70 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 11:23:44 4JIcEmgy

俺は連計神速デッキを置くと、声をかける。

「デッキセット、終わったぞ。じゃ、1,2,3でいくぞ。」
「ああ、こっちもOKだ。行くぞ。1,2,3!」

進軍中・・・

頼むぜ、これで対戦相手が違うと言うのも面白くない。

対戦相手が見つかりました。

来たか・・・さぁ、相手は・・・よし、あいつだ!

シャシャシャシャ・・・

自軍と敵軍の武将のイラストが画面の外からスライドされる。
相手の名前は・・・『ギコ軍』、ははは、そのままだな。
うん、どうやら、本当に8州らしいな。デッキは・・・
はぁ!?袁単!?栄光隙無きかよ!あいつらしくねぇなぁ・・・。
確かあいつは神速入りの魏4やっていたはずなんだが、何でまた?
そう考えていると、

「どうやら、うまくいったみたいだな。」
と、電話からあいつの声が聞こえる。

「おいおい、お前、栄光隙無きって何だよ?魏4じゃないのか?」
「だから、言ってるだろ。訳ありだって。そういうお前も連計を使っているじゃないか。」
笑いながら、あいつは言う。



76 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 11:26:40 4JIcEmgy

「まぁ、いい。手はぬかねぇぜ。」
「ふん、まぁ、慣れていないデッキだがやると言った以上、負けねぇぞ!ごらぁ!!」

 ・・・多分、今のあいつの顔には#の文字が浮かんでるんだろうな。
しかし、あいつも変わったものだ。以前のあいつは実家のこともあって、荒れていたからな。
DQNと呼ばれる行為も多くやっていやがった。まぁ、元々、三国志大戦を薦めたのも俺だったからな。

そういう行為を見るたびにへこましてやっていたんだが・・・
いつからかそれも無くなった、ちょうどじぃさんと大喧嘩して家を出た直後からか・・・
まぁ、元々悪い奴じゃないしな。

画面に視線を戻す。
山田軍と言う文字の下に、
   SR張遼、R徐晃、UC司馬懿、UC李通、C曹昴
の武将カードが並ぶ。そして、あいつの軍、ギコ軍の文字の下に並ぶカード・・・
   R袁紹、R顔良、R田豊、UC劉備、UC張コウか・・・槍二本に馬二体か。

典型的な栄光隙無きだな。さて、どうするか・・・あいつにはこちらの手の内がわかっている分もあるしな。
ただ、連計は今まで見せたことがない。うまく使えれば勝てるだろう。



78 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 11:27:38 4JIcEmgy

自軍の配置を決めてください・・・。

舞台は真ん中の両側に岩がある地形・・・騎馬単には不利と思わせて、
実は連計神速には適している地形だったりする。

さて、配置はどうするか・・・。ステルスも悪くないが、ここは司馬懿を早めに暴いてもらうためにも前線に置く・・・
その後ろにSR張遼、徐晃を置き、李通、曹昴は城門前に置く。
計略は・・・神速の大攻勢を選ぼうかと思ったが、栄光を使われた場合のために連環にしておく。

どうせ、田豊を最前線で、後ろから槍と馬の順で攻めて来るだろうからな。
こちらとしては徐晃で田豊を踏み、劉備と張コウの槍を張遼と徐晃で消して、司馬懿を踏ませる。
さらに李通と曹昴の連突で槍を落とせれば上出来だろう。
勝負は士気12溜まった後、このときにうまくさばけなければ俺の負け、うまくさばければ俺の勝ちだ。

