※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

772 :ゲームセンター名無し:2008/04/22(火) 11:06:04 ID:miAqx0oQ0
ここはいつも平和なバーボンハウス。
そんな平和なこのゲームセンターで、驚きの声を上げる少年が一人。

(;><)「ち…ちんぽっぽちゃん!?」
常連は突如聞こえた大声に驚くが、少年の正体を見て「ああ、彼なら仕方ない。」と全員が思った。
…しかし、声を上げた少年が、特に奇声を上げてゲームをしたり、特別マナーが悪かったりするわけではない。
彼が大声を上げても仕方が無い理由…それは、彼のパートナーである

(*‘ω‘ *)「ちんぽっぽー!」
彼女が原因であった。
元々は象使い。そして今は、牛金という隠れた強カードを使いこなしている、「ちんぽっぽ」という君主。
実力はそれなり。
…しかし、長年のパートナーがつい大声を上げてしまうようなデッキ構成とプレイングを、彼女が持っている。

常連たちは、即座にこう判断した。
「ああ、また彼女が変な… こういうとアレだが、常人には理解できないデッキを組んだんだな。
そして、それを見て、彼がつい声を上げてしまった。」…っと。

ちんぽっぽのデッキには、牛金がいる、蔡文姫がいる。今回は白馬陣はお休みらしい。
しかし…、見慣れないカードが、彼女のデッキに組み込まれていたのだ。

773 :ゲームセンター名無し:2008/04/22(火) 11:13:33 ID:miAqx0oQ0
SR小虎
溜めの回復という、独自すぎる計略を持って現れた、悲劇の女性。
その愛らしい姿に魅了された君主は何人かいたが
…しかし、その独自すぎる計略と、SRという価値。そしてそのレートの高さが災いし…、余り使われることが無く排出停止になった。

今でも決して通じない事はないカード。
だが…、それでも、ちんぽっぽの他のカードとは釣り合いが取れていない。
大体、動き回るのが主になる牛金と飛天なのに

……他のカードが、LE張遼とSR曹操なのは、長年付き合っていたわからないですのみならず、
ほぼ全ての君主が、…戸惑うだろう。
(*‘ω‘ *)「ぽ~♪」
しかし、そのデッキの使い手である彼女は、満足そうな笑みを浮かべていた。

(;><)「…で、でも! いくらなんでも、飛天神速魏武デッキに…、呉の武力1弓はまったくあわないと思います!
ぼ、僕なら寧ろ、楽進や張春華辺りに変えて…。」
(*‘ω‘ *)「ぽー!」
(;><)「え?黙ってみていろって?」
…こうなったらもう止まらない。彼女にも何か考えがあるのだろう。

774 :ゲームセンター名無し:2008/04/22(火) 11:22:18 ID:miAqx0oQ0
(*‘ω‘ *)「ちんぽっぽ~。」
ちんぽっぽはICカードを刺し、300円を入れて、何の躊躇も無く全国対戦を選択する。
軍師は周瑜だ。良く良く考えれば、牛金と姫以外は高レートカードである。
よほどプレイしないか、それも運か財力が無ければ決して組めないデッキであろう。
…最も組めたところで、使いこなせるかどうかは微妙な所だが…。

模擬戦で運よく曹操と張遼が出てきて、レベル7まで育った周瑜を見届けた後、対戦相手のサーチが始まる。
その相手はすぐに見つかった。
(*‘ω‘ *)「ちんぽっぽ~♪」
(´・ω・`)「うん、確かに今の忠義は「楽に勝てる」故に、多かれ少なかれプレイヤーの腕を落としている。
…だから、忠義が出て欲しい。そういうわけだね?」
(;><)「て!てんちょ~! いつの間に!」
(´・ω・`)「…戦いの時は来た!」
誰も「鄧艾乙」と言ってくれない。
しかし、戦いの相手のデッキが画面に表示され、店長の言うとおり、戦いの時は来た。


