※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

61 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/10/08(月) 21:08:07 ID:oOop7S/A0
落城
―これが、破竹の勢いってヤツよ!!―


三国志大戦をしていたしぃは、一戦目、二戦目共に順調に勝ち進み、そして三戦目で落城させられた。

(*゚ー゚)(…やっぱり、飛天相手に勝つのは難しいですね……。)
しかし、悔しい気はしない。
何故なら今回の彼女の目的は、戦いに勝つことではなく、自分の弱点を探すことだったからだ。
(*゚ー゚)(自分の弱点を認識する事が出来ました。そして、自分のデッキの穴も…。)
今回の戦いを頭の中に叩きこみ、また次回に活かそうと考えながら、しぃは武将カードを引く。
しかし、二枚目以降が出てこない。

(´・ω・`)「あ~ごめん、カード切れみたいだね。」
いつの間にか後ろにいた店長がそういうと、すぐさま媒体に新しいカードの束を入れる。
(*゚ー゚)「ありがとうございます。」
(´・ω・`)「うん、だけど実は待ち人数が出来ているんだ、すまない。」
(*゚ー゚)「解りました。」

しぃはそういいながら大戦の媒体から離れ、そして近くのテーブルで先程引いたカードを広げる。

(*゚ー゚)(何が出るカナ…?)
一枚目 SR麋夫人
(*゚ー゚)(可愛いですけど…馬で、しかも守りが主流の呉では使えませんね…。)
二枚目 SR鄧艾
(*;゚ー゚)(!! あ そうか、さっき補充して貰ったから連続で出たんだ。
…でも私騎馬はありませんし、魏もありませんから…。)
にしても何と言う幸運と思いつつ、三枚目は余り期待せずに開ける。
だが次の瞬間、しぃは、自分の一生分の運を使ってしまったかもしれないと思うことになる。

出てきたカードはLE しかも、レート的には最高と言われているランペイジ劉備だ。
(*ー)(………。)

63 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/10/08(月) 21:12:29 ID:oOop7S/A0
「しぃがトレードをするようです。」

しぃはすぐさまそこにいた店長を呼び、事情を説明した。

(´・ω・`)「三国志大戦における罠の一つに、自分が絶対使う事のないカードばかりが出るってのもあるよね?」
(*゚ー゚)「ええ…。私の呉は守りが主流で、余り武将さんがやられる事も無いですし、それに騎馬もいません。
…三枚目は殆ど趣味カードですし…。」
趣味カード…。ランペイジ劉備の事だ。
確かに、「萌え」に興味の無い彼女にとっては、中途半端な能力と計略のカードにしか見えないだろう。
(´・ω・`)「…んじゃあ、引いたカードはどうするんだぃ?」
(*゚ー゚)「それなんですけど、トレードしたいと思うんです…。」
(´・ω・`)「なるほどね…。」

改めて店長は三枚のカードを見る。
どれもこれも、他のカードに変えやすい高級カードだ。特にランペイジ劉備等は2.1SR2枚 いや 3枚でも釣り合うかもしれない。

(´・ω・`)「…とにかく、欲しい人には凄く欲しいカードの束だよ。
だけど…今はしぃちゃんの知り合いもいないようだね?」
客は沢山いるが、学校帰りの男子高校生達や、会社帰りの社会人の群ればかりであり、しぃの知っている顔は一人もいない。
(*゚ー゚)「…ですね、私、始めての人とは上手く話せる自信も無いですし…。
それに私みたいな子だと足下見られちゃうかも…。」
(´・ω・`)「なら、トレード掲示板に張り出したらどうだぃ?
…すっかり忘れられているけど、今でも使っている人はいるし。」
(*゚ー゚)「トレード掲示板…ですか。」

店長に言われるがままに、しぃはトレード掲示板用に紙に依頼を書く。
内容は、こうだ。
一枚目 SR麋夫人。
二枚目 SR鄧艾
三枚目 ランペイジ劉備

そして欲しいカードは…『要相談』

65 名前:ゲームセンター名無し[sage 思ったより短くなりそう。] 投稿日:2007/10/08(月) 21:15:59 ID:oOop7S/A0
(*゚ー゚)「これで来ますかね…?」
しぃは、三国志大戦コーナーに群がる君主達を見つめながら、質問する。
(´・ω・`)「要相談となってるからこの状況で来る見込みは薄いだろうね…
出来れば具体的な欲しいカードも書きたいけど…。まぁ、それは思い付いてからにしようか。」
(*゚ー゚)「なら、今日は運も逃げてきたみたいですし、切り上げますね。
店長さん、ありがとうございます。」
しぃは礼儀正しく頭を下げ、そしてデッキとカードを持って家に帰っていった。

…彼女の頭の中は、自分として始めてのトレードが成功するかどうか…それだけが気がかりだった。


翌日。
トレードの様子を見に来たしぃは、ブーンとジョルジュに出会った。
( ゚∀゚)「ようしぃちゃん! …にしてもランペ劉備をトレードに出すなんて、思いきった事するなぁ!」
(*゚ー゚)「? どういう事ですか?」
( ゚∀゚)「いや、このカードよぅ。絵柄がこれだからかなり高い値段で取引されているんだ。
行く所だと8000円はするぜ?」
(*;゚ー゚)「え!?そんなにするのですか!?」
( ^ω^)「でもブーンは持ってるお。可愛いからコレクションだお!!」
(*゚ー゚)「…でも、カードなんですから。
ショーケースの中で売り物にされるよりは、誰かに使って貰った方が…嬉しいかも知れません。」
( ゚∀゚)「まぁ、そういう考えもあるけどな
手段としてはカードを売り、買うってのもあるって事だ。」
なるほどとしぃが相槌を打っていたその時、トレード掲示板に一人の少女が現れた。
彼女は持っていた紙をしぃの依頼の上に貼り付けて、そのまま大戦の開いた台に向って行く。
トレード相手だろうか?