ギギィ~・・・。

門が開く、さぁ、開戦だ。負けねぇぞ・・・。



84 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 11:34:22 4JIcEmgy

さぁ、相手の配置は・・・定石通りか。
最前線に劉備と張コウ、その後ろに袁紹と顔良が突撃状態で待機か。
さて、では少しずつ進軍させるとするか。

司馬懿を先頭に進軍させる。田豊を踏み次第、曹昴、李通はすぐ突撃
できるように、突撃状態で待機させる。

劉備、張コウがじわじわと進軍してくる。田豊はその前か・・・
徐晃、張遼を進軍させていく。

バーンバーン!
『油断大敵じゃな』

徐晃が田豊を踏んだ。そして、それが開戦の合図となった。カウントは89カウント。
徐晃と張遼で劉備と張コウに乱戦を持ち込む。そして、李通と曹昴の突撃が田豊に入る。

『なぜ…こんな目に…』

田豊を撤退に追い込む。しかし、その直後、徐晃に袁紹と顔良の突撃が入る。



87 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 11:37:43 4JIcEmgy

『焦らず退くぞ』

徐晃が撤退する。さらに李通と曹昴の突撃が再度入るが、ここで

『兵法マスター!増援の法!!』
『グオォォォォ!!』

天から竜が現われ、吼える。

くそ!やはり、そう来たか!張遼も引かせるしかないか。
焦りながらも張遼のカードを自城に引き戻す。
カチン!とトップローダーと盤面の壁がぶつかる音を聞きながら、曹昴、李通を突撃させる。

くそ、ここで張遼がやられるのはまずい!張遼の兵力は3割を切っている。
突撃は回避できても引く間の槍撃でやられてしまうかもしれない・・・
ならば、李通には悪いが、代わりになってもらう。李通を乱戦させ、曹昴と張遼を自城に引かせよう。

曹昴のカードも自城に戻す。李通は力強く前に押し出す。

『くぅ』

すまない、李通・・・しかし、お前のおかげで張遼が乱戦から抜け出すこと
ができた。

バーンバーン
『まんまと掛かったな』
『くそぉ』



88 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 11:38:54 4JIcEmgy

よし!張コウが司馬懿を踏んで撤退したか!司馬懿も引かせよう!

とりあえず、こちらは張遼、司馬懿、曹昴が生きている。
張遼は兵力2割、司馬懿は兵力7割、曹昴は兵力5割か・・・。
相手は、袁紹が兵力5割、顔良が兵力6割、劉備が兵力5割か・・・。
相手は兵法を使っているし、総武力も18・・・対するこちらは総武力16で武力的にも低い。
一気に攻めてくるか・・・張遼は自城に戻して兵力を回復しないと。

画面をにらむ・・・そこには、こちらの自陣に進軍してくるギコ軍が映し出されている。

ギコ軍は劉備を城門に張り付かせると、袁紹、顔良が騎馬マウントを取った。
まだ、戦場に出していた司馬懿、曹昴を城内突撃させ、張遼を自城から城門に出撃させる。
司馬懿、曹昴の突撃はマウントをとっていた袁紹、顔良に阻止されるが、張遼が城門に出撃し、間一髪、劉備に張り付く。

張遼の兵力は7割、司馬懿は2割、曹昴の兵力は・・・後少し。相手の兵力は袁紹3割、顔良5割、劉備3割か。よし、いける!!

俺は右手を曹昴に伸ばすと、盤面にこする。ミニマップが計略範囲の緑色に満たされ、計略名が『殿、私の馬を!』に切り替わる!

行け!!



89 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 11:40:09 4JIcEmgy

『さらばです』

曹昴が撤退するが、戦場に武力14の武将が誕生する。張遼は劉備と顔良に乱戦
を仕掛ける。たまらず、顔良、袁紹は引こうとするが、

『次は負けんぞ』

劉備は撤退する。画面では袁紹、顔良が自陣に逃げこもうとしている。

逃がすか!速度上昇の強さ、見せてやる!!張遼は袁紹に突撃を加える。

『馬鹿な、この私が』

袁紹を撤退させる。

顔良が『先陣の誉れ』を使うか・・・でも、甘い!無駄だ!俺は張遼の連突を顔良に
くらわせる。

『なっ、何が起こった』

これで敵は全滅!深入りしすぎたな!思わず、口元が緩む。おっと、いかんな、
油断は禁物だ・・・カウントは75か。よし、兵法も使ってるし、城を何発か殴らせてもらうぞ!

