kimu-lab@Wiki 業績・指導教員


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

業績一覧





所属

公立はこだて未来大学 システム情報科学部 情報アーキテクチャ学科 情報デザインコース 准教授
公立はこだて未来大学大学院 システム情報科学研究科 メディアデザイン領域(博士課程前期・後期)准教授




所属学会

日本デザイン学会 正会員
日本認知科学会 正会員
情報処理学会 正会員




受賞

美馬義亮、木村健一、柳英克、「絵画作成ツール・ThinkingSketch」日本ソフトウエア科学会WISS2001ベストペーパー賞、レクチャ-ノート/ソフトウエア学27巻、p51-62、2001.12
木村健一、秋田純一、戸田真志、SEC、「電子百葉箱システム」、第15回北の生活産業デザインコンペテション、工業デザイン部門銅賞、2002.1
木村健一、「伊藤メンタルクリニック・サイン計画」、北海道サインデザインコンテスト、優秀賞、2002.10




特許

United States Patent
Patent No.: US 7,027,069 B2
Date of Patent: Apr.11,2006
PROGRAM FOR AUTOMATIC PICTURE FORMATION AND STORAGE MEDIUM STORING THE PROGRAM
Inbentors:Yoshiaki Mima Kenichi Kimura
Assignee:SEC Corporation




作品

木村健一、「名取市文化会館NEWS 文化の森②」、アートディレクション、1997.9

木村健一、「宮城工業高等専門学校学校概要1998年度版」、アートディレクション、1998.2

木村健一、「名取市文化会館NEWS 文化の森③」、アートディレクション、1998.2

木村健一、「名取市文化会館NEWS 文化の森④」、アートディレクション、1998.5

木村健一、「名取市文化会館NEWS 文化の森⑤」、アートディレクション、1998.9

木村健一、「宮城工業高等専門学校What's New ①」リーフレット」、アートディレクション、1998.9

木村健一、「みやぎ県民文化創造の祭典実行委員会/名取市文化会館主催:みやぎ県民文化創造の祭典1998 私の街の音楽広場 ポスター」、アートディレクション、1998.10

木村健一、「名取市文化会館主催:名取市文化会館クラシカルシリーズ9 世界一周音楽の旅 ポスター 」、グラフィックデザイン、1998.11

木村健一、「名取市文化会館主催:第2回 名取・突GEKI祭1999 ポスター」、アートディレクション、1999.2

木村健一、「名取市文化会館NEWS 文化の森⑥」、アートディレクション、1999.3

木村健一、「阿部邦利作品集1999」、アートディレクション、1999.3

木村健一、「宮城工業高等専門学校学校概要1999年度版」、アートディレクション、1999.4

木村健一、「名取市文化会館主催:名取市文化会館クラシカルシリーズ8 八嶋博人ヴァイオリンリサイタル ポスター 」、アートディレクション、1998.12

木村健一、「名取市文化会館主催:文化寄席 ポスター 」、アートディレクション、1999.1

木村健一、「名取市文化会館主催:名取市文化会館クラシカルシリーズ10 山形由美&荘村清志デュオリサイタル ポスター 」、グラフィックデザイン、1999.4

木村健一、「名取市文化会館NEWS 文化の森⑦」、アートディレクション、1999.5

木村健一、「葛尾中学校マルチメディア活用研究集録1999」、アートディレクション、1999.9

木村健一、「宮城工業高等専門学校What's New ② リーフレット」、アートディレクション、1999.9

木村健一、学校ネットワーク適正化委員会編「ネットディ実施マニュアル 学校にLAN入しよう教室をインターネットにつなごう」の装丁・本文デザイン、NGS刊、ISBN 4-915112-46-2、1999.9

木村健一、「名取市文化会館NEWS 文化の森⑧」、アートディレクション、1999.10

木村健一、「宮城工業高等専門学校「愛島通信」1999年90号、アートディレクション、1999.10

木村健一、「宮城工業高等専門学校情報デザイン学科リーフレット」、アートディレクション、1999.10

木村健一、「名取市文化会館主催:名取市文化会館クラシカルシリーズ12 渡辺一世&江波有紀デュオリサイタル ポスター 」、グラフィックデザイン、1999.11

木村健一、「名取市文化会館主催:名取市文化会館クラシカルシリーズ13 東京カンマーコーアクリスマスコンサート ポスター」、グラフィックデザイン、1999.12

木村健一、「名取市文化会館主催:名取市文化会館コンサートシリーズ 前田憲男&仙台フィルハーモニー管弦楽団 ポップスコンサート ポスター」、グラフィックデザイン、1999.12

