※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BGCOLOR(AEEB9C):743 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/22(土) 22:34:43 ID:I7ROQIJgO
携帯電池がタミフった…



ここはバーボンハウス。位に見合わぬ腕をもつ君主が集う場所。そこに一人、珍しく昼から大戦台に座るいい男がいた。
紺のスーツに白いYシャツ。場所が場所ならツナギが似合うだろう、凛々しい顔つき。そして知的なメガネ。

( ○○)ぬう…

唸る声は低く、場所が場所なら男さえ魅了するであろう。
彼の名は阿部。数少ない大英傑を誇る三国志大戦プレイヤーである。

阿部はジッと、今引いたばかりのカードを見つめていた。

( ○○)「…ナイスガイ」
(´・ω・`)「珍しいですねこんな時間に」
( ○○)「ああ、今日は非番なんでな、寄らせてもらったよ」
(´・ω・`)「そうなんですか。…何を見てるんです?」
( ○○)「ん?これか?」

( ○○)っR高順

(´・ω・`)「へえ、いいのを引いたじゃないですか」
( ○○)「聞いた話だと、強制前進しなくなったらしいが」
(´・ω・`)「うん、ギリギリまで削られると武力30になるらしいよ」
( ○○)「武力30…」

店長はまだ知らないことだが、阿部が、この言葉にときめかないはずがなかった。

( ○○)「早速使ってみよう」


BGCOLOR(AEEB9C):745 名前:ナイスガイの意地[sage] 投稿日:2007/12/22(土) 22:41:16 ID:I7ROQIJgO
阿部は財布を取り出すと、武将カードを物色し始めた。言うまでもなく、ギッシリの諭吉が詰まっている。

(´・ω・`)「羨ましいなぁ…」
( ○○)「ん?ああ…まあ3つほど会社を持ってるからな」
(;´・ω・`)「…本当は何してる人なんですか」
( ○○)「秘密」

話しながら、ホイホイとどこからともなくカードが取り出される。
新カードはまだ少ないが、それなりのものは出来たようだった。

(´・ω・`)「これは…
( ○○)R高順 R華雄(新) SRトウ艾 SR甄皇后。まあ二色の無勢だな」
(´・ω・`)「なんていうか…相変わらず偏ったデッキですね」
( ○○)「知など超武力の前にはチリに等しい。」
(´・ω・`)(絶対間違ってる)

おそらく、阿部の卓越したスキルがあればこそなのだろうが…この変なところを腕でカバーするあたり、誰かに似ていると店長は思った。


( -○∀○)「へっくし!あー…風邪かな?」
Ш(゚▽゚Щ)「OiOi大丈夫かよ?」


BGCOLOR(AEEB9C):747 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/22(土) 22:46:44 ID:I7ROQIJgO
―対戦者が見つかりました―
阿部軍 6品大英傑
R華雄 R高順 SRトウ艾 SR甄皇后

殿の馬は私 7品
R孫権 SR陸遜 R周泰 UC韓当 C董襲

(´・ω・`)「弓主体かぁ…舞だと辛いんじゃないですか?」
( ○○)「まぁ見てな」

戦場は中央が炎。阿部は右側に柵を敷き、右側端最前線にトウ艾、華雄を配置。反対側最前線には高順を配置した。

ー開戦ー

敵は中央に集めるようにして柵を仕掛けている。阿部の部隊は、真っ直ぐに前進した。

(´・ω・`)「槍撃のダメージがあがってる!注意して!」
( ○○)「問題無い」

高順には董襲と孫権が。残りは華雄と甄皇后を待ち受ける。
ここで阿部は、高順を柵にぶつけず、張り付けもせずに走らせ続け、甄皇后と華雄を積極的に攻めさせた。

(´・ω・`)「なるほど…やるなあ」

店長は高順の不可解な行動を即座に理解した。そして阿部の罠は、見事に敵を直撃する。

ジャーンジャーンジャーン
ー戦いの時は来た!

