|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2005年09月21日/自称親友ってなんなんだ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
今日は博士の講義で助手をやった。
内容は「形のないものの破壊」
俺は博士の注文通りに火や水を刀で斬ったり斬らなかったりした。
博士め、無形物斬りなんて流石にギリギリアウトだろ。
まあ、イノセントにはどうやらただの「凄い剣術家」で通すみたいだが。
俺はイノセントとは普通の人間として接することにしてるのに、
凄い剣術家だなんて珍しがられたらどうすんだよ。

講義の後早速接近してくるヤツがいた、と思ったら別件だった。
博士を紹介してくれ、と頼まれた。
前から俺を知っている風だったので聞いてみると、どうやら
昔クラスメイトだったらしく、しかも自称親友だったんだそうだ。
東宮左京、たしか3年前くらいの任務で1ヶ月程いた学校に
そんな名前のヤツがいたような気がするが、親友だっただろうか。
ま、別に紹介してやってもいいんだが、わざわざ自分から
モルモットになりたがるなんて正気かどうかは聞いておいた。
左京は「ちょっと考えさせてくれ」と言っていたが、
諦めた方が身のためだと俺は思っている。
結局2人で遅い昼食をとった後、そのまま別れて帰った。

なんか、やっと大学生らしい行動をとっている実感がわいた。
あいつとは仲良くやっていけると思う。


カテゴリ: [来訪] - &trackback- 2005年09月21日 02:21:34

#blognavi

更新履歴

取得中です。