夏侯淵 > コメント

  • 統率と武力は高いが知力が低い。弩兵ならまだ良いが、騎兵なら軍師を同行させよう。
    急襲は正直微妙な特技。加えて弩兵にはあまり意味が無い。連戦との相性は良い。 -- (名無しさん) 2010-02-10 05:28:58
  • 確かに急襲が得意だったけど、その急襲の効果がねえ……イメージ的に疾走か弓将だと思うのだが……。 -- (名無しさん) 2010-02-10 05:35:11
  • 曹操陣営には射手持ちが多いので、そいつらと組ませて弩兵にするのが合理的だろう。
    ただ、(厳密に調べた訳ではないが)曹操自体が北方勢力に該当し、騎兵の得意な武将が比較的多いため、
    研究面で弩兵を優先してまでのバリバリの主力か、と問われると、微妙なところであろう。 -- (名無しさん) 2010-02-10 10:18:07
  • 魏の武将の特技は総じて残念、五将軍の特技とか微妙すぎる。楽進が良いぐらい。 -- (名無しさん) 2010-02-21 12:27:39
  • 特技:急襲よりは、特技:強行の方がらしいと思える
    「三日で五百里、六日で千里」と言われたくらいだし -- (名無しさん) 2010-02-24 16:58:24
  • 統率、武力ともに素晴らしいものがある。イメージから弩兵を率いることが多いかもしれない。
    しかし、弩兵は基本的に反撃を受けない。ここは弓神、連戦を与えるか、騎兵を率いさせるかしよう。
    寿命が長く、不自然死なのでけっこうの間前線で頑張ってくれる。
    親愛武将が5人いて、しかもほとんど軍人系。弩兵の援護射撃を期待するのも手。 -- (名無しさん) 2010-03-13 23:23:48
  • 騎射が必ずクリティカルヒットする白馬ってのもイメージには似てるかも -- (D) 2010-04-25 22:49:31
  • 個人的には性格剛胆がしっくりこない -- (名無しさん) 2010-09-08 22:28:44
  • 特技は確かに一見ぱっとしないが、防御力に劣る騎兵だと地味だがそれなりに有難い特技なので、騎兵で出す機会が多いなら上書きする前によく考えたほうがいい。
    逆に弩兵主体でいくなら正直ほぼ役に立たない特技なのでさっさと別の特技に上書きしてしまって良い。
    もっとも彼の場合無理に特技を書き換えずとも素の能力の高さだけで充分活躍は見込めるが。 -- (名無しさん) 2010-09-17 15:44:04
  • 特技を補佐に変えるのも悪くないかも
    騎射も弓のどちらを率いさせても支援攻撃狙えるしね -- (名無しさん) 2010-10-09 13:21:20
  • 弓に関しては何か隠し補正でもあるのかと疑いたくなるほど強力。
    折角なので弓神にでも書き換えて、射手と組ませたほうがいいのかも。
    そういえば曹魏には射手は居ても弓の名将がいないんだよね。 -- (名無しさん) 2010-10-16 18:01:39
  • 急襲を持っていても応射を防ぐ事は出来ない。 -- (名無しさん) 2011-03-22 19:09:02
  • ↑は勘違いです。やっぱり応射も防ぎます。そういう訳で弩兵でも一応意味はある特技。
    乱射で弩兵を攻撃する時、彼がいると被害が少なくて済む。 -- (名無しさん) 2011-03-22 19:17:21
  • 蜀贔屓を無くそうと思うのなら特技を弓神か弓将に変更することをお勧めする。
    もっとも、特技なしでも十分強いが。 -- (名無しさん) 2011-03-25 21:37:58
  • 敵としては通常シナリオもさることながら、決戦制覇で猛威を奮う
    vs曹操軍戦でのこの男の乱射は非常に痛い -- (名無しさん) 2011-04-01 11:12:35
  • 魏の弓適性Sは他に曹休ぐらいしかおらず非常に重宝する存在。
    並み居る魏の将の中でもトップクラスの活躍が見込めるだろう。 -- (名無しさん) 2011-05-05 18:55:48
  • ↑×6逆に蜀は弓神や弓将がいても射手がいないんだよね。
    射手は能力研究でも付けられないしそれが本当に残念。 -- (名無しさん) 2011-05-05 20:01:56
  • 弓神か弓将に特技を変更して射手持ちの曹丕と組ませると死角が無くなる。 -- (名無しさん) 2011-05-21 06:04:17