張遼を城門に設定し、さらに司馬懿を城壁に置く。

『我に続けー』

パリーン!パリーン!!



92 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 11:44:25 4JIcEmgy

画面上部に表示されているギコ軍の城ダメージのバーが削られていく。
あの野郎、今頃、悔しがっていることだろう。

おっと、城から煙が出てきたな。張コウと田豊が復活か・・・城ダメージも3割。
さて、どうするか・・・。

『いけるぜ。』

こちらも徐晃が復活する。よし、それなら、まだいける!
俺は兵力が6割残っている張遼を城門に置き、司馬懿のカードを左右にスライド
させ、城門前でマウントとして陣取る。さらに徐晃を敵城に進軍させる。

田豊が出撃し、張遼に張り付く。張コウは張遼の右サイドから出撃し、槍撃を繰
り出す。

俺は張遼を右にスライドさせると、張コウの槍を消し、司馬懿の突撃を
食らわす。司馬懿の兵力は1割に減ってしまったが、徐晃が到着したので、司馬
懿を自城まで下げる。完全にマウント&もぐらたたき状態に突入した。

『なぜ…こんな目に…』
再度、田豊を撤退に追い込む。張コウも残り兵力3割。こちらの張遼はのこり2割
だが、徐晃の兵力は9割ある。徐晃を張コウに突撃させると、張遼と入れ替える。
その乱戦中に張コウを撃破する。

『くそぉ』

劉備と徐晃が乱戦を開始するが、張遼の突撃を喰らい劉備の兵力も減っていく。
たまらず、劉備を城に戻すが、その間にも城門を一発殴ることができた。



94 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 11:47:07 4JIcEmgy

これで敵の城にダメージを半分ほど与えることができたが、まだ、ゲージの色は緑だ。

敵城から煙が上がる、カウンタは60カウント。そろそろ袁紹、顔良の復活か。
こちらも李通と司馬懿がいるが、時間稼ぎの為にも一旦引くとしよう。
田豊が復活していない、士気が溜まっていない状態で突っ込んでくるほど、相手
は甘くない。まぁ、突っ込んできたら、それこそ勝ちが確定するんだが・・・。

張遼、徐晃を自城に引き戻す。やはり、城から出ていた煙が収まっていく。

さぁ、ここからだ・・・こっちからはもう、攻める必要はない。後はどう守るか。
しかし、守備に関しては、このデッキの得意とするところだ・・・。

俺は考える・・・。

相手は栄光隙無きコンボで逆転を狙ってくるはず、栄光を使わせないんではなく
使わせて封殺したい。とにかく、敵が出てきたら、こちらも出撃させる。

ぶつかり合うのは、自陣と敵陣の中央・・・そこで栄光を使わせ、連環と司馬懿で
止め、優先的に田豊を潰す、これが第一。

もし、隙無きならば司馬懿でとめる。隙無きが切れないと、栄光は真価を発揮でき
ない、たとえ、顔良が『先陣の誉れ』を使おうが、速度が殺されている騎馬など怖
くはない、それが第二。

そして、隙無きを打った後で栄光を使おうが、司馬懿と連環で止めればいいだけだ
、これが第三。

司馬懿、連環を喰らって転進しても、出城が遅れるために城ダメージを与えること
ができるかもしれない。そして、何より無駄に時間を使わせることができる、これ
が第四。



95 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 11:48:44 4JIcEmgy
カウントは35カウント、敵の城から煙が上がる。こちらもすぐに出撃させる。

ギコ軍は劉備、張コウ、田豊の順で第一列に配置し、後ろで袁紹と顔良を走らせている。

こちらも司馬懿、曹昴、張遼、徐晃、李通の順で横一列に出撃させる。
張遼、曹昴を敵陣一歩手前でビタ止まりさせ、他を槍が消えたと同時に突撃させるよ
うに見せかける。

袁紹と顔良がこちらに向かって突っ込んでくる!来るか!!

