233 :舞わない飛天:2008/06/24(火) 17:25:48 ID:jiWZGwb90
( ´_ゝ`)「さて、行くか。」
SR曹操、SRトウガイ、SR王異、LE楽進、UC蔡文姫、 GR郭嘉

(´・ω・`)「ずいぶんと豪華なデッキだね。」
( ´_ゝ`)「LE楽進は前のプレイで引いたのですよ。
これで姫のLEでもあれば、光り輝くデッキが組めるんですけどね。」
(´・ω・`)「デッキ自体は、余り見かけない型だね。
まぁ形として見かけないだけで、カード単体としては全部使われているけどね。」
( ´_ゝ`)「武力は低くなりますが、やはりトウガイの長い神速は魅力的ですよ。
それに、離間だと武力1二枚になって、やはり辛いものがありますし…。」
(´・ω・`)「そんなこんな言っている間に、対戦相手が見つかったよ。


勝率66.7% 
SR諸葛亮、R張飛、R馬超、Rホウ統、C凡将

(´・ω・`)「何処からどう見ても狩りです、本当にありがとうございました。」
(;´_ゝ`)「……。」

234 :ゲームセンター名無し:2008/06/24(火) 17:29:47 ID:jiWZGwb90
戦場は、やぐらがちょっとだけ立っている草原。
( ´_ゝ`)「今回は…凄く悔しいが舞わない方が良いだろう。
敵の機動性は低めだし、挑発槍もいるし…。」
(´・ω・`)「その方が良いかもね。」
しかし舞わないとなると、武力1騎馬はやはりお荷物だ。
店長は心の中でそう思っていた。

( ´_ゝ`)「とりあえず諸葛亮とホウ統を見つけるか。」
ジャーンジャーン
―天は我に味方せり!―
―読みどおりだな―

ジャーンジャーン
―まんまとかかったな!―
―いつか戦地にて…!―
(´・ω・`)「蔡文姫で踏みたかったところだね。」
伏兵で楽進が撤退したところに、サイドから馬超が突撃してくる。
しかし
ジャーンジャーン
―戦いの時は来た!―
トウガイを踏んで撤退。
その後はお互い特に交戦せず、序盤の攻防は終了した。

235 :ゲームセンター名無し:2008/06/24(火) 17:35:37 ID:jiWZGwb90
中盤、敵は諸葛亮の計略を二度掛けする。
王異対策に計略ステルスを施した後、速度アップ。
武力に関しては見るのも嫌な程上がっている。
( ´_ゝ`)「だが、諸葛亮自体は強化されていない。
それに、何気にホウ統も武力が上がっていない。
ここで、これだ。」

兄者は曹操の覇者の求心を発動させ…、そして、王異を真ん中に配置し、全員を敵城に突撃させる。
( ´_ゝ`)「相手が速度を上げたのは高武力二人、
そして、高い武力の奴は攻める… つまり、後ろはがら空きだ。」
王異の射撃で諸葛亮とホウ統一が撤退し、続いて凡将も、蔡文姫と同時に撤退した。
相手はすぐさま馬超と張飛を戻すが…、兄者はそんな二人をあざ笑うかのように、曹操以外を全員自城へ返す。
( ´_ゝ`)「曹操は退くけど、仕方がないか。」
敵が曹操を倒し、再起を使った後は…お互い当分の間、攻める事は無かった。

236 :ゲームセンター名無し:2008/06/24(火) 17:42:07 ID:jiWZGwb90
(´・ω・`)「さて、ここからどうするかね?」
残りカウント20
敵は総力戦を強いてくるだろう。
( ´_ゝ`)「いや、もう俺の勝ちですよ。」

グラサンが何か言いたそうな目でこちらを見ているが、とりあえず無視した。

敵は諸葛亮の三人掛けを二度行い、武力を底上げする。
兄者はそんな相手部隊の隙をつき、蔡文姫を敵城へ突撃させ、残りの4体を、敵の迎撃にまわす。
その蔡文姫に凡将が釣られる。
…武力の上がった凡将が…。
(´・ω・`)「しかし…。」
だが、総武力ではこちらが負けている。
( ´_ゝ`)「……相手はここにきて、王異の存在を忘れていたみたいですよ…。」
王異。
……彼女の計略が、諸葛亮と…相手の最後武力を誇る、張飛の二人を襲う。
(´・ω・`)「おおう!」
( ´_ゝ`)「後は…。 覇者の求心で、はい、守りきりました。」
兄者がそういうのと同時に、蔡文姫が撤退する。
しかし、姫の撤退の前に敵部隊は全滅していた、最早凡将一人ではどうしようもない。
この勝負、兄者の勝ちだった。

( ´_ゝ`)「……店長は、蔡文姫が役に立たないと思ったでしょう?
でも、武力1の騎馬も、使いようなんですよ。」
(´・ω・`)「おみそれしました。」
( ´_ゝ`)「……けど、ぱんつ分が足りなかったりするけどな!!」
(´・ω・`)「………。」

計略が使えない状況になっても、武将は何も出来ないわけではない。
店長は改めて、その事を認識していた。