※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

韋誕(イタン)

字は仲将。京兆出身、韋端の子、韋康の弟。

郡の上計吏となるが、特進して郎中となり、最終的には光禄大夫まで昇進している。名文家、名書家として有名であり、明帝(曹叡)の時、凌雲殿建立で大工が韋端がまだ文書を書いていない額を掲げてしまったが、韋端は75mの高さの櫓に上って額に文書を書き上げたという。また、墨作りの名人でもあり「仲将の墨士」と称された。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

訪問者数

&counter(オプション)