木村健一、「名取市文化会館主催:名取市文化会館クラシカルコンサートシリーズ14 米良美一コンサート ポスター」、グラフィックデザイン、2000.1

木村健一、「名取市文化会館主催:初笑い文化寄席 ポスター」、グラフィックデザイン、2000.1

木村健一、「名取市文化会館NEWS 文化の森⑨」、アートディレクション、2000.2

木村健一、「名取市文化会館主催:第3回 名取・突GEKI祭2000 ポスター」、アートディレクション、2000.1

木村健一、「宮城工業高等専門学校「愛島通信」2000年91号、アートディレクション、2000.3

木村健一、「葛尾中学校マルチメディア活用研究集録2000」、アートディレクション、2000.10

木村健一、上田よし亮著「The Road of Chaos Ⅱ」の装丁デザイン、Aerial Press,Inc.,刊、ISBN 0-942344-23-5、2001.10

木村健一、「伊藤メンタルクリニックVI一式」のデザイン、2002.10

木村健一、FUN MUSEUM BOOKLET-1 「LATEXによる論文作成の手引き」の装丁デザイン、2003.11

木村健一、「公立はこだて未来大学 卒業証書・学位記 一式」グラフィックデザイン、2004.2

木村健一、FUN MUSEUM BOOKLET-2 「LATEXによる論文作成の手引き改訂二版」の装丁デザイン、2004.11

木村健一、FUN MUSEUM BOOKLET-3 「展覧会の手引き 2005年改訂版」の装丁デザイン、2005.1

柳英克、美馬義亮、木村健一、「ThinkingSketch」、デザイン学研究・作品集2004年10号、p40-45、2005.3

木村健一、FUN MUSEUM BOOKLET-4「Squeak Workshop Book 個体発生は系統発生を繰り返す」の装丁デザイン、2005.3

木村健一、FUN MUSEUM BOOKLET-5 高村博之監修「大学数学サポートブック第一版第一刷」の装丁デザイン、2005.3

木村健一、FUN MUSEUM BOOKLET-5 高村博之監修「大学数学サポートブック第二版第一刷」の装丁デザイン、2006.2

木村健一、FUN MUSEUM BOOKLET-7 「LATEXによる論文作成の手引き改訂三版」の装丁デザイン、2006.3

木村健一、秋田純一、戸田真志、南條宏、小野寺則行「電子百葉箱「ウェザーバケット」の開発」、デザイン学研究・作品集2005年11号、pp2-5、2006.3



ワークショップ・展覧会・展示会

木村健一、菊池淳、「せんだいメディアテークプレイベントact02 メディアフェスタ97」http://archive-www.smt.city.sendai.jp/ja/activities/pre_opening_events/mfplan/1997/、主催:仙台市教育委員会生涯学習課、於:仙台市戦災復興記念館・仙台市視聴覚教材センター、1997.3/22

桂英史、木村健一、菊地淳、安斎利洋・中村理恵子(連芸座)、「ワークショップ 同時多発性 連想 記録 大実験 青葉連画」、主催:仙台市教育委員会生涯学習課、於:NTTメホラ、1997.3/22

木村健一、美馬義亮、「ThinkingSketchワークショップ」、主催:福島学院短期大学、9/13-14、2001

美馬義亮、木村健一、「思考のデッサンツール」、ITX2001(東京ドーム・プリズムホール)、主催:情報処理振興事業協会、2001.11

柳英克、木村健一、美馬義亮、「ThinkingSketch 展」、主催:せんだいメディアテーク、12/21-26、2001

木村健一、美馬義亮、柳英克、「ThinkingSketchワークショップ」、主催:せんだいメディアテーク、12/21、2001

美馬義亮、木村健一、柳英克、「Screen jack 02 ThinkingSketch Night」、主催:せんだいメディアテーク、12/22-26、2001

柳英克、美馬義亮、木村健一 「ThinkingSketch常設展示」、SKIPCITY(県立彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム:川口市)2003.2-2004.3