周泰が真っ直ぐ華雄に仕掛けていき、トウ艾を踏んだ。

( ○○)「主力が単身停止していたら、普通は伏兵を当てようとしていると思うだろう。ま、裏をかくってのはこういうことさ。」

BGCOLOR(AEEB9C):749 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/22(土) 22:58:52 ID:I7ROQIJgO
そのまま乱戦し周泰を撤退させると、トウ艾が柵を破壊し、華雄が攻城に入り、甄皇后が援護に回る。
あわてて敵が高順に向かわせた部隊を救援に向かわせると、高順が城に張り付きに向かった。

(;´・ω・`)「武力9の釣りかぁ…やらしいなぁ」

華雄の攻城と高順の攻城が入る。甄皇后は弓を受けて兵力を減らすとすぐに引き返し、トウ艾は更なる攻城を入れるために乱戦していく。が、耐えきれず撤退。
結果、華雄の壁2発、高順壁1発を開幕で入れることが出来た。華雄も弓のダメージで撤退するが、相手に反撃する余力はなかった。

(´・ω・`)「開幕は大成功ですね」
( ○○)「うむ。…しかし高武力がかなり柔らかくなっているな」
(´・ω・`)「そりゃ今までが硬すぎましたからね」
( ○○)「(武力が)大きくて(減りが)硬い方が好きなんだがな、俺は」
(;´・ω・`)またそういう言い方を…

阿部は高順を戻すと、帰していた甄皇后をすぐに舞わせた。
敵は誰も部隊を出していないため、高順の武力は上がらない。

(´・ω・`)「これって武力はいくつあがるんですか?」

( ○○)「記憶が正しければ+3のはずだ」


BGCOLOR(AEEB9C):751 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/22(土) 23:11:27 ID:I7ROQIJgO
(´・ω・`)「あー…なるほど、それでその構成ですか」
( ○○)「そう、敵が城から部隊を出さねば武力の上がりは低いが、リードをとることが出来たなら、相手は城から部隊を出さざるを得ない」
(´・ω・`)「守りは鉄壁ですね…」
( ○○)「まあ見てな」

敵城から煙が上がり、5人が城から出てくる。阿部は復活していないトウ艾を城から出しておき、復活を許さない。

( ○○)「これで武力+9だ。」
(´ ω `) ・ ・

敵はこちらの武力を見ると、すぐさま城に引き返した。当然と言えば当然の結果ではある。

(´・ω・`)「これが舞ってる間中続くのかぁ…嫌だなあ…」

こちらの士気は再び5。相手は士気が10ある計算だ。

( ○○)「恐らく士気12まで貯めて、号令を重ねるだろうな…」
(´・ω・`)「でも守るためには部隊を出さなきゃならないし、詰みだね」
( ○○)「守る?何をだ?」
(´・ω・`)「へ?何って陸遜を…」
( ○○)「攻めないぞ?」
(;´・ω・`)「ちょ」

敵の陸遜が城から顔を出した。

―孫武の大号令、準備開始―


BGCOLOR(AEEB9C):754 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/22(土) 23:20:53 ID:I7ROQIJgO
(;´・ω・`)「…本当に行かないんですか」
( ○○)「ああ、行かない」
(;´・ω・`)「…勝てるんですか」

阿部は華雄を取って、計略をロックする。

( ○○)「武力29がたかが孫武手腕ごときに負けるはずないだろう」
(´・ω・`)「まあそれはそうなんですが」
( ○○)「それに」

陸遜のオーラが赤く染まる

( ○○)「忘れてもらっちゃ困る。俺の軍師をな」

―どうなっても知らねえぜ…奥義!

(;´・ω・`)「アッー」

孫武発動直前、敵の陣地に指鹿為馬が発動する。範囲内の敵は一気に知力を低下させた。

( ○○)「その号令、いつまで保つかな?」
(´・ω・`)「やらしい…やらしいよ」

―全軍、我と共に進め!

陸遜の号令が響く。敵は知力低下をものともせず攻めあげた。しかし

―ハカイアルノミ!

部隊差3で武力29となった華雄がそれを抑えにかかった


BGCOLOR(AEEB9C):756 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/22(土) 23:42:21 ID:I7ROQIJgO
―へやー!