67 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/10/08(月) 21:22:57 ID:oOop7S/A0
( ^ω^)「お、お、お。来たようだお。」
( ゚∀゚)「何何?」
三人がすかさずその紙を見る。

トレードお願いします 本日20時までいます。
カードネーム 董白の嫁。

( ^ω^)「ま た お ま え か ! 」
( ゚∀゚)「作者もネタがないんだよ! 脇キャラにいちいち目くじら立てんな!」


(´・ω・`)「余りトレードのゴタゴタはさせたくないからね…。」
と、話を聞いた店長が、携帯電話を持ちながらしぃと交換相手の間に入る。

…が、しぃは昨日のうちに、自分が使っているデッキコンセプトを考えており、相手にそれを説明。
そして相手もそれに役に立ちそうなカードを出してくれた事で、特に話が拗れる事なくトレードは終了した。
結果、店長は空気以上の存在になれなかった。


(*゚ー゚)「ありがとうございます!」
「いえいえ、こちらも助かりました。
…それと、トウガイは何ともトレードできなくて御免ね。」


こうしてしぃは、ランペイジ劉備とやk…SR麋夫人を手放し
SR小虎、SR孫権(旧、新共に)、UC徐夫人、SR大喬、SR蔡文姫、SR孫堅、更にSR周姫、SR呉夫人、UC厳氏、R呂布まで手に入れた。

69 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/10/08(月) 21:27:11 ID:oOop7S/A0
だが、SR鄧艾は手元に残った。
(*゚ー゚)「…でも、ちょっと貰いすぎでしょうか?」
( ゚∀゚)「ランペイジ劉備の分が効いているな。SR麋夫人も強いし…。
てかさっきの子かなりSR持ってたなぁ。」
(´・ω・`)「強烈な引き運(またの名を話の都合上)を持ってるんじゃないかなぁ?それはともかくこれでかなりデッキが強化出来るね。」
(*゚ー゚)「旧カードも嬉しいですね…。」


(*゚ー゚)「皆さんを、使いこなせれば良いですね…。」
( ゚∀゚)「? おいおい、全員使うつもりか?」
(*゚ー゚)「はい、せっかく貰っちゃったのですから。
…それに、さっきの人も、私があげた、女の子の劉備さんとSR麋夫人さんを、大事に使うっていってくれました。
やっぱり、せっかく手に入れたのですから、皆使わないとダメですし。自分が使えないのなら、使える人に渡すべきだと思います。
…高いから、ショップに売るのは、やっぱり…私には出来ません。
カードは戦う物なのですから。」

(´・ω・`)「…だけどしぃちゃん。
ショップで買うことで、運が悪く、プレイ回数も少ない君主は、自分が使いたいカードを手に入れる事が出来るんだ。」
(*゚ー゚)「……それは、解っています。
…けど……。やっぱり自分は、…自分で手にいれたカードだけで、勝負したいと思います。」

ここまで言った彼女は、周姫のカードを両手で持ちながら、言う。
(*゚ー゚)「………ショップのガラスケースのカード達も、いつか、誰か良い君主さんに出会えたらいいなぁ…。」
強くなる手段ではあるが…やはり、自分で手にいれたカードで戦いたい。
それは自分よがりなプライドかもしれない。だけど…しぃはそうしていきたいと、節に願った。



これで、少しでもお兄ちゃんに追いつけるでしょうか…?そんな事を考えながら、しぃは新たに手に入れたカードを使ってデッキを構築する。
その後しぃは、R呂布切りから仇討ちの勅命というわけのわからないコンボデッキで何故か3連勝していたのは、また別の話。

72 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/10/08(月) 21:30:03 ID:oOop7S/A0

そして

排出カードの中に、先程トレードで手に入れた SR鄧艾があり。


(* ー)「………。」
( ゚∀゚)「あ~ その~なんだ、ドンマイ…。」
( ^ω^)「良くある話だお。」
というやりとりがあったのもまた、別の話。

そのすぐ後。

( 'A`)「しぃちゃ~ん! 俺!!SRダブったからあげるよ!!
ほら!鄧艾だよ~!!」
( ^ω^)(ダブったって…、ドクオは持ってないお!!)
(* ー)「……あ、ありがとうございます…。」

三枚目の鄧艾を手に入れたのもまた、別のお話……。




以上でーs。なんつーかしぃちゃん贔屓し過ぎましたね。
まさかランペイジ劉備のレートがあんなに高くて、他のカードが低いだなんてOTL
というわけで最後の鄧艾いっぱいはネタですが、これで彼女のデッキにもバリエーションが増えたと思います。
呉涼デッキという新たな武器を手に入れたしぃちゃんはこれで皆とも渡り合え……

(-_-)「欝だ死のう…。」

…えっと、ゴメンナサイ(´・ω・`)
(以上です、支援、読んでくださりありがとうございます。)