NECトーキン
本店:仙台市太白区郡山六丁目7番1号

【商号履歴】
NECトーキン株式会社
エヌ・イー・シートーキン株式会社(2002年4月1日~)
株式会社トーキン(1988年10月1日~2002年4月1日)
東北金属工業株式会社(1938年9月~1988年10月1日)
日本特殊金属株式会社(1938年4月8日~1938年9月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1963年2月1日~2009年7月27日(日本電気株式会社と株式交換)
<東証2部>1961年10月2日~1963年1月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
2006年7月 日 トーキン商工株式会社
2006年4月 日 NECトーキン富山株式会社
2006年4月 日 NECトーキン栃木株式会社
2006年4月 日 NECトーキン兵庫株式会社
2006年4月 日 NECトーキン岩手株式会社
2002年2月 日 株式会社トーキンシステムエンジニアリング
1993年10月 日 株式会社トーキン白石
1938年9月 日 東北金属工業株式会社

【沿革】
昭和13年4月 日本電信電話㈱(当時の逓信省)の勧奨により、広く通信機器用金属材料の国産化を図るために、日本電気㈱、住友金属工業㈱、富士通㈱、沖電気工業㈱、㈱日立製作所などの共同出資によって宮城県仙台市に日本特殊金属㈱(資本金150万円)を設立
昭和13年9月 東北大学金属材料研究所の増本量博士の発明に係わるセンダスト合金を企業化するために、同博士の指導を得て設立された東北金属工業㈱を吸収合併し、東北金属工業㈱に改称
昭和36年9月 株式を東京証券取引所に上場、市場第二部銘柄に指定
昭和36年10月 米国3M社との技術提携により、カシュー製品の企業化を目的として、東北化工㈱を設立
昭和38年2月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定替え
昭和41年4月 酸化イットリウムの企業化を目的として、三井金属鉱業㈱と共同で日本イットリウム㈱を設立
昭和46年7月 仙台事業所西浦工場を新設
昭和48年9月 電子機器用部品の製造を目的として、台湾東金電子(股)(現台湾恩益禧東金電子(股))を設立
昭和51年6月 電子デバイスの販売を目的として、トーキン商事㈱(現NT販売㈱)を設立
昭和55年12月 つくば事業所を新設
昭和57年4月 マイクロモーター用フェライトマグネットの製造・販売を主たる事業とする北光電子㈱を子会社に編入
昭和59年11月 フェライトコア及び電子デバイス並びにその応用機器の増産を目的として、㈱トーキン白石を設立
昭和60年3月 米国市場開拓のため、カリフォルニア州サン・ノゼ市に販売会社Tokin America Inc.(現NEC TOKIN America Inc.)を設立
昭和63年8月 東南アジアの販売拠点として、香港にTokin Electronics(HK) Ltd.(現NEC TOKIN Hong Kong Ltd.)を設立
昭和63年10月 社名を株式会社トーキンに変更
平成2年10月 欧州拠点の販売強化を図るため、ドイツにTokin Europe GmbH(現NEC TOKIN Europe GmbH)を設立
平成3年4月 白石事業所を新設
平成5年7月 電子応用機器部門の一部を分離し、㈱トーキンシステムエンジニアリングを設立
平成5年10月 ㈱トーキン白石を吸収合併
平成6年4月 中国の生産拠点として、東金科技(厦門)㈲(現NEC東金電子(厦門)㈲)を設立
平成7年1月 セラミックコンデンサ等の製造・販売を主たる事業とする兵庫日本電気㈱(現NECトーキン兵庫㈱)を子会社に編入
平成8年11月 東南アジアビジネスの統括拠点としてTokin Singapore Pte Ltd(現NEC TOKIN Singapore Pte. Ltd)を設立、Tokin Electronics(HK) Ltd.(現NEC TOKIN Hong Kong Ltd.)をその子会社化
平成9年2月 東南アジアの生産拠点拡大のため、Tokin Singapore Pte Ltd(現NEC TOKIN Singapore Pte. Ltd)の子会社としてTokin Electronics(Vietnam)Co.,Ltd.(現NEC TOKIN Electronics(Vietnam)Co., Ltd.)を設立
平成14年2月 ㈱トーキンシステムエンジニアリングを吸収合併
平成14年4月 日本電気㈱の「キャパシタ」「電池」「EMデバイス」の3事業を「分社型吸収分割」により統合、生産拠点としてNECトーキン富山㈱、NEC TOKIN Electronics(Thailand)Co.,Ltd.、NECトーキン栃木㈱及びNECトーキン岩手㈱の4社を承継し、社名をNECトーキン株式会社に変更
平成14年9月 日本電気㈱との3事業統合の一環として、NEC TOKIN Electronics(Philippines)Inc.を設立(14年6月)、日本電気㈱の子会社であるNEC Components Philippines Inc.よりEMデバイス事業を譲受
平成14年12月 中国の生産拠点として、NEC東金電子(呉江)㈲を設立
平成15年6月 東南アジアの販売拠点拡大のため、NEC TOKIN Thailand Co.,Ltd.を設立
平成16年3月 NECトーキン商事㈱は東和商事㈱を吸収合併し、NT販売㈱に社名変更
平成17年3月 台湾恩益禧東金電子(股)の全持分を売却
平成18年3月 東北化工㈱の全株式を売却
平成18年4月 NECトーキン富山㈱、NECトーキン栃木㈱、NECトーキン兵庫㈱、NECトーキン岩手㈱の4社を吸収合併
平成18年7月 トーキン商工㈱を吸収合併
平成18年9月 北光電子㈱の全株式を売却
平成18年12月 韓国の販売拠点として、NEC TOKIN Korea Co.,Ltd.を設立