※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

515 名前:背水の陣[sage イク━(゚∀゚)━━] 投稿日:2007/02/24(土) 08:29:46 ID:POM7UuFxO
(#゚д゚)「よし、次の相手は誰だ!」
みっくん軍 R周瑜、R太史慈、R孫堅、R周泰

魏臣軍 LE許チョ、R典韋、SRヨウコ、R司馬昭

(#゚д゚)「魏四か。枚数差は無いから行けるはず…」
戦場は左に荒れ地、右に毒沼の地形。
ミドキュンは一戦目と変わらない敷陣、相手は城門前に柵を置き、全軍固めた形での開戦となった。

(#゚д゚)「司馬昭をさっさと踏みたいな」
互いに槍で馬を牽制しつつ馬での進行を目指すが出しつ戻りつの繰り返し。
ちょうど20カウントが経ったとき開戦の狼煙があがることになる。
パシーン、パシーン
孫堅vsヨウコ
(#゚д゚)「これはもらったな」
軽快にボタンを叩くミドキュン
無双、無双、激、強、強
(#゚д゚)「やべ、ちょいミスったかも…」
○、○、○、△、△
<どうした?太刀筋が震えていたぞ
<次こそは…
一騎討ちの末に敵軍唯一の馬を討ち取ったミドキュンは今が好機と全軍を押し進める。
(#゚д゚)「よし、とりあえず柵を…」
ジャーンジャーンジャーン
<読み通りだな
(゚д゚)


516 名前:背水の陣[sage] 投稿日:2007/02/24(土) 08:30:34 ID:POM7UuFxO
柵にたどり着く直前、不運にも孫堅が司馬昭を踏んでしまう。
撤退こそしなかったものの、戦闘できるほどの兵力も無い孫堅を一旦下がらせる。
相手も周泰、太史慈を司馬昭一体で相手にするのは不利と思ったか、司馬昭を一旦下げる。
(#゚д゚)「よし、士気も貯まったし、あの密着状態なら」
ミドキュンは伏兵状態の周瑜の火計の照準をあわせる。
典偉と許チョの二人が照準に入るように。
(#゚д゚)「伏兵はもったいないが、今が好機だ!て、アーー!」
<焼き払え!
機を急いだミドキュンの火計が捕えたのは許チョ一体だった…
(#゚д゚)「Nooooooo!!!!!」
一先ず、典偉を周泰でとめつつ、太史慈で柵を潰しにかかり、なんとか二つの柵の破壊に成功する。
(#゚д゚)「よし、深追いは不要だ!」
一旦全軍を戻すミドキュン、しかし相手はこれを追撃する姿勢をとる。


517 名前:背水の陣[sage] 投稿日:2007/02/24(土) 08:31:21 ID:POM7UuFxO
(#゚д゚)「えっ?追ってくるんだ」
かなり兵力の減った部隊しかいないミドキュンだが、あえて城には戻さずに迎え撃つ体勢をとる。
(#゚д゚)「ひとまず典偉を撃ち落とすか」
ヨウコを周泰で牽制しつつ、周瑜と太史慈の弓を典偉に向け乱戦に入る前に撃ちとる体勢にはいる。だが…
<あらがうことはできん!
(#゚д゚)「うげ。けど即効性は無いから…」
<あらがうことはできん!
(#゚д゚)「二度掛け……て意味あるのか?」
武力がガンガン下がっていく三人。しかし典偉の撃破はなんとか間に合う。
(#゚д゚)「よし、これで少しは楽だな」
さすがに武力0では許チョとの乱戦には耐えきれず太史慈は撃破されてしまう。
しかし効果の解けた周泰と周瑜、復活した孫堅を駆使することにより司馬昭と許チョの撃破に成功する。
(#゚д゚)「ちっ、ヨウコは逃げたか。だが!」
周泰は城に下げ、孫堅を城門にネジ込み、周瑜でマウントをとる。
(#゚д゚)「よし、なんとか一撃…」
しかし攻城が決まりかけたときにヨウコが出撃してくる。
(#゚д゚)「けど武力5なr」
シュイン、刹那の粘り
(#゚д゚)「うぜぇ~。しゃーねー!」
ミドキュンは迷わずに計略ボタンに手を伸ばした。
<焼き払え!


518 名前:背水の陣[sage] 投稿日:2007/02/24(土) 08:32:42 ID:POM7UuFxO
ヨウコ一体を対象に赤壁の大火が放たれる。
乱戦で兵力の減っていたヨウコを撃破するには十分すぎる火力だった。
(#゚д゚)「のこり30足らずのカウントだとこの馬の一撃がかなり大切なはずだ。間違った選択ではないさ」
相手が再起を叩いたため、孫堅の一撃を確認してすぐに周瑜と孫堅を下がらせる。
しかし孫堅は出撃直後の典偉に捕まり、直ぐに撤退してしまう。
(#゚д゚)「うし、ぼちぼち再起だな」
20カウントをきったところでミドキュンも再起を叩く。
相手の城から煙があがったのでミドキュンも迎撃の体勢をとる。これを捌ききった方の勝利である。
(#゚д゚)「うほ、いい密集」
相手が固まり気味に出撃してきたため、周泰の槍で牽制をかけながら火計の照準をあわせる。
(#゚д゚)「うぉっしゃー、全焼きだ!って、えー?」
ミドキュンが火計を放とうとした直前、ヨウコが槍に突き刺さり、その直後に

シュイン、刹那の粘り

(#゚д゚)「甘いな。粘りの過信は死を招くぜ」


523 名前:背水の陣[sage] 投稿日:2007/02/24(土) 09:20:45 ID:POM7UuFxO
素早く槍撃を繰り出しヨウコに直撃させる。
<次こそは…
(#゚д゚)「あとはさすがに」
<焼き払え!
周瑜の一声とともに敵城前に位置していた許チョ、典偉の二体が焼き消える。
(#゚д゚)「あとは司馬昭か」
もはやこの状況を司馬昭一体がどうこうできるはずもなく、太史慈の城門攻城までお見舞いして、統一戦二戦目も勝利を飾る。
(#゚д゚)「まだぶっこみたりねーんだよー!!」
そう呟きながらミドキュンは100円を投入する。
~続く~


壁|ω・`)「へー、狩りしなくても結構勝てるんじゃないか」
壁|_^;)「みたいですね」
壁|ω・`)「!」
壁|_^;)「あっ、参戦目がはじまりますよ!」
壁|ω・`)「あ、うん…(誰だったっけ?)」
~続くんだお~