  • 正史みればわかるが、弓が特に優れていたとも、頭がよくなかったとも書かれていない。正史の記述をみると統率力と知力はもっと高くてもよい。特技は行軍が最も史実にあう。 -- (名無しさん) 2011-07-29 20:29:16
  • 頭が良かったともかかれてないから知力はむしろ高いほう。
    むしろ正史からすると、統率が過大 -- (名無しさん) 2011-07-30 04:09:13
  • 武将編集で弓神にしても良いかもよ? -- (神速戦法) 2011-08-09 21:20:54
  • 特技は微妙だが、射手持ちは曹操軍が独占してるうえに、戦闘向きの親愛武将も多い。
    そのため、黄忠とは違った強さを発揮できる武将である。 -- (名無しさん) 2011-11-12 18:41:57
  • 無双系より、こっちのほうが良い。 -- (李翼丘) 2012-03-13 16:16:34
  • 演技では焦って飛び出したとこを斬り殺されているが、史実では囲まれた味方を助けるために勇敢な最後をとげたそうだが... -- (名無しさん) 2012-03-21 18:57:54
  • 主力を回してもらったにもかかわらず張合βの陣が崩れたせいだよなぁ
    特技を二つ持てるなら是非「運搬」がほしかったところだ。能力はほぼ死ぬけど -- (名無しさん) 2012-03-21 22:53:48
  • しかし、惜しい
    有能な逸話のある息子は、
    悉く夭折しているんですよねぇ…(-.-) -- (李翼丘) 2012-03-22 00:16:32
  • ↑間違ったコメントすんなks -- (名無しさん) 2012-07-12 23:19:49
  • 三男と五男の事ですな
    悉くではないが惜しいのは確か
    -- (名無しさん) 2012-07-30 14:55:12
  • 自演乙 -- (麟華死ね) 2012-07-30 17:19:22
  • 又出たか…
    しかし 夏侯淵の子供って何人中何人でてったけ? -- (名無しさん) 2012-09-11 17:33:27
  • ゴメン変なこと書いた上に書いてあったわ -- (名無しさん) 2012-09-11 17:35:58
  • 初期は曹休と中期は呂度と
    そして後期は曹丕と組ませると全年代で一線級
    森の多い地域の守備に(初期の袁術をボッコに) -- (名無しさん) 2012-09-14 12:54:38
  • んーせめて弓将にしてほしかったなぁ。急襲かぁ -- (名無しさん) 2014-08-03 17:52:54
  • まぁ強行か急襲だろうなあエピソード的に
    連戦とか特技習得近ければな -- (名無しさん) 2015-01-26 06:30:34
  • じじいに負けた三流武将
    そのくせ能力値はシリーズでも総じて高いえこひいき武将w -- (名無しさん) 2017-08-01 23:39:11
  • 旗揚げから付き従い漢中までまかされる男がえこひいきなわけないだろカス。弓でんでんはまぁ得意な武器なだけで夏侯淵と言えばやっぱり奇襲急襲だろう。ただこのゲームでは混乱させて殴れば反撃ないし弩で間接攻撃も反撃くらわないしな。正直かなり特技としては見劣りする。最低でも疾走と組ませるべきだわなやっぱり -- (名無しさん) 2017-08-02 05:06:48
  • 本人見てるかわからんけど、「弓でんでん」の部分、多分「云々」と書きたかったんだろうが、これは「うんぬん」と読みます。

    進軍の早さが讃えられてた資料もあるし、歴戦の名将であったことは間違いない。
    夏侯淵が弱かったといよりは、黄忠が一歩上手だったってことじゃないかな。 -- (名無しさん) 2017-08-05 08:16:42
  • ↑あんた空気読めないというかシャレの通じない人ってよくいわれないか?w
    このゲームでは急襲が弱すぎるだけで特技としては合ってるとおもう -- (名無しさん) 2017-08-05 08:43:32
  • ↑「弓でんでんは洒落」って発言がシャレてるねぇw -- (座布団一枚!) 2017-08-08 20:07:14

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.