回れ回れ軍
UC法正、UC関平、UC張飛、R魏延、C廖化

大車輪デッキ。
この時点で、ちんぽっぽの殆どの選択肢が消えた。

775 :ゲームセンター名無し:2008/04/22(火) 11:28:08 ID:miAqx0oQ0
(´・ω・`)「神速は突撃できない。飛天で相手をせずにすり抜けても攻城不足。
そして…牛金も駆けることができない…。」
(*‘ω‘ *)「ぽ~……。」
(;><)「な、何とかなるんです!」

フィールドは、右方向に櫓が4つ並んでいる以外は何も無い草原。
(*‘ω‘ *)「……ぽ~。」
(´・ω・`)「曹操を前に出して、それ以外の全員を櫓の後ろにか…。
しかしそうなると、相手の凡将が辛くなるね。」
(;><)「ちんぽっぽちゃん…。」
わからないですの、今にも消え入りそうな声と同時に、開戦の文字が画面全体に現れた。

相手は数カウントの間、凡将をこちらの陣に走らせるだけで、何もしてこない。
おそらく曹操を探しているのだろう。 …見つかった刹那、大車輪の群れが飛んでくる事は間違いない。
相手は法正以外、中~低知力だ。しかし法正は伏兵。
序盤に走らせるのは、1コストで車輪状態にもならない凡将が一番である。

777 :ゲームセンター名無し:2008/04/22(火) 11:38:34 ID:miAqx0oQ0
やがて、相手全体のラインが戦場の真ん中辺りに上がり、そしてちんぽっぽの士気が溢れそうになる。
(*‘ω‘ *)「…ぽ~!」
彼女は我慢できず…牛金と蔡文姫を右端から攻めさせる。
突如の攻めに、相手は対応できず、するりと1コス二人の攻城を許してしまう。
壁に、1発ずつ。
…しかし、結局は凡将に阻まれ、蔡文姫は撤退する。
凡将は続けて牛金に向かおうとするが…。
(*‘ω‘ *)「ちんぽっぽ!」
ここで牛金の猪突猛進が発動する。
武力13の高速騎馬は難なく凡将から逃げ出す…が、

ジャーンジャーン
―愚か者めが…!―
士気3を払って、撤退してしまう。
(´・ω・`)「これは…っ!」
伏兵解除と共に、法正の計略が発動する。

―我の攻撃を止められるか!―
大車輪状態となり、こちらを蹂躙しようとする敵軍。
だが、ちんぽっぽは読んでいた。
(*‘ω‘ *)「ぽ!」
―これぞ必勝の策!―
軍師周瑜の炎が、敵を包み込む。
相手が足を取られている間に、
―皆のもの!力を見せよ!―
曹操が計略を発動する。
しかし、…計略の対象は、自分と張遼のみ…。
小虎は呉の武将だ。故に、計略の対象にはならない。
これは半分、曹操の伏兵を自力で解除するための計略だ。
…今の状況なら、敵の城を奪える……。士気6を払っての、苦渋の選択!

778 :ゲームセンター名無し:2008/04/22(火) 11:47:11 ID:miAqx0oQ0
周瑜の火から逃れていた法正と凡将も、武力13と14の二人には適わない。
相手は全滅だ。…そしてその隙に、曹操と張遼、そして遅れてきた小虎が、城を思う存分攻撃する。
しかし、馬が二体では落とすまではいかず…、結局は相手の復活を読んで退くしかなかった。
(´・ω・`)「さて、ここからどうするかな?」
相手は法正を使っている故に、神速や飛天、猪突猛進のもう一つの天敵である長槍はない。
だが…長槍は無くとも他の奥義がある。
それに、本気でぶつかりあって勝てる相手ではない。 …相手の城を無理矢理落とすのも考えたが、相手の騎馬が二体では少々辛い。
(*‘ω‘ *)「………。」
しかし悩んでいる暇は無い。敵は城から出てきて、大手を振って侵攻してくる。
…本気でぶつかりあって……、ぶつかり…あって?