木村健一、美馬義亮、柳英克、「25 Artists Exhibition @CAMP」ThinkingSketch Workshop(大川センター:京都府)、主催:大川センターCAMP、9/15、2003

美馬義亮、木村健一、柳英克、「思考のデッサンツールThinkingSketch」、IPX2003Autumn(東京フォーラム)、主催:情報処理振興事業協会、9/28-29、2003

美馬義亮、木村健一、柳英克、「思考のデッサンツールThinkingSketch」第16回ビジネスEXPO未来大学ブース(札幌市)、11/15-16、2003

美馬義亮、柳英克、木村健一、「ThinkingSketch Project展」、主催:金沢21世紀美術館、9/2-10/9、2006


掲載記事

木村健一、「大学が変えていくデザイナー像 新設だからこそできる挑戦」、にっけいデザイン、7月号、2000

木村健一、山本敏雄、「Macのある学校へ行こう! 充実した環境ではこだての未来を担う」、MacFan8.1号、2000

木村健一、「「子供たちに科学の本質を」全国各地の気象データと風景をネットで」、函館新聞、9/20、2000

木村健一、「各地の気象情報ネットで提供!小中学生らの教材用に」、読売新聞北海道版、10/14、2000

木村健一、美馬義亮、「コンピュータで「思考のデッサン」解析」、北海道新聞道南圏版、10/18、2000

美馬義亮、木村健一「新しい世紀へそれぞれの舞台で3 ソフト開発の天才 函館から発信する”最先端”」、北海道新聞第二社会面、12/18、2000

木村健一、「木村健一助教授の「思考のデッサンツール」、毎日新聞北海道版「羽ばたく2年目迎えた未来大学」欄、4/16、2001

木村健一、「インターネット時代の教材をボランティアで開発する」、朝日新聞全国版「悠・遊・人」欄、6/17、2001
http://www.ne.jp/asahi/aoyagi/sky/hito15.htm

木村健一、「メンタルクリニックをデザインする」、メディカルはこだて、5月号、2002

美馬義亮、木村健一、柳英克、「ソフト「アートゲノム」開発 今年度未踏ソフトに採択」、函館新聞、8/10、2001

木村健一、「気象観測小型で安く ネット活用電子百葉箱 はこだて未来大学企業と共同開発 中学校で実験」、北海道新聞、1/5、2002

木村健一、山田誠、第108回はこだて丸っこ語りつくし交差点「もの作り、科学はおもしろい」、財団法人函館市文化・スポーツ振興財団、ステップアップVol.162、2002.9

木村健一、「ゲーム、防災に応用 複数のマウスが動くソフト開発」、東京新聞夕刊第5面、2006.11.27 中日新聞、北陸中日新聞にも配信

木村健一、「バスケ戦術立案IT化 一画面にマウス10個同時操作」、日刊工業新聞1面、2006.12.18

木村健一、「マウス10個パソコンでバスケ はこだて未来大学が共同開発」、北海道新聞第2社会面、1007.2.22


講演

木村健一、「インターネットは本当に儲かるのか」、デザインセミナー、於:函館国際ホテル2階青柳の間、主催:函館市・財団法人テクノポリス函館技術振興協会、3/1、2000

滝口直樹、中川一史、木村健一、「Macによるコンピュータ教育の未来と実像」、MacWorld Tokyo 2001コンファレンス、2/23、2001

木村健一、「情報デザイン(情報化社会における広報技術)」、建設技術交流促進フォーラム2001in函館、於:ホテル函館ロイヤルクィーンホール、主催:北海道函館土木現業所、3/1、2001

吉崎正弘、加藤斉、高瀬義昌、美馬のゆり、木村健一、「第一回未来フォーラム@FUN「私たちの暮しとIT」」、於:未来大学講堂、7/7、2001

木村健一、「情報化社会における学校教育のあり方」、平成13年度情報教育研修講座、主催:函館市南北海道教育センター、8/31、2001

木村健一、「情報デザインが開くオホーツクのアートマネージメント」(於:網走観光ホテル)、オホーツクデザインシンポジウム2001、主催:オホーツクテクノプラザ、10/5.6、2001

