みんなの新武将 > モンゴル > コメント

  • あまり詳しくないんだけど、チンギスハーンって兵器Sになるような逸話あったっけ? -- (名無しさん) 2011-10-12 00:24:23
  • ↑チンギス・ハーン率いるモンゴル軍は、当初は城塞都市の攻城には不慣れでしたが、
    戦った相手(西夏・金・イスラム)から攻城技術を吸収していき、
    工兵や攻城兵器を駆使して金や中央アジアの諸都市を征服していっています。 -- (名無しさん) 2011-10-12 01:41:38
  • 個人的な話で、申し訳ないのですが、
    決戦シリーズで、他の群雄伝が見たく、
    書かしていただきました。
    ぜひとも「帝国伝」と称するものなどを
    三国時代以外もプレイしたく思い、
    ここにお願い申し上げます。
    {他の閲覧の皆様、長文となってしまったこと
    心よりお詫び申し上げます。}

    我等の「コーエー」は、
    永久に不滅です!! -- (コーエー様ヘ 敬具) 2012-03-06 02:02:36
  • すいません↑ 場所間違えました。 -- (孔さん) 2012-03-06 02:58:20
  • チンギス・カンが過大評価に感じたのでいくらか修正しました。
    -- (名無しさん) 2013-05-30 20:39:07
  • モンゴル強すぎじゃね?チンギスは分かるけど -- (名無しさん) 2013-06-27 03:00:37
  • ↑13世紀のモンゴルが実際に強すぎるわけで。
    遠征軍を率いた前線指揮官が弱かったら、あれだけの版図拡大はできないと思う。
    現時点でこの頁に載ってないけどボオルチュとかバトゥとか、他にも「強すぎ」といえる名将がモンゴルには揃ってますし。

    でも、チンギス・ハーンの存在が大きすぎて、有能な配下達がその影に隠れるように感じるのは否めないかも… -- (名無しさん) 2013-06-27 06:25:44
  • 後漢の劉秀みたいなもんで前人未到な事を国家単位でやると
    これくらいの能力や部下が居て当然なんだろ -- (名無しさん) 2013-06-27 11:19:44
  • ↑4の者です。チンギス・カンが再び編修されたようですが
    編修した方やモンゴルに詳しい方に質問です。私は以前、武力
    等を下方修正しました。統率が100なのは大いに納得出来るのですが、
    武力は100に値する程のエピソードや武術の持ち主なのでしょうか?

    いくらかネットで調べましたが、彼個人の武勇に関してはあまり記述が
    見当たりませんでした。詳しく知っている方や再度修正された方、よろしければ教えてください。 -- (名無しさん) 2013-06-27 18:23:44
  • 参考までにチンギス・ハーンがIXの古武将で登場した時は、統率100 武力92 知力86 政治73。
    それを踏まえると、個人的には少し下げてもいいかなと思う。
    ただ、編集履歴見ると即座に元の数値に差し戻されてるようだし、その後に荒らしっぽい更新もあったから静観しておくのも手かもしれない。
    自分の評価と違う評価をする人もいることを理解しておかないと、後漢の時みたいに編集合戦に発展しかねないので…。 -- (名無しさん) 2013-06-28 17:54:51
  • 後漢の劉秀って言うほど前人未到か?
    いや当時で言えばそうかもしれないが -- (名無しさん) 2017-01-10 13:54:00
  • ↑百戦近くして一敗だけとか100万(おそらく誇張)の敵に五千で勝利とかしかも自身が突撃の先頭。戦闘では最強クラスじゃね? -- (名無しさん) 2017-01-12 04:28:50
  • いや強くて優秀、中華有数の皇帝なのは確かだと思うけど、前人未到と言われるとちょっとな
    諸葛亮も韓信、周勃、張良、陳平を劉秀に並ぶ存在としてあげてるし
    -- (名無しさん) 2017-01-12 15:05:47
  • ↑2 昆陽の戦いに関しては、匈奴や赤眉に連敗していた新が云十万もの大軍を編成できるとは思えないし、
    百戦して一敗だけというのも、呼都而戸単于との対決から逃げ続けた結果だから、最強クラスというのは何か違う気がする。
    勿論、勝てない相手とは戦わないというのも立派な戦略だとは思うけど、個人的には冒頓の再来とのガチバトルが見たかったな。 -- (名無しさん) 2017-01-12 21:27:15
  • ↑2 諸葛亮が三傑達と並ぶと言ったのは劉秀の家臣達のことであって、劉秀自身じゃないよ。
    その上で劉邦より劉秀の方が優秀だったから、部下達の活躍が華々しいものにならなかったというのが孔明の意見。

    ↑昆陽での新軍は実数40万程度というのは、中国史の研究者も概ね認めてることだし、
    中華の帝国が北方民族に勝てたのは国力が有り余ってる時が殆どだから、それはどうしようもない。

    てゆーか、4年も前のコメントで今更議論かよ。 -- (名無しさん) 2017-01-12 22:49:25
  • まあこのサイトじゃわりとよくある。特に劉秀は他のサイトでもよく議論に上がるから。昆陽は40倍の戦いか、日本の桶狭間は確か一番多い兵力差で20倍くらいだっけか -- (名無しさん) 2017-01-13 07:36:31
  • その兵力差40倍で勝つ劉秀も、遊牧民の軍隊が相手だと手も足も出ない。
    モンゴル帝国がユーラシアを制したのも当然だな。 -- (名無しさん) 2017-01-13 18:53:50
  • 劉秀自身は統一の最中に於夫羅のような匈奴の部隊と戦った時も勝ってますよ。
    統一後は遠征するだけの国力が無かったため、対処療法的な防衛と焦土作戦に留めてますけどね。
    それに遊牧民族の軍隊が強かったのは事実ですが、彼らの最大の強みはその定住しない生活様式ですよ。
    滅ぼすことは不可能に近く、大打撃を与えようとするだけで莫大な軍費が必要となりますから。
    幼い頃から過酷な環境で育っているため、困窮した状況での忍耐力も漢民族より強いですしね。

    後は歴代中華帝国の内部的要因が大きいと思います。遊牧民族が優勢だったりしてる時って
    中華の国が内乱で国力ボロボロの状態か、権力闘争で朝廷が機能不全になってる時が殆どなんですよね(呆れ)。 -- (名無しさん) 2017-01-14 18:38:01
  • ……で、結局のところ、劉秀は前人未到なん? -- (名無しさん) 2017-01-14 22:20:26
  • 何を基準に前人未踏とするかによるだろう。初めて中華を統一したという意味で始皇帝だって前人未踏だし、初めて平民から皇帝になったという意味では高祖も前人未踏だ。
    光武帝も彼が初めて成し遂げた、あるいは全時代を通して彼しか成功してない事績はあるから、前人未踏と評価することは少なくとも言葉の意味として間違いではないだろうな。 -- (名無しさん) 2017-01-14 22:38:00

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.