった。なに話せばいいんだろうな。
彼氏とかいるんですか?いや、三国志について話せばいいに決まってるだろうよ。なに考えてんだ。


463 名前:(本)ドクオ&しぃ5/12 投稿日:2006/08/06(日) 22:20:55 DrgrzlXX

(*゚ー゚)「コレが私の持ってるカードのすべてなんですが…」
そういってカードを渡してくれるしぃちゃん…あれ?カード増えてないか?
前の大会ってもたった何日か前のことだが。
そのときは蜀のスターターにブーンがあげたカードが何枚かってだけだったはずなんだが…なんか青いカードが特に多い気が…

(*゚ー゚)「今日ツンさんに呼ばれて行ったら『これ、1のカードだからあげるわ』ってカードをもらったんです。
悪いからって断ったんですけど『いいから遠慮しないで!そしてバーボンハウスに行きなさい』って…」
なるほど、すべてお前の差し金か、ツン。SRと言わずに出たらLEでも無条件でプレゼントしよう。

(*゚ー゚)「そうしたらドクさんとブーンさんがいてくれたので助かりました」
ニコッと笑う。その笑顔が見られただけでも俺はもう満足です。しかし本題に入らないわけには行かない。

(’A`)「さて、デッキについてなんですが…」
(*゚ー゚)「おードクさんのデッキはカードが多いんですね~なるほどなー」
俺のデッキを見たしぃちゃんはしきりに感心している。

(’A`)「枚数の多いデッキはそれだけでいくつかの利点があります、たとえば使える計略の種類が多いこと、
囮として部隊を攻城に向かわせることで相手の戦力の分散を図ることができたりと」
あれだな。オタクの心理だ。好きなことになると饒舌になる。さっきまでしゃべれずに悩んでたのはどういうことだ。


464 名前:(本)ドクオ&しぃ6/12 投稿日:2006/08/06(日) 22:21:52 DrgrzlXX

(*゚ー゚)「でも私は枚数の多いデッキはちょっと…」
(’A`)「いえ、枚数が多いってことは一枚づつの武力は低いってことだから…」
(*゚ー゚)「あ、一枚の武力の高いカードに一枚づつ倒されていかされやすいってことですね」
さすがしぃちゃん、飲み込みが早い。いい生徒を持った先生の気持ちがほんの少し分かる。
残念ながら俺はボンクラもいいとこで、そんな気分を味あわせたことはないわけだが。

(’A`)「そういうことです。だから基本的には5枚のバランスの取れたデッキを使っていくことをオススメします」
うん、考えとしては無難だが、間違いではない。すべては基本から。オレ?…ま、普通じゃつまらないってことで。
(’A`)「特に見て行きたいのは計略ですね。全隊強化があるデッキと無いデッキでは雲泥の差がありますし、
また火計なんかのダメージ計略、また弱体化計略も強力な選択肢になります。
バランスよい計略の選択肢を用意することが勝利への近道です。」
誰かから聞いたことの受け売りでもそれなりに効果はあったらしい。しぃちゃんはいたく納得した様子。
しきりに『なるほどなー』とつぶやいている。

(’A`)「そこでこの資産をみると…」
新たに加わっていたのは
R孫策 R孫堅 R孫権 UC徐盛 UC程普 UC小喬 C陳武 C虞翻 C朱桓 C朱治
の10枚。

全部旧カードとはいえ光り物まで3枚とは大変気前がよろしい。新しい三国志友達ができて嬉しかったんだろうか?
そういえばこの集まりもブーン、オレ、ツン、しぃちゃん、モナも入れていいのか?
で5人になってる。高校から同好会として認められてもよさそうだな。
世界を大いに盛り上げるための三国志大戦の団。これでSOS団。
このまま考えるなら団長はツンだな。うん、さすがにだめだろう。明らかにパクってるし。


465 名前:(本)ドクオ&しぃ7/12 投稿日:2006/08/06(日) 22:24:04 DrgrzlXX

(*゚ー゚)「この陳武ってカワイイですよね~なんか爬虫類って感じ」
…なんだ、爬虫類フェチ?しかし希望のカードなら入れてやらなきゃいかんよな。
(’A`)「それならこんなデッキが使いやすいでしょう」
R孫策 UC徐盛 R孫権 C陳武 C虞翻

…というかかなり強いんでないか?総武力24、R孫権が旧のため柵が3。号令も超絶も火計まで完備されてて対応力も抜群だ。
(*゚ー゚)「私の考えてたデッキとぜんぜん違いますね…」
デッキは
UC徐盛 R孫権 UC程普 UC小喬 C陳武
流星か…流星はちょっとオススメできな

