※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

289 :外伝 -ツンの休止編- 1/10  ◆u1vJTEYnvg :2006/07/31(月) 12:51:17 ID:MBEhT6BS

『我らが黄巾の世をつくりだすのだ!』

張梁のセリフと共に落城されたツン。
ξ゚⊿゚)ξ「・・・馬鹿連環なんて卑怯よ!!」

ツンはSR劉備+R馬超+UC張飛+C趙累+C姜維の蜀槍単大徳デッキを使用し、
対戦相手はC劉表+Rホウ統+R馬超+R黄忠+C張梁+C他周倉の馬鹿連環デッキを使用。
序盤、対戦相手は開幕終了のような左端寄せワラワラ攻めをした。
ツンはUC張飛とSR劉備とC姜維の武力を生かしての槍撃でC張梁+C他周倉の攻めを妨害しながら、槍で相手R馬超を牽制し
ツンR馬超で援護射撃をしているR黄忠を処理しようとした。

しかし、R黄忠の付近に伏兵Rホウ統を踏んでしまい、大ダメージを受けてしまったR馬超はR黄忠の弓で撤退してしまった。(同時にC他周倉は撤退した)
その後、騎兵を失ったツンはR黄忠の援護射撃、C張梁を壁にしての相手R馬超の突撃でどんどん攻め込まれてしまい
増援の法で城を守ろうとするが、相手も増援の法を使用したため、そのまま攻め込まれてしまい城ゲージを40%持っていかれてしまった。

中盤は強化計略を使用してのぶつかり合いでツンは相手城ゲージを減らすことができず、
終盤に全部隊を攻め込ませた。
忠義の援兵+大徳で一気に決めるつもりだったのだが、計略を使う際に固まっていたところを相手に指鹿為馬+連環の計をかけられてしまった。
これにより、相手はC張梁とC他周倉とR馬超を城に攻めさせ、長時間連環を受けてしまったツンは最後まで城に戻って守ることができず
落城されてしまったのだった・・・・・・


290 :外伝 -ツンの休止編- 2/10  ◆u1vJTEYnvg :2006/07/31(月) 12:51:53 ID:MBEhT6BS

―――とあるゲーセンにて


ξ゚⊿゚)ξ「はぁ・・・・最近負けてばっかりね・・・・」

しょんぼりしながら、彼女は決定ボタンを連打した。
その時、後ろから声が聞こえてきた。

DQN君主A「なっ、俺が言った通りだったろwwwwwww」

DQN君主B「ホントに実力で十四州にこれたのかよコイツwwwwwww」

DQN君主A「金の力じゃねえのかwwwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「な、なによアンタ達・・・・人のプレイに文句言うなんてバカじゃないの」

DQN君主A「ちょwwwあのタイミングで馬鹿連環かけられた奴にバカって言われたよwwwww」

DQN君主B「相手が劉表とホウ統を待機させてる状態なのに、固めて攻める奴に言われたくナスwwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「あ・・・あれは、まさかあそこで馬鹿連環してくるとは思わなかったのよ!!」

DQN君主B「忘れてただけだろwwwwwwww」

DQN君主A「苦し紛れな言い訳ワロスwwwwwww」

DQN君主B「ホントは低州だろオマエwwwwww」

ξ ⊿ )ξ「・・・・っ」


ツンは屈辱な気持ちになりながらも急いで排出カードと君主カードを抜き取り、逃げるようにこの場所から去った・・・・・・・


291 :外伝 -ツンの休止編- 3/10  ◆u1vJTEYnvg :2006/07/31(月) 12:52:48 ID:MBEhT6BS

―――次の日、ゲーセン「バーボンハウス」にて

( ^ω^)「神速戦法いくお!ブーーーーーンwwwwwwwwブーーーンwwww」
('A`)「淳于瓊で迎撃だバーローwww」
( ^ω^)「アッーーー!!!夏侯淵が昇天したwwwww」

いつもの様に、ヘタレな店内対戦をして楽しんでいるブーンとドクオ。
そんな中、ブーンとドクオの下にやってくるツン。
 ・・・・そこまでは「いつもの」だった。

ξ゚⊿゚)ξ「・・・相変わらず変な対戦してるわね」

( ^ω^)「おっ、ツンおはお! 今ドクオと、不細工な顔だな決定戦をしてt・・・・・」
ξ ⊿ )ξ「・・・・」
(;^ω^)「・・・どうしたお?店長みたいな顔になってるお」
ξ ⊿ )ξ「あの・・・さ、あたし暫く三国志大戦をやめようかなと思ってて・・・」
(;^ω^)「・・・・え」

