※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:東京都中央区新川一丁目23番地4号

【商号履歴】
日鉄住金テックスエンジ株式会社(2013年10月1日~)
太平工業株式会社(1946年10月26日~2013年10月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1963年2月1日~2015年7月29日(新日鐵住金株式会社と株式交換)
<東証2部>1961年11月8日~1963年1月31日(1部指定)

【筆頭株主】
新日鐵住金株式会社

【連結子会社等】
(連結子会社)
太広産業株式会社 兵庫県姫路市 100.0%
株式会社太東 愛知県東海市 100.0%
株式会社タイパックス 堺市堺区 100.0%
株式会社太豊テクノス 大分県大分市 100.0%
株式会社たいほく 北海道室蘭市 100.0%
太光工業株式会社 山口県光市 100.0%
太総産業株式会社 千葉県君津市 100.0%
株式会社太九 北九州市八幡東区 100.0%
株式会社タイリク 岩手県釜石市 100.0%
株式会社響エコサイト 北九州市若松区 63.8%
株式会社東京ビジネスソリューション 東京都新宿区 100.0%
北都電機株式会社 札幌市西区 53.7%
太平舗道株式会社 北九州市八幡東区 100.0%
(持分法適用関連会社)
広鉱技建株式会社 兵庫県姫路市 37.5%
株式会社製鉄鉱業大分 大分県大分市 24.0%

【合併履歴】
1994年4月1日 太武産業株式会社
1986年4月 日 新日本工業株式会社

【沿革】
当社は昭和21年10月、日本製鐵株式会社の建設部門の技術を継承するとともに、我が国の平和と産業に寄与するという目的で、資本金100万円により東京都京橋区京橋に設立いたしました。その後、土木・建築・機械・電気の各工事及びこれらに関連する事業を営む総合エンジニアリング企業として、着実に発展しております。
昭和21年10月 太平工業株式会社設立
昭和21年12月 九州支社・関西支社を開設
昭和23年10月 北海道支社を開設
昭和24年3月 釜石支社を開設
昭和24年10月 建設業法第8条により登録
昭和26年6月 広畑支社を開設
昭和26年12月 本社を東京都千代田区丸の内(丸ビル)に移転
昭和28年7月 光支社を開設
昭和29年1月 各支社を支店に改称
昭和31年3月 関西支店を大阪支店に改称
昭和31年4月 九州支店を八幡支店に改称。北海道支店を室蘭支店に改称
昭和33年9月 名古屋支店を開設
昭和36年10月 太平梱包㈱を設立
昭和36年11月 株式公開 東京証券取引所市場第二部に上場
昭和38年2月 上場株式 東京証券取引所市場第一部に指定替え
昭和39年8月 東京支店を開設
昭和41年12月 名古屋支店から東海支店を分離
昭和42年2月 君津支店を開設
昭和43年5月 太平梱包㈱、商号を日鐵建設工業㈱に変更
昭和43年10月 大阪支店から堺支店を分離
昭和44年9月 大分支店を開設
昭和47年3月 本社を東京都千代田区大手町(日本ビル)に移転
昭和47年4月 八幡支店から九州支店を分離。仙台支店を開設
昭和47年12月 太平舗道㈱を設立(現連結子会社)
昭和48年3月 宅地建物取引業法により、建設大臣免許(1)第1460号の免許を取得
昭和49年8月 建設業法の改正により、建設大臣許可(特―49)第4903号の許可を取得
昭和53年3月 太広産業㈱を設立(現連結子会社)
昭和53年9月 太東産業㈱を設立
昭和54年3月 株式取得により、大昌電機㈱を子会社化
昭和55年6月 太豊産業㈱を設立
昭和55年10月 太北産業㈱を設立
昭和56年4月 太光工業㈱を設立(現連結子会社)
昭和56年11月 太総産業㈱を設立(現連結子会社)
昭和56年12月 太九産業㈱を設立
昭和57年4月 太堺産業㈱を設立。太陸産業㈱を設立
昭和57年11月 太武産業㈱を設立
昭和58年7月 本社システムセンター稼働
昭和58年12月 株式取得により、上田工業㈱を子会社化
昭和60年7月 仙台支店を東北支店に改称
昭和61年4月 新日本工業㈱を吸収合併
昭和62年7月 ㈱テクスを設立
平成元年2月 サン・エンジニアリング㈱を設立
平成元年6月 本社組織改正(管理本部・事業本部の2本部制)。㈱大分テクノスを設立
平成3年7月 大昌電機㈱、商号を大昌エンジニアリング㈱に変更
平成4年9月 VIによる新シンボルマーク及び企業スローガンを制定
平成5年4月 太北産業㈱、商号を㈱たいほくに変更(現連結子会社)。太東産業㈱、商号を㈱太東に変更(現連結子会社)
平成6年4月 太武産業㈱を吸収合併
平成6年5月 ㈱タイメイクを設立
平成6年12月 本社を東京都中央区新川(I・Sリバーサイドビル)に移転
平成7年4月 日鐵建設工業㈱と太堺産業㈱が合併
平成7年6月 本社組織改正(管理本部・建設事業本部・機電エンジニアリング事業本部の3本部制)。日鐵建設工業㈱、商号を㈱タイパックスに変更(現連結子会社)
平成8年9月 経営理念及び経営ビジョン制定
平成8年11月 東南アジア事務所を開設
平成10年4月 太陸産業㈱とサン・エンジニアリング㈱が合併し、商号を㈱タイリクに変更(現連結子会社)
平成11年4月 太豊産業㈱と㈱大分テクノスが合併し、商号を㈱太豊テクノスに変更(現連結子会社)
平成11年10月 ㈱タイワコーポレーションを設立
平成12年4月 太九産業㈱、商号を㈱太九に変更(現連結子会社)。太広産業㈱と㈱タイメイクが合併。㈱タイフク建設を設立。東海総合エンジニアリング㈱を設立
平成13年8月 ㈱響エコサイトを設立(現連結子会社)
平成14年6月 パーティクルボード事業部を開設
平成14年9月 ㈱テクスを解散
平成15年3月 上田工業㈱を解散。㈱タイフク建設を解散
平成15年4月 システムソリューション事業部を開設
平成16年4月 プラント建設事業部を開設
平成16年7月 ㈱東京ビジネスソリューションを設立(現連結子会社)
平成17年1月 ㈱タイワコーポレーションを解散
平成17年2月 株式取得により、北都電機㈱を子会社化(現連結子会社)
平成17年4月 ㈱太東と東海総合エンジニアリング㈱が合併
平成17年10月 大昌エンジニアリング㈱を解散
平成18年4月 産業プラント事業部を開設
平成19年2月 建設事業本部を廃止し、建設事業部を開設
平成19年6月 機電エンジニアリング事業本部を廃止し、事業統括本部およびエリア事業本部を設置、プラント建設事業部を機械事業部に改称電計事業部を開設
添付ファイル