※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

706 :合作、第ニ戦目:2008/11/23(日) 20:04:25 ID:LpzcMZC70
~ゲームセンター・バーボンハウス~

9月だというのに未だ熱いのは気候だけではなかった。
最近3品への昇格を果たし、鼻息荒く意気揚々としている少年が約一名。

(*^ω^)「フゥハハハハハハ!今の漏れは絶好調だお!
全国の猛者ども、どんどんかかってくるがいいお!!」

('A`)「あんま調子こいてると足元すくわれるぞ…
てかそもそも店内であまり騒ぐと…」

(#´・ω・`) ゴゴゴゴゴゴ…

(;^ω^)「正直すまんかった。
とりあえず今回はこのデッキでいこうと思うのだお」

( ^ω^)っ【LE曹操、UC徐晃、UC荀攸、C郭皇后、UC蔡文姫、C陳羣(軍師)】

(´・ω・`)「お、大水計ktkr
ブーン君が騎兵以外のダメ計入れるなんて珍しいね」

( ^ω^)「槍入ってないから正直呂布とかに当たると辛いと思ったんだお」

('A`)「しかし総武力23って…大丈夫か?」

( ^ω^)「その為のネルフ…じゃなくて飛天と弱体化だお。
まあドクオに3品の戦い方の手本を見せてやるお」

('A`)「へぇへぇ、参考にさせていただきやすよ」

707 :合作、第ニ戦目:2008/11/23(日) 20:06:18 ID:LpzcMZC70
~数分後~

【対戦相手があらわれました】

パカラッパカラッパカラッ ジャキーン 【1戦目】

( ^ω^)軍 3品 LE曹操、UC徐晃、UC荀攸、C郭皇后、UC蔡文姫  C陳羣(軍師)
弓かおる軍 1品 R太史慈、R周瑜、R孫権、C董襲、UC張紘
【入れ替え戦 勝てば昇格】

(;^ω^)「ちょwwwいきなり1品との入れ替え戦とかwww」

(´・ω・`)「これは大チャンスだね。
勝てばいきなり1品、負けても普通に負けた時と同じ。リスクはないよ」

('A`)「2階級の入れ替えなんてあるのか…すげえな」

【奥義選択】

(*^ω^)「よく見れば相手弓3wwwこりゃ楽勝だおwww
まあ赤壁いるから再起にしておくお」

【自陣に部隊を配置してください】

ブーンは両端に郭皇后と蔡文姫、自陣中央に荀攸、その柵の前に曹操、柵の後ろに徐晃を配置。

ギギギィィィィィィィィ 開戦!

709 :合作、第ニ戦目:2008/11/23(日) 20:08:35 ID:LpzcMZC70
戦場は夕焼け、左右に櫓が1つずつ。
相手は孫権と董襲の柵を左右に展開させて真ん中を空けており、太史慈はその空いた真ん中に陣取っている。

( ^ω^)「相手の伏兵はきっと太史時の前にいるお。端攻め用に配置していた2人を真ん中に向かわせて暴くお」

ブーンはコスト1の騎兵2人を太史慈に向かって突撃させる。

ジャーンジャーンジャーン
ユダンタイテキジャナ
ジャーンジャーンジャーン
ヨクキタナ

それぞれが伏兵を一人ずつ暴いて退却する。
相手は張紘をそのまま前に出して追い討ちをかけようとすると

ジャーンジャーンジャーン
ハヤキソウソウハ、ハヤクマツベシ

曹操を踏んでしまい、乱戦と荀攸の弓によって

モハヤコレマデ……

張紘が撤退する。

( ^ω^)「ここまでは狙い通り!あとは曹操と徐晃で柵と櫓ぐらい壊しておくお」

流石に槍1人では高武力馬2人を相手には出来ず柵を壊されてしまう。
辛うじて櫓は残った状態でブーンは全軍を自城に戻すが、開幕としては充分だろう。

('A`)「結構いい感じじゃねぇか」
( ^ω^)「これであとは士気を溜めて一気にすりつぶせば勝利だお」

711 :合作、第ニ戦目:2008/11/23(日) 20:10:25 ID:LpzcMZC70
残り54カウント

双方ともに全員兵力全快、城ダメなし

( ^ω^) 士気10.5
相手 士気10(推定)

ブーンは蔡文姫を櫓の後ろから出し、城に戻しながら計略を使用する。

アハッ、ツヨクシテアゲル

【飛天の舞い 味方の移動速度が上がる】

同時頃、相手も太史慈の計略を使用する。

【約束の援兵 援護兵を召喚する】

( ^ω^)「弓兵が増えたって何も恐くないおwww
敵が張り付いてきたらフルボッコにしてカウンターで乙だお」

(´・ω・`)(自分から攻めていったほうが確実だと思うけど…
デッキ相性で慢心してるようだね)

残り42カウント
( ^ω^) 士気9.5
相手 士気9(推定)

相手が戦場の中ごろまでラインを上げたとき、画面が暗転する。

714 :合作、第ニ戦目:2008/11/23(日) 20:17:23 ID:LpzcMZC70
サァ、ケッチャクノトキダ! オウギ!
【遠弓撃陣 武力と弓の射程距離が上がる】

