※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

丸運
本店:東京都港区西新橋三丁目2番1号

【商号履歴】
株式会社丸運(1960年6月~)
天龍木下運輸株式会社(1950年1月~1960年6月)
天龍運輸株式会社(1947年12月~1950年1月)
株式会社天龍組(1938年12月17日~1947年12月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1990年9月3日~
<東証2部>1961年10月2日~1990年9月2日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1960年10月 日 丸運急送株式会社

【沿革】
明治25年5月 天龍運輸会社創立、天龍河畔、東京にて鉄道運送事業開始。
昭和13年12月 株式会社天龍組として設立。(昭和13年12月17日)
昭和22年12月 天龍運輸株式会社と社名変更。
昭和24年12月 汐留、秋葉原、飯田橋の各主要駅における通運事業経営免許を取得。
昭和25年1月 株式会社鉄道木下組の陸上輸送部門を吸収、天龍木下運輸株式会社と社名変更。
昭和25年3月 増資の際に日本鉱業株式会社の出資を受け、爾来全国各地の同社事業所における輸送作業を引き受けるに至る。
昭和26年11月 両国通運株式会社より両国、錦糸町、小名木川各駅の通運事業免許を継承。
昭和28年1月 東京を中心とする一般区域貨物自動車運送事業免許を取得。
昭和32年12月 宮内通運株式会社(現・株式会社宮内丸運)を設立。(現・連結子会社)
昭和33年8月 港湾運送事業及び沿岸荷役事業の登録を行い、海陸総合輸送の体制を整える。
昭和34年12月 日昭運輸株式会社(現・株式会社日昭丸運)を設立。(現・連結子会社)
昭和35年6月 社名を株式会社丸運と変更。
昭和35年10月 丸運急送株式会社を吸収合併、路線事業へ進出。同時に愛知県の一般区域貨物自動車運送事業の免許を継承。
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
昭和41年3月 富士輸送株式会社より市川駅の通運事業免許を継承。
昭和44年12月 利用航空運送事業の免許を取得。
昭和45年8月 大阪丸運急送株式会社がもつ、大阪府、兵庫県の一般区域貨物自動車運送事業の免許を取得。
昭和49年11月 営業倉庫業の許可を取得。
昭和55年11月 本社を東京都港区赤坂に移転。
平成2年9月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
平成4年7月 東武航空貨物株式会社(現・丸運国際フレート株式会社)の株式取得。(現・連結子会社)
平成6年3月 横浜港での通関業資格を取得。
平成6年8月 本社を東京都港区西新橋に移転。
平成9年4月 株式会社ジョモトランスポート名古屋(現・中部石油輸送株式会社)の株式取得。(現・連結子会社)
平成9年4月 株式会社ジョモトランスポート大阪(現・近畿液体輸送株式会社)の株式取得。(現・連結子会社)
平成14年10月 液体輸送事業を再構築し、地域別新会社8社が事業を開始。株式会社ジョモトランスポート札幌(現・株式会社丸運トランスポート札幌)の株式取得。(現・連結子会社)
平成14年11月 株式会社ジョモトランスポート東京(現・株式会社関東トランスポート)の株式取得。(現・連結子会社)