(´・ω・`)「へぇ…面白そうなデッキじゃないか」
…急に後ろから話しかけないでください。

(´・ω・`)「ドクオくん、どうだい?君が作ったデッキ分のカードは貸してあげるから、しぃちゃんとそのデッキで店内大戦してみては?」
(’A`)「ちょっと、本気ですか?店長?」
突拍子もない発言である。さすがに負けるわけが無いと…

(;゚ー゚)「さすがに私じゃ勝てないと思うんですが…」
(´・ω・`)「私がしぃちゃんのサポートについてあげるけどいいかな?」
(’A`)「あ、いいっすけど…」
こうして店長に押し切られる形でなし崩し的に二人で店内をすることになってしまった。


469 名前:(本)ドクオ&しぃ8/12 投稿日:2006/08/06(日) 22:25:59 DrgrzlXX

(*゚ー゚)「ではドクさん、店内ですね~?」
(’A`)「あ、はい、そうして下さい」
そして、デッキセット。店長は店の奥から黒いバインダー引っ張り出してきたんだが中はカードでびっしりだったぞ…
あれってフルコンプって奴じゃないのか?

ドク軍 二州 校尉 兵法『再起の法』
R孫策 UC徐盛 R孫権 C陳武 C虞翻
VS
しい軍 一州 指揮官
UC徐盛 R孫権 UC程普 UC小喬 C陳武

開幕配置、フィールドは左側に森が広がるステージ。
…コレって俺に不利な流星にとって有利なステージじゃないか?
そんなことを考えながら柵をセット。唯一の進入路な森の入り口に一枚、他の二枚を弓兵を守るように置く。
実際は相手は攻めてくるとは思えないが、まぁ気休めだ。

(*゚ー゚)「それじゃあ、いきますよ~!」
開幕である。
このとき本気を出していくべきなのか、手を抜くべきか…そんな風に考えていた俺。
結論から言えば、それが間違いだったことを知るのは5分もかからなかった。


471 名前:(本)ドクオ&しぃ9/12 投稿日:2006/08/06(日) 22:27:17 DrgrzlXX

相手は台形に柵を置き、その中から防戦の構えを取っている。なるほど、流星だもんな。
最終的に攻城しなくても流星さえ発動すれば何の問題も無い。
しかし俺は攻めざるを得ない。

風林火山。犯し掠める事火の如し。さしずめ相手は動かざる事山の如しってやつか。
とりあえずリードを奪うことが先決。

そう判断した俺は森のないところへ孫策を先頭に陳武をサポート、そして弓を援護射撃できる位置に付けて進軍。
いつものデッキでやっているように端攻めって形を取ってとりあえずは柵を壊しにかかる。
なおかつ攻城までできたらラッキーだがさすがにそこは望めないな。

(*゚ー゚)「攻めてきましたよ~?てんちょー?」
(´・ω・`)「うん、大丈夫。こうしてみようか、弓のカードを全部孫策へ向けてごらん」

くそ、本当は対戦相手じゃなくてそこに立っていたかった。
しぃちゃんの弓兵と陳武がこちらの進軍してきたほうへ寄ってくる。
突撃オーラを出したまま孫策が柵に突撃。その瞬間に弓兵がわずかに位置を変える。

(´・ω・`)「コレが弓サーチ変更。相手の弓を打ちたいカードへカードを向けることでそのカードに弓を集中する技術」
さらに陳武を孫策と乱戦させてごらん。これで柵守り乱戦って言って乱戦中は柵にダメージが入らないことを利用したテクニックだよ」

淡々と説明する店長の声、なんだそりゃ、さっぱり知らんぞ。
ガシガシと相手の柵にぶつかる孫策と陳武。しかし陳武は兵力が減らず、孫策は異常に減っていく。
全ての弓の射線が孫策へ集中しているためである。相手の陳武と乱戦させられていることと弓での総攻撃を受けてあっさり撤退する孫策。


472 名前:(本)ドクオ&しぃ10/12 投稿日:2006/08/06(日) 22:29:15 DrgrzlXX

(’A`)「ちょ、撤退が早い!」
慌てて陳武を引かせるが孫策がいない今、弓の対象はすべて陳武である。
弓の集中攻撃であえなく昇天。しぃちゃんの陳武もこちらの援護をさせていた弓で撤退。
ここで俺の弓兵を全隊柵の後ろへ返す。このままじゃ圧倒的に分が悪い。
そのころ全くノーマークで森のほうを駆け上がってきていた小喬が俺の城壁を一発。

(’A`)「しまった!」
(´・ω・`)「コレが相手の戦力を分散するための囮攻城。というか今回は入っちゃったけどね」
(*゚ー゚)「すごーい!店長の言うとおりにしてるだけなのに…」