士気は、今は8。
そうだ、ぶつかりあって勝てないかもしれないが、しかし、相手に城を落とさせなければ良いんだ。
(*‘ω‘ *)「ちんぽっぽ!」
ちんぽっぽは全員を出撃させ… ゆっくりと進軍し、相手との乱戦状態に入る。
―皆のもの!力を見せよ!―
そして、曹操の計略が発動する。
それを見て相手も、車輪の指揮を発動させる。
武力差はある…しかし、回る槍と、兵種補正で、…すぐに削られる。
(*‘ω‘ *)「ちんぽっぽー!」

…だが、彼女は動じない。
削られるものは回復すれば良い…! 
彼女は、その為にいるんだから!
―しょうこ、がんばるよ!―

蔡文姫が、相手の法正と共に落ちる。
それと同時に…瀕死の状態にあったちんぽっぽ軍に、恵みが齎される。

779 :ゲームセンター名無し:2008/04/22(火) 11:53:28 ID:miAqx0oQ0
【孫呉の祈り】

(´・ω・`)(でも……。)
名前とは裏腹に、曹魏の兵達を回復させるそれは…しかし、呉、魏双方の天敵の敗北の一手にはなった。
相手はあわてて、ホウ統の増援を発動させるが…、しかし時間は既に稼いだ。

相手がもう一度車輪の指揮を発動させるにも…指揮官は先ほど落としている。
最早、ちんぽっぽの勝利は決定的だった。
(*‘ω‘ *)「ちんぽっぽ~!」
(´・ω・`)「おめでとう。すばらしい戦いだったよ。」
(;><)「す…凄い勝利でした。」

その後、望んでいた忠義デッキとの戦いでは、プレイテクの差を見せつけ、次の弓単体デッキでは飛天と神速、そして猪突猛進が大活躍した。
…が、その二つの戦いでは、小虎の存在価値は余り無かった。
一応1コス弓兵としての活躍はしていたが…。
(;><)「……で、でも、何で突然小虎なんですか?」
(*‘ω‘ *)「ちんぽっぽ~!」
(;><)「え?拾った!?
…そ、そういえば…スリーブが何か違いますね…。」
(´・ω・`)「……ああ、それは「彼女」のだね。
無くしたと思っていたら…こんなところにあったのか…。」
(;><)「え?え?どういう事ですか?」

781 :ゲームセンター名無し:2008/04/22(火) 12:01:20 ID:miAqx0oQ0
混乱気味のわからないですに対し、店長が説明する。
(´・ω・`)「いやぁ…、ここの常連に、小虎使いの女の子がいるんだ。
…いや、いたと言った方がいいかな? 彼女は…道端で変な奴にぶつかられ、小虎を奪われてしまったんだ…。
他のカードはUC、Cだったからすぐに分ける事が出来たけど…、排出停止でレートが跳ね上がり…小虎だけは、手の届かない場所に…。
けど、……スリーブに細工がしてあって、自分以外には決して外に出せないようにしていたから、いつか返してくれるだろうって…。」
だけど、まさか捨てられていて…、それをちんぽっぽちゃんが拾っているとは…。
店長がここまで話し終えた後、ちんぽっぽはすぐに小虎を店長に差し出す。
(*‘ω‘ *)「…ぽ~。」
(´・ω・`)「……返す、か。君は本当に、欲が無いねぇ…。」
あきれた口調だが、顔は笑顔だ。きっと褒めているんだろう。
(´・ω・`)「…だけど、彼女も今は諦めがついている。
それに、『これは…小虎が私に与えた試練だと思う。だから、彼女がいなくても…勝ってみせる!
そうすれば私の傷も…なおるよ!』と言ってたし…、今、返すのは逆効果だと思う。」
(;><)「…でも、店長が預かるのなら…良いのではないでしょうか?」
(*‘ω‘ *)「ちんぽっぽ~!」
(´・ω・`)「…捨てられていたから、ならば一度だけでも使ってあげようと思った。
持ち主がわかるのなら…その人の元へ行くべき…か……。」

ちんぽっぽとわからないですは、その後悠久の車輪を数プレイして帰っていった。
(´・ω・`)「…捨てる神あれば、拾う神あり…か……。」
いつもはぬいぐるみを抱きかかえ、悲壮な表情をしている少女。
その少女が一瞬「笑った」かのように見えたが…、しかし店長は、気づかなかった。

―ありがとう、しょうこをまたつかってくれて…。―