※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボールを取ってみよう


ボールを投げたら,取らないといけません.
実はタッチフットでは取るほうが大切です.
パスを投げるのはQB(ポジションの名前)一人ができればいいですが,パスを取るのは全員だからです
特に初心者は、パスを取る練習からしましょう。

[1]ボールを取る手のかたち


ボールの取り方の続き。

ボールは、とがったところを先頭にして飛んできます。
両手で、その形を作って、そこに飛び込んでくるのを待つようにして取ります。
ドッジボールのように飛んできたのをバンとつかむのではなく、構えているところにスポッと入ってくるようにとります。
まずボールを持って取った瞬間の形をやってみましょう。

自分の胸より高い球は、両手の親指をくっつけ、人差し指の延長とで三角形が出来るようにして形を作ります。
ちゃんとボールの形を作ると、手のひらは内側を向いて向き合うはずです。
手のひらがキャッチボール相手を向いているのはだめです。
ひじをあんまり張らずに、こころもち脇をしめたほうが自然な形になります。

逆に腰より低い球は、小指の先をくっつけ、小指と手のひらの側面(チョップであたるところ)で、欠けた丸を作ります。
ボールが入る形にすると、親指が相手の方向こころもち下向き、くらいになります。

注意すること。
ドッジボールのように胸に当てて抱きしめるようにボールを取ってはいけません。
アメフトのボールは丸くないので、この取り方はうまくいきません。
とがった先が胸にあたると、つきささったように痛いです。
それに、ドッジボールどりは実は真正面から来た球しか取ることができません。
あとで言うように、アメフトでは、横向きにボールを取るのがとても大切なのです。

[2]それた球の取り方


取り方が分かったところで、キャッチボールしてみましょう。
ボールを投げる、ボールを取る。
ゆっくりしたペースでいいので、しっかり握ってから投げ、丁寧に取りましょう。

最初は下手どうしがやるものなので、コントロールが定まらずそれると思います。
それた球はもちろん回り込んで取るのが正しいのですが、体からそれた球をとるテクニックは実戦でも役に立ちます。

やはり基本は、ボールの形を先に作って、そこにボールがはまり込んでくるようにすることです。
高い球は簡単、手を伸ばせばいいですね。

次、横の球は、そのまま手を倒すように回転させるように横に出します。
手は横向きになります。
下になったほうの脇をしめるようにすると楽になります。

[3]ぐねぐね球の取り方


本来、ぐねぐね球は、ないはずなんですが、プロでもないんで試合でも飛んできてしまいます。

ぐねぐね球は取りにくいですが、スピードも死んでいるので、良く見て取りましょう。
このときは、手を開き気味にし、ある瞬間ぺったりと片方の手のひらにあてて、その後やわらかくショックを吸収します。

突き指は、ばからしいので、とにかくやわらかくとることです。
それで取れなければ、投げたほうが悪いです。(^^)