ξ ⊿ )ξ「なんか最近ずっと負けっぱなしで・・・・しかも、ほとんどが惨敗なのよ
       そんな事が毎回あったらお金の無駄だし、暫くやめる事にしたの」
(;^ω^)「ちょ・・・・でも、ツンは十四州だお!周りは上級者ばかりだし、負けるのも仕方ないと思うお!
      負けた事なんて気にしないで、もっと楽しもうお!」
ξ ⊿ )ξ「っ・・・・・・ブーンに何がわかるのよ!!」

そう言い、あの時のように去ったツン。ブーンは何がなんなのかサッパリだったが・・・・ツンが泣いていたように見えた。

(;^ω^)「ツン・・・」
('A`)「いまだ、全・軍・突・撃!!www」
(;^ω^)「ちょwwwwww話している間に総攻撃とかヒドスwwwwww」


292 :外伝 -ツンの休止編- 4/10  ◆u1vJTEYnvg :2006/07/31(月) 12:53:20 ID:MBEhT6BS

―――ゲーセン「バーボンハウス」休憩場にて

ξ ⊿ )ξ「・・・・・・あたしだってもっと三国志大戦やりたいわよ」
(´・ω・`)「やあ・・・ツン。この紙おしぼりはサービスだから、まず手を拭いて落ち着いて欲しい・・・・」
ブーンと違って、手に汗がたまったりしていないんだけど・・・・と心の中で言いつつ、遠慮なく紙おしぼりを貰うツン。

ξ゚⊿゚)ξ「テンチョー・・・・さっきの話こっそり聞いてたの? フキフキ」
(´・ω・`)「盗聴が趣m・・・ゲフンゲフン ツンが私のような顔をして困っていたからね・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「(ブーンも言ってたけど、あたしそんな顔してたかしら・・・)テンチョーもあたしを止めるの? フキフキ」
(´・ω・`)「いや、誰だって一度はああいう風に思って三国志大戦をやめようとするさ。
      それに、やめるやめないは個人の自由だからね・・・・」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・」
(´・ω・`)「ただ、君が三国志大戦をやめる事によって、ブーンとドクオが今後どうなるかだね・・・」
      ブーンとドクオは普段あのような対戦ばかりをしているが、実は彼らは君に教えてもらった事を一生懸命戦術に取り込んでいるよ」
ξ゚⊿゚)ξ「えっ・・・・」
(´・ω・`)「先ほどの店内対戦も、最終的に淳于瓊に迎撃されてしまったものの
      神速戦法使った夏侯淵で攻城準備している武将の援護をしていた。
      まだ上手く出来てないが、これは前に君が教えた『マウント』という上級テクニックだね」
ξ゚⊿゚)ξ「あっ・・・・」
(´・ω・`)「彼らは上を目指したいだけではなく、早く君に成長した姿を見せたいのかもしれないね」
ξ゚⊿゚)ξ「・・・・」


295 :外伝 -ツンの休止編- 5/10  ◆u1vJTEYnvg :2006/07/31(月) 12:58:23 ID:MBEhT6BS

驚きとともに何故か嬉しい気持ちになったツンの下に、ブーンとドクオがやってくる。

(;^ω^)「ツン、今日のツンはいつもの様にツンツンしてないお・・・困った事があったら相談してほしいお」
('A`)「何も言わずにクールに去るなんて、お前らしくないぜ・・・(キマッタ!!ktkr)」
ξ゚⊿゚)ξ「ブーン・・・ドクオ・・・」
ξ////)ξ「あ・・・あのね。実は>>290・・・・」

(#^ω^)「ビキビキ 調子乗りやがって・・・次会ったら神速戦法してやるお!」
('A`)「知り合いならともかく、アカの他人に文句言われるとは・・・・テラウザス」
(#^ω^)「ツン・・・そんなDQNの言う事気にしなくていいお。僕はツンがそいつらの言いなりになっている姿なんて見たくないお!」
ξ////)ξ「バ、バカじゃないの?! 何言ってるのよ!」
('A`)「全く・・・相変わらずイカ臭いセリフを吐きやがって」
ξ////)ξ「・・・・でもありがとう。
       あ~、急に三国志大戦がしたくなったわね。べ、別にあんた達のおかげで目が覚めたワケじゃないんだからね!」
( ^ω^)「おっ おっ おっ、いつものツンに戻ったお!」
('A`)「俺のおかげだな・・・・」
(´・ω・`)「(一件落着だな・・・・・)」