木村健一、「未来の学校へようこそ」、第27次上磯町教育研究集会(上磯町文化センター)、主催:上磯町教育研究所、上磯町教育委員会、10/26、2001

木村健一、「地域産業の発展における企業と大学のかかわり方」、はこだてITパビリオン2001(於:函館国際ホテル)、主催:NTT、11/20、2001

岡田新一、木村健一、白井朝子、外山茂樹、星野裕、「未来につなぐまちづくり」シンポジウム、第15回地域振興フォーラム(於:金森ホール)、主催:函館市、他、12/1、2001

木村健一、「新設大学設立の内容と地域経済に及ぼす影響」、「街づくりセミナー」(於:とかちプラザ)、主催:AGE研究所、12/12、2001

木村健一、「最近のデジタル・アートについて」、特別講演会(於:福島テルサ)、主催:福島大学地域創造支援センター、12/14、2001

木村健一、「共に考えよう函館のまちづくり」、講演(於:サンリフレ函館)、主催:函館からトラスト事務局、北海道宅地建物取引業協会函館支部、3/23、2002

木村健一、「非整備環境に対応する気象観測機WeatherBucketの開発」、講演(「ユビキタス情報技術紹介セミナーin函館」於:函館ロイヤルホテル カーネギーホール)、主催:独立行政法人産業技術総合研究所、共催:公立はこだて未来大学、道立工業技術センター)、1/6、2005

木村健一、「メタ認知的学習プロセスによる熟達過程の支援」、講演(「情報処理学会北陸支部研究講演会」於:金沢大学工学部秀峯会館1階中会議室)、主催:情報処理学会北陸支部、2/23,2005

木村健一、「情報をデザイン(設計)する学び」、招待講演(CIEC第58回研究会、立命館大学びわこ草津キャンパスアクロスウィング)、主催:コンピュータ利用教育協議会、12/3、2005

木村健一、「ThinkingSketchプロジェクト」、情報デザイン学概論II、多摩美術大学情報デザイン学科、11/13.2006


研究補助金

文部科学省教育コンテンツ開発事業「広域定点観測網実証プロジェクト」、酒井創、渡辺昌邦、遠藤仁、渡辺景子、篠田伸夫、木村健一ら、研究期間:2000.8~2001.3

未踏ソフトウエア創造事業、美馬義亮、木村健一、ThinkingSketch、研究期間:2000.10~2001.3

科学研究補助金・萌芽的研究 、木村健一、美馬義亮、西野由希子、人工知能による絵画表現の現状と将来像、課題番号13871007、研究期間:2001~2003

未踏ソフトウエア創造事業、美馬義亮、木村健一、柳英克、アートゲノムプロジェクト、研究期間:2001.6~2002.3

科学研究補助金・特定領域研究(A)、木村健一、岡本誠、柳英克、刑部育子、デジタルポートフォリオを活用した大学の情報デザイン教育カリキュラムの開発、課題番号13020329、研究期間:2001

通信・放送機構「先進技術型助成申請(産学連携枠)」、SEC、木村健一、秋田純一など、「ユビキタス・センシングによる環境情報モニタリングシステムの研究開発」、2003.2、研究期間:2003.4~2005.3

財団法人シップ・アンド・オーシャン財団「重点研究開発補助金」、函館造船工業協同組合、函館工業高等専門学校、北海道立工業技術センター、海上技術安全研究所、木村健一、戸田真志ら「IT技術を利用した総合的塗装飛沫飛散防止システムの開発」、2004.7、研究期間:2004.8~2006.3

科学研究補助金・基盤研究(B)、伊藤精英、佐々木正人、Stoffregen、塩瀬隆之、木村健一、三木信弘、日常生活における事象音の認知に関する基礎的研究:「生活聴力」概念の提唱に向けて、2006.6、研究期間2006~2008



報告

美馬義亮、木村健一、「芸術分野における内省ツールThinkingSketch」、日本認知科学会第18回大会発表論文集、p246-247、2001.6

刑部育子、美馬のゆり、「アトリエ環境における学び-木村実践に見るリフレクション」、日本認知科学会第18回大会発表論文集、p234-235、2001.6

木村健一、美馬義亮、柳英克、「芸術のためのプログラミング」、夏のプログラミングシンポジウム報告書、p49-56、2001.8

木村健一、美馬義亮、柳英克、「あなたも楽しくリフレクション」、日本デザイン学会第48回研究発表大会概要集, p344-3345,2001.10

美馬義亮、木村健一、柳英克、「リフレクションのための自動デッサンツール ThinkingSketch」、第17回NICOGRAPH論文集、p161-166、2001.11