( ^ω^)「なんだ、相手は再起でも連環でも無かったのかお。
これなら先に攻めてもよかったかもだお」

相手が董襲のみを城門へ向かわせて来たのを見計らってブーンも全軍を出し

ソウソウニテンカヲ(ry
【覇者の求心 範囲内の魏の味方の武力が上がる】
タタキツブセ!
【若き王の手腕 範囲内の呉の味方の武力が上がる】

お互いに号令を打ち合ってのぶつかり合いとなる。

( ^ω^)「総武力では負けてるけど、相手は殆ど弓ばっかりだから何とでもなるお。
まずは攻城役を叩くのが弓マウント対策のセオリーだお」

ブーンは狙いを董襲に定め、刺さらないように注意しながら乱戦に持ち込む。

【防護戦法 武力によるダメージを軽減する】

城門に張り付いた董襲の計略を相手が発動させる。

( ^ω^)「なんだおこれ?
よくわからないけど、とにかく乱戦でさっさと落とすお!」
('A`)「おいおい、その計略h」

716 :合作、第ニ戦目:2008/11/23(日) 20:20:25 ID:LpzcMZC70
アセラズヒクゾ
イットキタッタラオコセ

なんと徐晃と曹操が撤退してしまう。

(;^ω^)「ちょwww董襲硬いおwww
何で武力で上回る2人が先に落ちるんだお!?」

(´・ω・`)「相手の計略を侮った結果だね。
董襲の防護戦法は武力ダメージを7割前後もカットしてしまうんだ」

(#^ω^)「なんというぶっ壊れだお!コモンの持つ計略じゃないお!」

(´・ω・`)「まあ武力上昇は0だし、一騎討ちや計略に対しては無力だからね。
それと4人の弓が、さっきから高武力の2人を狙い撃ちしてたの気づいてた?」

コンナノイヤ
イヤハヤ、マイリマシタナァ
ファーァ

などと言ってる間にブーンの部隊が全滅してしまった。

コレガワタシノオウギデス オウギ!
【再起興軍 撤退中の味方の復活カウントを下げる】

慌てて奥義を使うも

ワレニツヅケ! ドーン パリーン

董襲の城門への攻城を許してしまう。
そしてそのまま相手は城へ引き返してしまった。

719 :合作、第ニ戦目:2008/11/23(日) 21:00:43 ID:LpzcMZC70
( ^ω^)「楽勝だと思ってたのに、リードとられちゃったお…
やばいお、かなりやばいお…」

('A`)「おいおい、最初の方の自信はどこへいったんだよ?
体勢を立て直して冷静に攻めればいいじゃねぇか」

( ^ω^)「ドクオ…そーだお!
元々デッキ相性は良いんだから、普通に攻めればいけるお!」

(´・ω・`)(やれやれ、あとは時間との戦いかな…?)

残り30カウント

( ^ω^) 城ダメ約20% 士気5.5
相手 城無傷 士気2.5(推定)

( ^ω^)「こっちから攻めてやるお!
相手の士気が足りない今が好機だお!」

ブーンがラインを敵陣入り口まで上げたところでぶつかり合う。

【防護戦法 武力によるダメージを軽減する】

相手は時間を稼ぐべく、董襲の計略を使用する。

720 :合作、第ニ戦目:2008/11/23(日) 21:06:28 ID:LpzcMZC70
( ^ω^)「同じ手は2度も食わないお!」

ウンガナカッタデスネ

【大水計 敵にダメージを与える】

サイゴマデオマモリトオサネバ・・・
グワァ
ザッパーン
ザッパーン
ザッパーン
ザッパーン

荀攸の大水計によって、わずかに兵力の減っていた董襲と太史慈の援護兵が撤退する。
士気も奥義も無く、槍が武力2の一枚ではブーン軍の連突を防ぐことはもはや不可能であった。

アイテガワルカッタカ……
カハッ、ココマデカ……
モハヤコレマデ……
デスギタカ!?

あえなく全滅してしまい、そのまま全軍で城に張り付かれてしまう。
そして…

パリーン ナルヨウニナルモンデスナ
【勝利】

ブーンの逆転勝ちであった。

722 :合作、第ニ戦目:2008/11/23(日) 21:10:22 ID:LpzcMZC70
(;^ω^)「勝つには勝ったけど…正直こんなに苦戦するとは予想GUYだったお」

('A`)「お前相手を軽く見すぎたんだよ。仮にも1品なんだぜ?
『相手を見て侮るはものの見えぬ証拠』何度も教わったろーが」

(´・ω・`)「今回は相手の士気の使い方(大水計いるのに援兵呼ぶとか)や、
運用の仕方(董襲を壁にするのは普通相手に張り付かれてから)なんかでミスが目立ったから勝てたようなものだね。
ただし、上ではこんな風に上手くいく可能性は限りなく低いからね。今後は引き締めていかないと」

(;^ω^)「まったくだお。肝に銘じたお」

イレカエハッセイ! 1品 大将軍

(´・ω・`)「まあともあれ、これでブーン君も1品になったわけだ。
とりあえずおめでとう。連戦するかい?」

(;^ω^)「今日はなんだか疲れちゃったから、もう止めておくお…。
排出は…お、Rデヴいおっさんktkr」

('A`)「しかし、もう1品か…随分差をつけられちまったなぁ…」