※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

韋晃(イコウ)

後漢末期の司直。曹操の専横を見かねて、218年正月、太医令・吉本、少府・耿紀らとともに反乱を起こし、許の王必の陣を攻めるが、敗れて殺されている。

「献帝春秋」では、捕らえられて、自分で地面に頭を打ちつけて死んだ。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

訪問者数

&counter(オプション)