ああ、しぃちゃんのなかで俺の株がまさにブラックマンデー。ウォール街の悪夢。
急いで小喬へ徐盛と孫権で弓を打つように向かわせるが結局二回の攻城を許してしまう。
そのあとは全くいいとこなし。

復活してきた小覇王の蛮勇は柵を一枚壊し中に進入するが徐盛の麻痺矢に完璧に止められる。
万を持して放ったはずの号令には全く同じ号令に柵の後ろから応戦され逆に壊滅させられる始末。
逆転の望みをかけた火計は相手を範囲に入れる前に弓の集中攻撃を受けて虞翻が落ちてしまう。
気休めと置いていた柵も全て壊され、焦った俺の進軍を尻目にまたも攻城を許すなんて場面が続く。

後ろから店長が軽く指示を出しているだけなのに…なんかインチキでもしてるんじゃないのか…
最後には00カウントで流星が俺の城に落ちてきて終わった。結果、落城。


475 名前:(本)ドクオ&しぃ11/12 投稿日:2006/08/06(日) 22:31:05 DrgrzlXX

(*゚ー゚)「勝ちました!」
(;’A`)「そんなバカな…」

しぃちゃんの輝くような笑顔とは逆に俺はありえないって気持ちでいっぱいだった。
こんなに手も足も出ないまま終わってしまうなんて予想すらしなかった。
ブーンにも勝ったし、全国でも勝ってるのにほとんどやったことのないしぃちゃんに俺が負けるなんて…

(´・ω・`)「弓を使う分には派手なテクニックは存在しない。地味なテクニックと確実な戦略、コレが明暗を分けるのさ」
店長…最近出番も少なく目立たなかったけど上手かったんだなぁ。

(;’A`)「…」
(*゚ー゚)「私も勝てるんですね。忙しい動きも必要ないしなんとなく自信がついた気がします」

俺はかませ犬か。いや、しぃちゃんになら構わないと思ってしまう俺がとても情けないが。
そんなことよりしぃちゃんの前で何度も何度も負けている事実が俺はつらい。

ξ゚⊿゚)ξ「なにへこんでるのよあんた。似合わないわよ?」
( ^ω^)「ドクオお腹でもいたいのかお?」
二人が突然帰ってきた。ツンは少し見て状況を把握したらしく、

ξ゚⊿゚)ξ「しぃと店内してたんだ、私がしぃに1のカードあげたんだけど、さすがに初心者だからね~
あんたはもちろん勝ったんでしょ?」
( ^ω^)「さすがに二州になったんだから初心者には負けないお!」
…俺も良い友達を持ったもんだ。全幅の信頼ってやつ?を感じるよ。情けないねぇ…

(*゚ー゚)「あわあわ、コンピューター戦なのに負けそう!」
…よりへこむよ、しぃちゃん。

なんとなく気分を晴らしたくて出てきた排出カードを少し乱暴にこじ開けた。
あーこのゲームって難しいね。しぃちゃん。


476 名前:(本)ドクオ&しぃ11/12 投稿日:2006/08/06(日) 22:33:25 DrgrzlXX

後日。

(*゚ー゚)「結局一人でドクオさんと対戦したときはボロ負けでした。店長の指示ってすごい!」
引いたカードはそれぞれ
(’A`)>>480
(*゚ー゚)>>483
で。



480 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2006/08/06(日) 22:36:51 tV2+FphX
「三行以上は読みにくくならずにはいられん性質なんでな。」
UC張飛

483 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2006/08/06(日) 22:38:03 Xb5IJoB7
乙でした~俺的には凄い好きだな、また書いてくれよな
あんかなら呂布(他)


492 名前:(本)ドクオ&しぃ排出 投稿日:2006/08/06(日) 22:51:51 DrgrzlXX

(’A`)「俺はUC張飛か、使用率トップとはいえ、蜀は使うかな?」
ま、ありがたくケースに入れさせてもらうよ。さっき引いたのも蜀だったしね。
( ^ω^)「しぃも終わったみたいだお」
だから呼び捨てにすんなっつーの。

ξ゚⊿゚)ξ「行ってみましょうか」
COM戦も終わったのか台の上を片付けている。
(*゚ー゚)「出てきたカードはなんでしょうか~?」
ペリペリ…
Σ(*゚ー゚)「金色だわ!」
( ^ω^)「
ξ゚⊿゚)ξおー!
(’A`)       」
SR呂布。武の化身って書いてるな。カッコイイじゃん。
キャッキャと喜ぶ彼女をみると負けた悔しさも気がつきゃなくなってたね。
おめでとう、しぃちゃん。