※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リンコーコーポレーション
本店:新潟市中央区万代五丁目11番30号

【商号履歴】
株式会社リンコーコーポレーション(1991年7月1日~)
新潟臨港海陸運送株式会社(1960年10月~1991年7月1日)
新潟臨港開発株式会社(1940年10月~1960年10月)
新潟臨港株式会社(1920年10月~1940年10月)
新潟健康舎(1905年11月12日~1920年10月)

【株式上場履歴】
<東証2部>1961年10月2日~
<新証>1955年4月7日~2000年3月1日(取引所閉鎖)

【沿革】
明治38年11月 株式会社に準ずる法人「新潟健康舎」として創立、牧畜及び牛乳販売を目的とする。
大正3年5月 営業目的に倉庫業、運輸事業、不動産事業等を追加。
大正9年8月 築港工事の許可を受ける。
大正9年10月 商号を「新潟臨港株式会社」に変更。
昭和6年2月 臨港埠頭工事完成。
昭和15年10月 商号を「新潟臨港開発株式会社」に変更し、荷役業、仲立業を営業の目的に追加。
昭和16年2月 牧畜及び牛乳販売業の一切を明治乳業に譲渡する。
昭和21年9月 丸肥運送倉庫株式会社(現・連結子会社)設立。(平成8年3月 丸肥運送倉庫株式会社の全株式を取得)
昭和30年4月 株式を新潟証券取引所に上場する。
昭和31年11月 東京事務所(現東京支社)を開設。
昭和33年6月 新潟港トラック株式会社設立。(平成元年1月 商号をリンコー運輸株式会社(現・連結子会社)に変更)
昭和35年10月 「新潟海陸運送株式会社」を合併、商号を「新潟臨港海陸運送株式会社」と変更する。
昭和36年4月 新潟港筏株式会社設立。(昭和59年7月 臨港倉庫株式会社を合併し、商号を新光港運株式会社(現・連結子会社)に変更)
昭和36年10月 株式を東京証券取引所(第2部)に上場する。
昭和37年4月 海運業を営業の目的に追加。
昭和37年9月 営業目的に各種自動車・機械及び同部品・附属品の売買業を追加。
昭和38年9月 株式会社ホテル新潟(現・連結子会社)設立。
昭和41年12月 臨港商事株式会社(現・連結子会社)設立。
昭和45年6月 東港事業所(現東港支社)を開設。
昭和47年8月 新潟貿易株式会社(平成14年4月臨港商事株式会社が吸収合併)設立。
昭和60年7月 臨港木材リサイクルセンター(廃材処理)操業開始。
昭和62年3月 本社を新社屋完成に伴い新潟市万代五丁目11番30号に移転。
昭和63年4月 賃貸ビルのホテル新潟完成。
平成3年7月 商号を「株式会社リンコーコーポレーション」に変更。
平成6年4月 賃貸ビルのホテル大佐渡完成。
平成11年8月 東港支社を新社屋完成に伴い北蒲原郡聖籠町東港三丁目170番地16に移転。
平成14年4月 臨港商事株式会社(現・連結子会社)は、新潟貿易株式会社を吸収合併。
平成17年3月 株式会社ホテル新潟は、商号を「株式会社リンコーホールディングス」(現・連結子会社)に変更し、新設分社型分割により、株式会社ホテル新潟(現・連結子会社)及び株式会社ホテル大佐渡(現・連結子会社)を設立。