※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

# 非戦闘作品なのでユニットは作れません。



漆塗りの闇
回避, 僕はひとにものを教えられる人間ではない
回避, 僕ですら「死にたくない」と思うことはある
ダメージ小, うん?
ダメージ小, 君は……誰だったかな? どこかで見た覚えはあるのだが……。申し訳ないが、僕はひとの名前を覚えるのが苦手でね
ダメージ中, 僕は《死》に期待しているのだ
ダメージ中, 僕は――即ち漆塗りの闇は――《死》に対して憧れを持っている
ダメージ中, 《死》とは素晴らしいものであり、その感覚は甘美なものだと考えている
ダメージ中, 僕もいずれ死ぬことになるのだろうが、どうせならばより良い《死》を迎えたいものだ
ダメージ大, 僕にとって、《死》は悪いことではない
ダメージ大, 殺害されるケースについては、まだ確認していなかったが、餓死した時とそう変わりもないだろう
ダメージ大, さあ、僕に《死》を与えてくれ
破壊, ――ああ。どちらだ。どちらなのだ
攻撃, さあ、教えてくれ。僕に教えてくれ
攻撃, 僕に。《死》を教えてくれ
攻撃, なあ、教えてくれないか? 《死》を僕に教えてはくれないか?
攻撃(とどめ), いけない。失敗してしまった
攻撃(とどめ), ……これではもう、訊ねることはできないかな


朱塗りの闇
回避, 君は。僕は。私は――。どれだろう? もう、どれでもいいや
回避, 私は自分をナオした。私は元に戻った。元の――朱塗の闇に戻った
回避, 私は――元々、人間ではなかったんだ
ダメージ小, 赤いよ…… 赤い
ダメージ小, 赤い。真っ赤だ
ダメージ中, 赤い。真っ赤な私
ダメージ中, 赤、あか、アカ。赤ばっかり
ダメージ中, 赤い。私の目には、赤くしか見えない
ダメージ中, 私の視界はずっと変わらず赤く染まったままだ
ダメージ中, 私の全てが赤い。《赤》とは、私のそのものだ
ダメージ大, 私を人間社会につなぎ止めるということは。.ゆっくりと、静かに、自分をコワしていくということだった。;なんて馬鹿なことをしていたのだろう
ダメージ大, 私の全てが赤い。私は朱で塗られ、血に染まる存在だから当然だ
破壊, ああ…… 本当に。.羨ましい;私も早く。.そこに行きたい
射程外, ああ…… そうか。じゃあ、少し考えないといけないね
射程外, ひとを殺すのって難しいな
攻撃, ――ねえ。ねえ、教えて?
攻撃, 私に――;《死》を教えて