※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

521 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/05/24(木) 14:07:19 ID:ygPTQpx9O
( ^ω^)「暑くなってきたお」
('A`)「そうだな」
( ^ω^)「店長~」
(´・ω・`)「はいはい」
言いながら冷えたオレンジジュースを二人に出してくる
( ^ω^)「ありがとうだお、いつも助かるお」
('A`)「ありがとうございます。店長は何でいつも、ジュースとか出してくれるんですか?」
(´・ω・`)「何でかって?」
目をすっと細め優しい顔になる
(´-ω-`)ではない
(´・ω・`)「こんなジュースでもあった方が嬉しいだろう?このカウンターだって、のんびり飲み物を傾けながらゆっくり好きな事を話せる場にしたかったから作ったんだ…何か良くないかい?」
( ^ω^)「おかわりだお」
('A`;)「空気読め」
( ^ω^)「何故か読めないお」
(´・ω・`)「まったく、しょうがないお客さんだ」
笑いながらアップルジュースを渡す
( ^ω^)「ありがとうだお」

522 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/05/24(木) 14:09:11 ID:ygPTQpx9O
飲み終わったグラスを渡そうとし、手が滑って落としてしまう
(; ^ω^)('A`;)「アーッ」
ガインと言う音と共に転がるグラス
(´・ω・`)「こんな所だからね、落ちた時の事も考えて強化ガラスにしてあるから大丈夫だよ」
ひょいと広いあげ、カウンターの隅に置く
( ^ω^)「なかなか考えられてるお」
(´・ω・`)「ほら、次の試合始まるよ?」
( ^ω^)「お?じゃあ三大コーナー行くお!」
('A`)「走るな走るな!」
言いながら二人はグラスをカウンターに置き三大コーナーへ向かう
(´・ω・`)「定期的に聞かれるなぁ…僕の“城”について…」
ニヤニヤしそうになるのを抑えながらグラスを洗う店長であった…
(;´・ω・`)「あ、司会しなきゃ」
我に返り、慌ててブーン達の後を追っていく
バーボンハウスのカウンターはそれを静かに見守っている
今も…そしてこれからも…


糸冬


幕間書こうとしたらよくわからない話しになってしまった…orz