Mima Yoshiaki,Kimura Kenichi,"ThinkingSketch A reflection tool for drawing picture on computer",Inernational Symposium on Design Science(ADC2001),2001

刑部育子、木村健一 「デジタルポートフォリオを活用した大学の情報デザイン教育カリキュラムの開発」, 平成13年度科学研究費補助金特定領域研究(A)公募研究3「高等教育改革に資するマルチメディアの高度利用に関する研究」研究成果報告書(研究代表者:坂元昂), p59-64.2002

伊藤精英・刑部育子・木村健一・戸田真志・長崎健・川嶋稔夫.「低視力者の屋内wayfindingを支援するサインシステム開発に関する基礎的研究」、ヒューマンインタフェースシンポジウム2002, p491-494, 2002.

秋田純一・戸田真志・木村健一・小野寺則行・原田茂芳, 「産学連携による電子百葉箱開発プロジェクト ecopicNET」、情報処理北海道シンポジウム2002、p23-25,2002.4.

木村健一、美馬義亮、柳英克、「絵画作成ツールThinkingSketchの展開」、デザイン学会第49回研究発表大会概要集、p66-67、2002.10

横山美紀,木村健一,戸田真志,松原知代子,高山貴裕、 会話活動の可視化-会話のデッサンツールのための基礎的研究,日本デザイン学会第49回研究発表大会概要集, p364-365,2002.10

木村健一、秋田純一、戸田真志、「地域型電子百葉箱開発プロジェクトecopicNET」,SPER2002 教育と地域の情報化を考えるシンポジウム予稿集、p65-66、2002.12

木村健一、秋田純一、戸田真志、「地域展開型の電子百葉箱システム」、日本教育工学会・冬の合宿研究会予稿集、p48-51、2003.2

横山美紀、木村健一、「異文化体験のためのシミュレーションゲーム「バーンガ」情報表現への展開」、日本認知科学会第20回大会発表論文集、p376-377、2003.6

船戸大輔、木村健一、「インターネット上における「アトリエ的学びの場」の提案」、PCカンファレンス北海道2003論文集、p32-35、2003.10

八尾彬子、木村健一、「子どもの造形表現を支援する新しい「お絵かきソフト」の開発」、PCカンファレンス北海道2003論文集、p38-41、2003.10

Masashi Toda, Jun-ichi Akita, and Ken-ichi Kimura, "Construction of Ubiquitous Weather Observation System", Proc. of The 7th World Multiconference on Systemics,Cybernetics and Informatics(SCI2003),2003

Mima Yoshiaki,Kimura Kenichi,Yanagi Toshikatu,"The ThinkingSketch A Proposal for Creation Supporting",p158-175,Hierachies of Communication ,An inter-institutional and international symposium on aspwcts of communication on diffeerent scales and levwls ,ZKM-Center for Art and Media,2003

Hillel Weintraub,Miki Yokoyama , Kenichi Kimura,Masahi Toda ,"Designing Engaging and Meaningful Learning Environments with New Media:combining on-line bbs experiences with multi-sensual reflective conversation", p139,World Conference on Educational Multimedeia,Hypermedia & Telecommunications(ED-MEDIA2003).2003

八尾彬子、美馬義亮、木村健一「子どもの造形表現を支援する新しい「お絵かきソフト」の開発」、第45回プログラミングシンポジウム、p107-114,2004.1

船戸大輔、木村健一、「インターネットにおける「アトリエ的学びの場」の提案」、デザイン学会第51回研究発表大会概要集、p44-45、2004.6

木村健一、羽佐田恵、久留利愛弓、「DIY型ワークショップの提案」、デザイン学会第51回研究発表大会概要集、p52-53、2004.6

船戸大輔、木村健一、「インターネット上における「アトリエ的学びの場」の提案」、Design Symposium 2004講演論文集、p135-138、2004.7

Jun-ichi Akita, Masashi Toda,and Ken-ichi Kimura,"Handy Meteorological Observation Sysstem for Hands-on Study,Proc. of The 8th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics(SCI2004),2004

Junichi Akita, Kiyohide Ito, Ikuko Gyobu, Ken-ichi Kimura, Ayumi Mihara, Ryo Mizuno, Jun-ichi Nakakoji, and Keisuke Yanagihara "Dynamic Lighting Sign System for Way-Finding by People with Low Vision" , Proc. of 9th International Conference on Computers Helping People with Special Needs
(ICCHP 2004).2004