( ○○)「お?」
敵の周泰が爆発し、突如武力24の怪物が誕生した。

(´・ω・`)手腕じゃ勝てないと思ったんだね。でも武力29相手じゃ…

バァーン
―一騎打ち―

(´・ω・`)「お」
( ○○)「む」


BGCOLOR(AEEB9C):759 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/23(日) 00:00:14 ID:I7ROQIJgO
( ○○)ノΩ
まあ負ける要素は…

激激激激無

(´・ω・`)「テラビミョス」
(; ○○)「一騎打ちは苦手なんだよ…」


○×××○


(; ○○)「なにぃ!?」
(;´・ω・`)「つよっ」
阿部にとっては必殺技だった無勢華雄を撤退させられ、急遽阿部はピンチに陥った

高順の武力は21となるが、それでも武力24の前に一気に兵力を減らす


BGCOLOR(AEEB9C):766 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/23(日) 00:10:35 ID:XmHdKhmqO
ここで知力が下がっていたため、陸遜の効果が切れた。しかし兵力を大幅に減らした高順が弓と槍撃で撤退する。

(; ○○)「ナイスガァァァァァァイッ!!」
(´・ω・`)「あらら…」
そのままの勢いで敵の部隊が押し寄せる。
(; ○○)「くっ……俺としたことが」

そのまま
( ○○)「なんてな」
トウ艾(武力19)が姿を現した。


BGCOLOR(AEEB9C):769 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/23(日) 00:20:16 ID:XmHdKhmqO
(´・ω・`)「ほんとにやらしいねえ」
( ○○)「頭がいいと言って欲しいものだな」
(´・ω・`)「周泰もタイミング的に撤退する時間だろうし、さらに…」

阿部軍
―隠密の神速行―

(´・ω・`)「これがあるから乱戦されたら終わりだ。」

号令も切れ、周泰も効果時間により撤退。もはや敵は為す術もなく撤退していくしかなかった。

( ○○)「さぁて、兵略は何かな?」

―これが軍師の奥義と言うものだ!奥義!
( ○○)「ほう?極滅業炎…まだ見たことはないな」
極滅業炎LV16
ドンッ!!!

(; ○○)「…は?」
阿部は唖然とした。範囲内の敵も味方をも焼く業炎は、甄皇后が舞う側とは反対側に配置されていたのだ。

( ○○)「これは…」
(´・ω・`)「うん、完全に読み違いなんだすまない」

―そのまま、トウ艾が落城させ、勝負はついた


BGCOLOR(AEEB9C):772 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/23(日) 00:29:06 ID:XmHdKhmqO
767
作者も同意見。しかし実際に負けてしまった涙目な現実


(´・ω・`)「もし極滅業炎がこっち側に来ていたら…」
( ○○)「…ぞっとしないな。どのくらいのダメージを受けるものなんだ?あれは」
(´・ω・`)「聞いた話だと、レベル10のゲージMAXで範囲内の部隊を2cで倒せるみたいだね」
( ○○)「メガ周瑜、未だ健在ってところか。読み違えたら全滅させられるとは、まさに運だな」

阿部はコインを投入した。

( ○○)「ところで店長…わざとなのか?」
(´・ω・`)「え?」
( ○○)「毎回店長と話していて、追加進軍を忘れるんだが」
(;´・ω・`)「そんなことはないんだけど…ま、まあとにかく、業炎にはこういう使い方もあるってことだね」
( ○○)「読みを外さなければ、だがな」


BGCOLOR(AEEB9C):775 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/23(日) 00:37:27 ID:XmHdKhmqO
二戦目
(;´・ω・`)「そんなに悪鬼使ったらまずくない?」
( ○○)「何のためにコイツがいると思ってる」

―陥陣営


( ○○)「ナイスガイ入りまーす」
(´・ω・`)「はい喜んでー」
―ドッパァン!