『我が軍の力に仰天せよ』

ギコ軍の武力が一気に跳ね上がる!

「やばいお!武力10オーバーだお。」
「ええ、袁紹の栄光の大号令の士気12からの武力上昇は半端じゃなく、武力が上が
るの。」
「勝負は決まったか・・・。」

後ろで話声が聞こえるが、何をしゃべっているかはよく分からなかった。しかし、次
の一言はなぜかはっきりと聞こえた・・・。

「負けないで下さい!」

ああ、わかってる、負けない!今だっ!!どうやら、第一でいけるらしいな!

「お前がやったことは、全部エブリシングお見通しだ!」

バーン!
俺は、右に設置されている青いボタン、大戦で一度だけ使うことができるボタンを叩く!



97 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 11:49:51 4JIcEmgy

『兵法レベルマスタァァァ! 連環の法!!』
『ぐぉぉぉぉぉ!』

画面で竜が天に昇っていく!!
張遼と曹昴をすぐに自陣に引かせると、司馬懿を左サイドから、李通を右サイドから
上げていく。そして、徐晃を右サイドに走らせる。

『攻撃あるのみじゃ』

田豊の『隙無き攻勢』がギコ軍にかかる。武力は10オーバーしかし、動けなければ
意味はない。

俺は司馬懿をこする。ちょうど、『つ』が鏡に映ったような計略範囲が表示される。
そして、その広大な範囲はギコ軍はすっぽりと覆っていた。

『そのまま倒れよ』

司馬懿の『虚脱の連計』がギコ軍に炸裂する。ギコ軍はもう動けない・・・。
司馬懿と李通は攻城に入る。張遼と曹昴と徐晃を操作し、田豊に突撃をかけよ
うとするが、劉備と張コウで妨害する。

ここら辺は流石だなギコ・・・。

ギコ軍は顔良を司馬懿に向けると、残りの軍はこちらの城に向かってきた。
李通よ、戻れ。俺は李通を城に戻す。



99 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 11:50:51 4JIcEmgy

カウントは残り15、遂に栄光の大号令が切れる。しかし、じわりじわりと
こちらの城に向かい、遂にこちらの城の目前に到着する。

これで詰みだ!ギコ!!

俺は張コウ、劉備の前に徐晃、李通を出すと、司馬懿のカードをこする。逆V字が
浮かび上がる。顔良、袁紹、劉備、張コウ、田豊が範囲に入る!!

『そのまま倒れよ』

再び、虚脱の連計がギコ軍にかかる。俺は司馬懿を城門に設置する。劉備と張コウに
張遼、徐晃で乱戦をさせ、李通と曹昴で突撃をかける。

田豊が『隙無き攻勢』をかけるが、それでも速度を殺され、武力がー1されている
ギコ軍には勝ち目が無かった。

完全勝利!ふふふ・・・あいつ今頃悔しがってんだろうなぁ。電話してやろうかと思
ったとき、

「すごいお!!武力10オーバーを簡単にさばいおたお!!」
「やるじゃない。」
「・・・すげぇな。」

後ろを振り返ると、ブーン君たちとしぃちゃんがいた。あの途中の話し声はブーン君
たちだったのか・・・。
見ると、しぃちゃんが複雑な顔をしている・・・そこではっと気づく。さっきまで戦ってい
た相手、ギコ軍・・・それは彼女の兄の名前だ。もしかしたら対戦していたのがあいつ
だと言うことに気づいているのかもしれない・・・。

