郭淮 > コメント

  • 魏が誇る不屈の名将の一人。敵に回すととても厄介。
    統+武+知17位の能力は立派。とは言え、ややパンチに欠けるので魏軍では副将や守備隊に回されガチ。
    ピンでも弱点の無い優秀な盾役だが、欲を言えば武力を補いたい。不屈はあくまで保険なので当てにしない事。 -- (名無しさん) 2010-05-19 14:35:43
  • 地味だけど魏の名将の一人。列伝を見ると、補佐が相応しい感じを受ける。 -- (名無しさん) 2010-05-19 15:49:37
  • 能力、適正、特技の件でなんか郝昭とかぶるイメージがある。
    歳も近いし、顔グラもどことなく似てるような気が……しないでもない。 -- (名無しさん) 2010-09-09 01:03:25
  • 無双に出てきたものの得意武器はこのゲームにおいて最低適正である弩
    無双効果で弩に補正が付きそうな気が -- (名無しさん) 2010-11-29 20:21:52
  • 夏侯覇との間に嫌悪設定ないのね -- (名無しさん) 2011-04-12 23:08:28
  • 政治もわりと高いので前線で戦いながら内政も可能。
    全てのステが75以上なので何でもできる。
    寿命も長いので大事にしたい。 -- (名無しさん) 2011-04-20 14:17:58
  • 能力にまったく穴が無く、最悪単独でも盾役として出陣できる安心感は大きい。
    寿命も長いのでS7でも統一まで完走できるだろう。 -- (名無しさん) 2011-06-25 20:31:58
  • S2あたりの早い年代で始めると登場するころにはすでに主力武将が揃っていてあまり日の目は見ないかも
    逆にS4の袁紹で始めるとカクショウと並んでかなりありがたみを感じる、特に高難易度だと戦力をそろえる間に生え抜きの名将良将の寿命が迫る
    さらに難易度補正+ゲームを通しての最高クラスの名将が揃う曹操軍相手にはどうしても使ってわざるを得ない
    郭淮が好きな人にはオススメのシナリオである
    -- (名無しさん) 2011-08-09 23:54:12
  • 史実仕様なんだろうけど、史書を読むと統率87は過大に過ぎる感がある。まあ主観ですけど
    親愛関係を活かすなら、弩兵を率いる¥の盾役がいいかと。 -- (名無しさん) 2011-08-11 21:54:17
  • 「過大に過ぎる」って言葉おかしいなw すまない -- (名無しさん) 2011-08-11 21:55:03
  • 郭淮の統率87が課題なら姜維の90は論外になると思うが -- ( ) 2012-01-24 02:48:18
  • 第四次北伐の時の司馬懿は天候と郭淮に救われたようなもん -- (名無しさん) 2012-03-18 01:15:15
  • カク昭にも言えるが能力的に副将なしで出られるので補佐を付けると良い気がする。不屈は書き換えても全く惜しくない特技でもあるので。 -- (名無し) 2013-01-23 01:47:32
  • 弩適正Cの武将に補佐はちょっともったいないかな?良い隠し技能が出るまで待つのも一つの手でしょう。 -- (名無しさん) 2013-01-23 13:32:34
  • 姜維には勝てるが魏延には負ける能力値のはず…あれ? -- (名無しさん) 2014-04-29 19:36:10
  • 真三国無双シリーズは、イケメン郭淮だぜ! -- (grbity) 2016-11-19 06:50:19
  • あれ? 今更だけど、どうしてこの人自然死なの? 戦死だから不自然死じゃないの? 255年なんかゲーム終了だから、今迄気にしなかったが。 -- (名無しさん) 2017-01-18 20:34:22
  • 正史では自然死のはず -- (名無しさん) 2017-01-19 19:18:10

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.