そうだ・・・自分は今までは上を目指すことしか考えていなかった・・・・・
周りに『戦友』がいたという事も考えていなかった・・・・・
ツンはそう思いながら、君主カードを挿入した。


296 :外伝 -ツンの休止編- 6/10  ◆u1vJTEYnvg :2006/07/31(月) 13:05:07 ID:MBEhT6BS

―――数時間後、とあるゲーセンにて

DQN君主A「見ろよ、馬鹿連環に警戒しすぎて攻めないぜアイツwwwwwww」
DQN君主B「ホントヘタレすぎwwwww」
DQN君主A「俺ならあそこは数部隊をオトリにするけどなーwwww」


(´●ω●`)「おい、ブサ面の誓いども」
DQN君主B「なんだおまえ?いきなり調子に乗ってるんじゃねえぞ?!」
(´●ω●`)「解説厨に言われたくないな」
DQN君主B「ハイハイワロスワロス」
DQN君主A「あ?だったら勝負してやるか?wwww」
(´●ω●`)「最初からそのつもりだっ・・・・!」


(´●ω●`) SR劉備+R馬超+UC張飛+C趙累+C姜維
  VS
DQN君主A C劉表+Rホウ統+R馬超+R黄忠+C張梁+C他周倉

(´●ω●`)「(ふむ・・・ただの『知ったか』では無いようだな)」
DQN君主A「(このデッキは馬鹿連環だけじゃねえぜ・・・・開幕終了もあるんだぜwwww)」

開幕、DQNは左端攻めをするがてんちょうは何故か全武将を城の中に入れていた。


297 :外伝 -ツンの休止編- 7/10  ◆u1vJTEYnvg :2006/07/31(月) 13:06:50 ID:MBEhT6BS

DQN君主A「なんだコイツ、武将だしてねえしwwwww武将読み込みミスでもしたのかwwwww」
(´●ω●`)「・・・・・・」
DQN君主A「さて、城に攻撃するかwwwww余裕だなwwwwwっうぇwwwww」

左城壁、城門にはり付こうとする張梁、他周倉、R馬超。
その時、城から煙が出てくる。
DQN君主A「ん・・・なんか出てくるな。      げえっ、張飛と姜維と劉備!」
(´●ω●`)「対ワラワラデッキ用の戦法にこうも簡単に引っかかるとは・・・・」

張飛→R馬超、張梁→SR劉備、他周倉→C姜維と妨害されるDQN。
DQN君主A「くそ、甘く見すぎたか!このままじゃ馬超が突撃できねえ・・・・R黄忠と劉表で援護だ!」
(´●ω●`)「こちらにも馬超がいるのを忘れたのかな?」
DQN君主A「ち、ちくしょー!姜維が邪魔で迎撃できねえ!!」

慌ててR黄忠と劉表を逃がそうとするものの、移動力抜群の騎兵から逃げることはできず、2部隊ともR馬超に撤退させられた。
(´●ω●`)「さて・・・馬超、張梁、周倉をどうするかね」
DQN君主A「くそ、せめて馬超だけでも帰還させるか・・・・・」

(DQN君主)兵法マスター! 連環の法MASTER

連環の法のおかげでてんちょうの馬超に撤退されずに済んだDQN馬超。
そんな中、張梁と周倉は撤退させられる。

DQN君主A「・・・・てめえ、こっちが隙だらけだっていうのに攻撃してこねえのかよ・・・・!」
(´●ω●`)「・・・・・・」


299 :外伝 -ツンの休止編- 8/10  ◆u1vJTEYnvg :2006/07/31(月) 13:09:34 ID:MBEhT6BS

数カウントが経過し、士気が9ちょっと溜まったところで全部隊突撃させるてんちょう。

DQN君主A「(・・・・ククク、ようやく来てくれたか。しかも固めて攻めてきやがった。これは大チャンスだぜ)
復活した全武将を出撃させるDQN。
DQN君主A「引っかかったな!馬鹿連環をくらえ!」
復活したばかりの劉表をてんちょうの全部隊にかけ、伏兵状態で連環の計を放つRホウ統。