聞かれたら・・・どうするか・・・。



105 名前:山田の長い一日。 投稿日:2006/08/23(水) 12:00:36 4JIcEmgy

ブルブルブルブル・・・・

電話がなっているようだが、無視する。今のこの状態で出れるかよ、馬鹿野郎。
ったく、こっちの気持ちも気づかない野郎だ。

「どうしたの?さっさと進軍しないと、コンティニュー終わっちゃうわよ。」

ツンさんが言ってくれる。

「え、あ・・・。」

急いで財布を取り出そうとするが、無情にもカウントは0。はぁ・・・やれやれだ。

「あ~、やっちまったお。」

しょうがないな・・・しぃちゃんを見ると、ツンさんと話している。どうやら、
大丈夫かな・・・。

「じゃあ、次はブーンの番だお。」
「しっかり、がんばんなさいよ!」
「今度こそ、勝てよ!」

ツンさん、ドクオ君が応援している。・・・じゃあ、俺は電話でもしてくるかな。
外に出て、電話をする。

ぷるるる、ぷるるる・・・。



107 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 12:02:25 4JIcEmgy

「おう、俺だよ。」

ふてくされている声がする。

「これでこっちが51勝だな、ギコ。」

にやけながら言ってやる。

「ちくしょう!いつものデッキだったら負けねぇぞ、ゴラァ!」
「まぁ、負け惜しみはそのくらいにして・・。」

声のトーンを落とす。

「しぃちゃんにお前との大戦を見られちまったぞ・・・。」
「・・・。」

しぃちゃんの名前を出したとたん。あっちの声が静まる。

「おい・・・。」

俺は声をかける。

「・・・ああ、そうか。しかし、画面の表示だけだったら、俺かどうかもわからん
だろ。名前が同じ奴かもしれんと思うかもしれんし・・。」

「・・・しぃちゃんは勘のいい子だからな。聞かれたら嘘はつけんぞ、俺は。」
「わりぃが・・・。」

「嘘はつけん・・・聞かれたら、お前の心の整理がつくまでは会えんと言っていると
言っておく。それでいいな?」

「・・・。」



109 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 12:03:29 4JIcEmgy

「それでいいな。」

俺は念を押す。

「わかった、それでいい・・・しかし・・・」
「わかっている、お前が今どこにいるかは言わんよ・・・」
「恩に着る。」
「・・・でも、なるべく早くあってやれ。しぃちゃんはいつもお前のことを考えてるぞ」
「・・・ああ、分かっている。じゃあな、切るぜ」
「ああ、元気にしてろよ」
「そっちもな」

ブツ・・・ツーツー。

電話が切れた。俺は戻ろうと振り返った・・・そして、ぎょっとする。
しぃちゃんが目の前にいたのだ。



111 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 12:04:22 4JIcEmgy

「あ、ここにいたんですか?皆さんがどこに行ったって探していたんですよ?」
「あ、ああ、ごめん。」
「じゃあ、いきましょう。」

しぃちゃんはニコニコして、バーボンハウスに戻っていく・・・。
聞かれてなかったみたいだな・・・ふぅ。そう思い、俺もバーボンハウスに戻る。

その後、ブーン君たちと三国志大戦を楽しみ、俺はしぃちゃんと帰途に着いた。

「夜になって、やっと涼しくなったね。」

日中とは異なり、涼しい風も吹いてくる。

「そうですね。」

しぃちゃんと帰り道を歩いていく。不意にしぃちゃんは早歩きになり前に出る。
俺はしぃちゃんの後ろについて歩いていく。



124 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 12:35:56 4JIcEmgy

「そうだ、覚えていますか?この道、よくここをお兄ちゃんと山田さんと私で歩きましたよね・・・・・・。」
「そうだね、遊んで帰るときに、よくここを通った。」

しぃちゃんが不意に立ち止まる。

「今日、山田さんが三国志大戦で対戦してたじゃないですか?」

来たか・・・・・・と思いつつ答える。

「そうだね、あの袁紹軍のやつだよね。」
「そうです、もしかして・・・・・・いえ、あれお兄ちゃんですよね?あの後、山田さん
を探して見つけた時に、電話の相手を『ギコ』と呼ぶのも聞いたんです。
勝手に電話を聞いたのは悪いとは思いましたけど・・・・・・。」

