※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

988 名前:幕間?[sage] 投稿日:2007/06/10(日) 10:09:49 ID:w6B9XfdB0
987
wktkしています。でも、ここもまもなく埋められると思うので、新スレで投下した方が良いと思います

ヽ(`Д´)ノ「しかし、よく特攻の大号令を2回もするな……到底真似できん」
(´・ω●)「ん? 相手のそれぞれの武力が低いから特攻しても撤退しないから大丈夫だよ」

先ほどの戦いを思い出して話しているのか、様々な事を話す元譲と孟徳。

(´・ω●)「しかし、夏候淵を入れれば良かったかな……あ、ごめん孟徳。すぐ戻ってくるから」
ヽ(`Д´;)ノ「お、おい! 待て!」

何かを見つけたのか、席から立って"ある人"の方に走っていった。

(;´・ω●)「ふう……2つ質問してもいいですか?」

(メ▼▼)「――なんだ?」

そう、二回戦で敗れた時の対戦者、グラサンだ。

(´・ω●)「まず、一つ。中盤の攻防で李儒と徐盛が撤退していましたよね。あれは故意的にしたんですか?」
(メ▼▼)「……そう言えばそうだが、徐盛が一騎討ちで撤退したのは予想外だった」

俺は運が無いのかもな、と呟きながら話を続ける。

(メ▼▼)「李儒を撤退させて、特攻の大号令を誘い込んだところで防柵強化、というビジョンだった」
(´・ω●)「ん? 粘り、という選択肢は無いんですか?」
(メ▼▼)「……お前の性格からして、粘りは外道のはずだ。先ほども真島を布教していたみたいだしな。だから特攻の大号令を使ってくるだろう、と読んだ」

ああ、もう見切られていたのかとため息を吐く元譲。

989 名前:幕間?[sage] 投稿日:2007/06/10(日) 10:11:21 ID:w6B9XfdB0
(´・ω●)「まさにその通り……では、最後の質問です。最後の攻防で、防柵強化をしなかったのは何故ですか?」
(´・ω●)「あの時、防柵強化を二回してら確実にグラサンさんの勝利になっていたはずです。なのに、麻痺矢を使った」

痛い所を突かれたのか、グラサンの顔が顰める(しかめる)。

(メ▼▼)「……忘れていた。それだけだ、というのは納得出来ないのか?」
(´・ω●)「先ほどに言っていましたよね。特攻の大号令を防柵強化で凌ぐビジョンだったと――その防柵強化を忘れるはずが無いでしょう」

元譲の真剣な顔を見て、仕方ないと呟きながら話し始めた。

(メ▼▼)「そうだな……単にお前と運試しがしたかった、それだけさ」
(メ▼▼)「まあ、俺も甘くなったもんだ。昔は冷酷、冷酷と言われていたんだが、な」

自嘲的な笑いをすると「この話はこれまでだ」と言われたので孟徳の所に戻っていった。

ヽ(`Д´)ノ「どこに行っていたんだ?」
(´・ω●)「グラサンさんのとこに行っていたよ。少し質問があってね」

それを聞いた孟徳は顔に驚きを表し、元譲をじっと見た。

(´・ω●)「こっちみんな。かなり優しかったけど、何だか過去が気になるね」

店員「――二回戦Dブロック、第一回戦がまもなく(ry」

おっと、確か代山君とモナー君か。モナー君、頑張れ。超頑張れ――


            ―続―