(;´・ω・`)「うっわ…武力27…城が一発で半分減った…」

三戦目
( ○○)「天下無双!!相手に不足はない!武力32の高順に勝てるものか!」
(´・ω・`)「突撃ダメージは五分!柵もある!いける!」

バパン!
―一騎打ち―

(; ○○)´・ω・`)「NOOOOOOO!!!!!」
(

こうして、阿部は三戦を終えた。圧倒的なスキル差は、当然のごとく起きる一騎打ちによって失われたが、どうにか三勝
を収める。
( ○○)「いやあしかし、柵を一撃で破壊っていうのは凄まじいな」
(´・ω・`)「本来柵を破壊する間に弓を撃たれたり突撃されたりするからね。その上火事場効果に特攻効果…ぶっ壊れもいいとこだよ」
( ○○)「さすがだナイスガイ」
( ^ω^)「変態もいいとこだお」
('A`)「俺も対策考えなきゃなあ」
(*゚ー゚)「私も怖いですね」


BGCOLOR(AEEB9C):777 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/23(日) 00:48:00 ID:XmHdKhmqO
Σ(; ○○)?!
阿部は瞬間、石化した

(´・ω・`)「やあ、今日は早いんだね」
( ^ω^)「テストだったから早く終わったんだお」
('A`)「しかしいつ見ても凄いよなー。よくこんなデッキで戦えるよ」
(´・ω・`)「デッキを生かすも殺すもプレイヤー次第ってことだね。、ほら、代山君みたいなプレイヤーもたくさんいるし」
( ^ω^)「ブーンは曹操がいいお」
(´・ω・`)「うん、こだわりをもつのも大事だね。とにかく超武力…なんて変態さんもいるくらいだし。そこの人とか」

(; ○○)「………!」
(*゚ー゚)「…?」

しぃは阿部をマジマジと見つめた。阿部が更に硬直し、鉄になり、鉛になり、凍った。
(´・ω・`)「ん?どうしたんだい?阿部さん」
(; ○○)「………!………!」
(*゚ー゚)「あら?もしかして阿b……」


( ○○)「おや?可愛らしいお嬢さんだね。はじめまして、メガネです」


( ^ω^)('A`)(´・ω・`)「は??」

( ^ω^)「何を言ってるんだお阿b…」
(; ○○)「(ガシッ)おや、足の速そうな坊やはじめまして。メガネだ、仲良くしてくれよ」
(; ^ω^)「いい痛いお!!頭がもげるお!」
( ○○)「店長!」
Σ(;´・ω・`)「は、はい?」
( ○○)彼らを俺に紹介してくれ


BGCOLOR(AEEB9C):779 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/23(日) 00:57:40 ID:XmHdKhmqO
―――――――

(*゚ー゚)「そうなんですかー、そっくりなもので、つい」
( ○○)「他人のそら似ってのはよくあることだ。気にしなくていいさ」

Ω
(; ^ω^)「掴まれただけなのにたんこぶできたお」
(;'A`)「空気読まないからだよ」
(;´・ω・`)「しかしいくら気が動転していたからって…」

( ^ω^)「メガネは無いお」
('A`)「メガネはないだろ」
(´・ω・`)「メガネはないよ」

( ○○)「仕方ないだろう。名前とかつけるの苦手なんだよ…」

(*゚ー゚)「あの、メガネさん?」
( ○○)「なんでしょう、お嬢…さん。」
(*゚ー゚)「よかったら私に色々教えていただけませんか?」
( ○○)「それは構わないが…いいのかい?俺は皇帝だって食っちまうような男なんだぜ?」
(;*゚ー゚)「???」

こうして、バーボンハウスの実力者、阿部はメガネと呼ばれることになった。
次々と明かされる、ネーミングセンスの無さ、資産、趣味、そして三国志大戦の実力。
しかして彼の謎はまだまだ多い……。


Ω
(; ^ω^)「まだたんこぶ治らないお…どんだけ握力あるんだお」
( ○○)「秘密」


BGCOLOR(AEEB9C):781 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/23(日) 01:04:17 ID:XmHdKhmqO
余談



( -○∀○)「ちゃーす」
(´・ω・`)「やあ、いらっしゃい」
( -○∀○)「なんか最近凄い人がいらっしゃるそうで」
( ○○)「なあ店長、そこの台……ん?」



( -○∀○)………。
( ○○)…………。




( -○∀○人○○ )
ガシッ


(;´・ω・`)?


BGCOLOR(AEEB9C):783 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:2007/12/23(日) 01:15:46 ID:XmHdKhmqO
以上で終了です。

後にメガネと呼ばれる~のくだりをどうにか回収しようと頑張ってみたらこんなことに。

阿部は弓呂布の時もあり、超武力に夢をかけるタイプの君主にしました。

支援感謝でした。それでは