DQN君主A「よし、このまま全部隊突撃だぜwwwwww」
(´●ω●`)「愚か者め・・・・」
DQN君主A「あ?負け犬の遠吠えか?wwwww」
(´●ω●`)「よく見てみろ、こちらの全武将を」
DQN君主A「・・・うっ、まさか・・・・!」

確かに、てんちょうの全部隊は指鹿為馬の計+連環の計にかかっていた。
だが、DQNは先の事を考えすぎていたためか・・・・・・かけた場所がDQNの攻城ゾーンより近かったのだ。
DQN君主A「・・・フン、攻城ゾーンに近いからってどうなんだよ!R黄忠とC劉表で狙撃してやるわ!
       相手は知力が0だから下手に計略使えないぜ!」

だが、てんちょうはそのまま『劉備の大徳』を使用した。
DQN君主A「馬鹿が・・・・知力0じゃあ1カウントももたねえぜ!」
しかし、1カウントどころか3カウント経過しても計略効果は終わらなかった。
その間に接近戦に持ち込まれたR黄忠←UC馬超とC劉表←趙累。
そして攻城準備を開始したSR劉備、UC張飛、C姜維。
(´●ω●`)「元々、大徳は約9カウント持続する計略だ・・・・知力0にしたところで約5カウントは持続する。無駄だ」


300 :外伝 -ツンの休止編- 9/10  ◆u1vJTEYnvg :2006/07/31(月) 13:11:08 ID:MBEhT6BS

DQN君主A「・・・・・まだだ、連環状態じゃ攻城ゲージは溜まりにくい! 今のうちにこっちも攻城開始だ!」
(´●ω●`)「・・・・・」

((´●ω●`))兵法マスター!プラス外伝! 連環の法MASTER+増援+増援

DQN君主A「こ・・・・このクソカスがぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
そして数カウント後には張飛のセリフと共に落城されたDQNだった。


『なんだよアイツ・・・・デカイ口叩いてた割には滅茶苦茶弱いじゃんwwwwww』
『てかアイツ、ホントに十四州なの?wwww』
『今の三国志大戦は金あれば実力無くても上あがれるっていうしなぁwwwww』

敗北したDQN君主Aの後ろから聞こえるヒソヒソ話。

『普通、自城付近で連環使わねえよなぁwwwwwマジワロスwwww』
『所詮、知ったかだったんだなアイツらwwwww』

DQN君主A「黙れ黙れ黙れ!!!ウワアアアアアアアアアアン!!!」
DQN君主B「ちょwwwwww置いてけぼりにするなオマエwwwwwwww」

泣きながら帰ったDQN共。
最大の屈辱を味わった彼らの今後はどうなるのやら・・・・・・

(´●ω●`)「・・・・・・・・・またつまらん者を倒してしまった」


301 :外伝 -ツンの休止編- 10/10  ◆u1vJTEYnvg :2006/07/31(月) 13:16:46 ID:MBEhT6BS

※対ワラワラデッキ用の戦法とは

槍の多いデッキを使用している対戦相手が開幕終了系のデッキの時によく使う戦法(らしい)
開幕端攻めを警戒して全武将を自城に引っ込ませ、対戦相手が城に近づいたら城から武将を出して防衛をする。
これにより、開幕終了を防げやすい上に、マウント騎兵を槍で迎撃しやすくなる(らしい)
ちなみに、この前対戦相手がこの戦法を使ってきて、自分は開幕城ダメージ入れることができませんでした(;´Д`) (黄布デッキ使ってました

ただし、こちらから出した槍兵に対戦相手の壁部隊で密着させ、槍オーラが消えた瞬間に高武力騎兵で突撃されるというのがやりやすくなるらしいです。
騎兵デッキ等でもこの戦法を使用する事があるらしいのですが・・・・どこかに詳しく載ってあるところありますかねorz

前スレでは『次回も超短編かも』と言いましたが、色々と書いている内にやや長くなってしまったりw
初めて、試合の流れを文章で表現してみたので『ここってどういう風になってるんだ?』という部分があるかもしれません。
でも書いてて楽しいわコレwww


どう見てもこれで終わりです。本当にありがとうございました。
~終~