Miki Yokoyama,Kenichi Kimura,Masashi Toda,Chiyoko Matsubara "Integration of Online and Off-Line Activities for Learning of Foreign Languages and Cultures" ,Language on the Edge ISBN1-930785-23-2,p117-130,2004

長内理子、戸田真志、新美礼彦、木村健一、秋田純一、小西修、「教育用定点気象観測データのための天気分類アルゴリズム、電子情報通信学会教育工学研究会論文集、 、2005.3

石川淳子、木村健一、美馬のゆり、「リフレクション活動による調理熟達化支援」、デザイン学会第52回研究発表大会概要集、p8-9、2005.6

澁谷智志、木村健一、「作曲熟達過程を支援するシステムの提案」、デザイン学会第52回研究発表大会概要集、p14-15、2005.6

長谷隆広、木村健一、「自然観察における経験を生かした総合的な学びの支援」、ザイン学会第52回研究発表大会概要集、p40-41、2005.6

木村健一、「地域社会とIT 手作りキットから生まれた電子百葉箱システム」、情報処理Vol.46No.9-2005年9月号、p1062-1065、2005.9

戸田真志, 秋田純一, 中野義勝, 森山徹, 木村健一, 「定点カメラを用いたサンゴ成長過程の長時間モニタリング」,日本サンゴ礁学会第8回大会講演要旨集, pp.78, 2005.11

岡本誠、木村健一、「シナリオを用いた情報デザイン」、デザイン学研究特集号「見る・聞くシステムと情報デザイン」第13巻3号通巻51号、pp72-73、2006.3

澁谷智志、木村健一、関幸江、P06「バスケットボールにけるフォーメーション学習支援ツールの開発」、デザイン学会第53回研究発表大会概要集、p366-367、2006.6

澁谷智志、木村健一、関幸江、Q-25「MetaBoardフォーメーション学習支援ツール」、日本認知科学会第23回大会発表論文集、p256-257、2006.8

船戸大輔、木村健一、「メタアトリエ・市民芸術創出のためのオンライン美術館」、ポスターセッション、2006函館アカデミックフォーラム、【函館電子(株)賞】2006.11

船戸大輔、木村健一、「アートゲノムスクリプトによる絵画技能熟達支援ツール「MetaAtelier」の提案」、情報処理学会北海道シンポジウム2006、ポスターセッション、2006.10

澁谷智志、山本佐恵 、関幸江、木村健一、「バスケ戦術立案を支援するソフト「メタボード」」、インタラクティブセッション、アキバテクノクラブ レビュー&プロモーション、2007.3

船戸大輔、木村健一、「絵画メタデータの共有による作画支援ツール「KIRIE」の提案」、インタラクティブセッション【査読付き】、インタラクション2007、2007.3



学会及び社会における活動等

函館市都市景観審議会条例検証部会委員 2000.4~2002.10
函館市都市景観審議会デザイン専門部会委員 2000.10~2001.8
函館市生活交通協議会委員 2001.6~現在
函館市生活交通協議会ワーキンググループ委員 2001.6~現在
財団法人北海道東北地域経済総合研究所客員研究員 2001.7~2002.3
函館市観光基本計画策定検討委員 2003.8~2004.7
道立四季の杜公園利用者協議会副委員長 2004.2~現在
函館市緑のパートナーシップ会議委員 2004.2~現在
函館市パブリックアート委員会委員 2004.8~現在
函館市中央図書館マスコットマーク選考委員会委員長 2005.2.1
はこだてまちづくり市民会議第3部会委員長 2005.6~2005.12
道南圏道立都市公園等指定管理者候補者選定委員会委員 2005.8~2005.12


備考:上記リストは国立宮城工業高等専門学校在籍時と2000年4月以降の公立はこだて未来大学での業績である。




略歴

1957.6 宮城県涌谷町生まれ
1982.3 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
1982.4 ぴあ編集部美術担当記者
1986.4 東京システムデザイン研究所研究員
1989.4 東北工科情報専門学校環境デザイン学科長
1994.4 国立宮城工業高等専門学校情報デザイン学科助教授
2000.4 公立はこだて未来大学システム情報科学部助教授
2007.4 公立はこだて未来大学システム情報科学部准教授