 ・・・・・・やっぱり、気づいていたか。しかも、ギコと呼んでいるのを聞かれるなんて、
俺の馬鹿野郎・・・・・・隠しても・・・・・・無駄だな。腹を決めよう。

「・・・そうだよ、あれはギコだ。あいつにはしぃちゃんと会うように行っているんだが、
あいつの心の整理がつくまでは会えんと言っている。しぃちゃんに迷惑かけたのを
気にしているんだろう。」

そういいながら、彼女の右腕・・・服で隠れている部分に目をやる・・・。
ギコとじぃさんとの大喧嘩、ちゃんばらの決着・・・それは彼女の右腕につけられた傷だった・・・・・・。
じぃさんとあの馬鹿野郎を止めようとしてしぃちゃんが割って入った時に、ギコが誤って
切りつけたらしい。
まぁ、話を聞いてぶん殴ってやったが・・・あのときのあいつの顔は今でも忘れられない。



125 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 12:36:29 4JIcEmgy

「・・・・・・そうですか。」

しぃちゃんが向こうを向いたまま答える。

「ごめんな・・・・・・。でも、あいつもいつかきっと戻ってくると思う。だから・・・・・・。」
「大丈夫です!私もお兄ちゃんがいつか必ず戻ってきてくれると信じてます、だから・・・・・・。」

そこで、俺は気づく。しぃちゃんの声も肩が震えていることに、泣いているのか・・・。
俺はしぃちゃんに近づくと、

「こっち向いて泣けばいい。人に見られたくないだろう?俺はあいつとは違うが、
しぃちゃんのことを妹だと思っている。だから・・・・・・。」

そこまで言ったとき、しぃちゃんはこちらを向くと、俺の胸に顔を当て泣いた・・・・・・
声を押し殺して。俺にも顔を見せないように・・・・・・。

ったく、あの野郎、こんないい子を泣かせやがって・・・・・・。俺はこの子の兄と同然だ。
妹が泣いているのを見て、気分がいい兄がいるわけねぇだろ。



126 名前:山田の長い一日 投稿日:2006/08/23(水) 12:36:59 4JIcEmgy

しばらくすると、しぃちゃんは泣きやんで離れた・・・・・・。
少し、うつむきながら、俺の横を歩いている。
目が赤かったりしているだろうから、それを見られたくないんだろう。

「山田さん。」

しぃちゃんが俺に問いかける。

「いつか私が兄と同じ強くなったら、私も兄と対戦できるしょうか?」

俺は目を瞑ると、一呼吸置いて答えた。

「ああ、必ず戦えるよ。」

「私、強くなります。いつか、兄と対戦するために・・・・・・。」

しぃちゃんを見ると、彼女の目には強い決意が宿っていた。

その日、俺はそんなしぃちゃんをサポートすることと、あの野郎を引きずってでも、
しぃちゃんに会わせる事を誓った。

~ FIN ~



132 名前:山田の長い一日作者 投稿日:2006/08/23(水) 12:45:21 4JIcEmgy

皆様、支援ありがとうございました。
はぁ、長すぎて連投規制にはまりまくったので、皆様の支援、
大変助かりました。

まずはお詫びです。
支援していただいた人たちに、読みにくいと言う指摘を受けてしま
いましたが、その通りだと思います。徹夜明けで投下したせいか、
本来ならばできた草稿を見やすいように、改行したりするべきなの
ですが、草稿をそのまま投下してしまいました。はっきり言って
手抜きです。本当にすみませんでした。

 >>83
確認しました。次回、投下する時はこのスレの内容をよく読んで
投下したいと思います。ありがとうございましたm(_ _)m

とりあえず、この作品は今まで曖昧だった(多分、暗黙の了解で)
箇所を具体的に書いてしまった部分が、かなりあると思います。
ブーンたちは、皆のキャラですし、私が勝手に書いた内容で決ま
ってしまうのはいけないとも思っていますので、皆様の意見でこ
の作品については、好きなようにしていただけたらと考えています。
闇歴史にでもなかったことにしていただいてもかまわないです。