※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タンガロイ
本店:神奈川県川崎市幸区堀川町580番地ソリッドスクエア

【商号履歴】
株式会社タンガロイ(2004年4月~)
東芝タンガロイ株式会社(1958年6月~2004年4月)
タンガロイ工業株式会社(1950年2月~1958年6月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1970年8月1日~2004年2月15日(NPFティーツー・インベストメント株式会社が全部取得)
<東証2部>1962年10月12日~1970年7月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
2004年4月 日 NPFティーツー・インベストメント株式会社

【沿革】
昭和9年12月 東京芝浦電気㈱(現㈱東芝)の前身である旧東京電気㈱並びに旧㈱芝浦製作所の共同出資により、特殊合金工具株式会社として創立
昭和12年3月 同系の大井電気㈱と合併し、芝浦マツダ工業㈱特殊合金製作所
昭和17年8月 東京芝浦電気㈱に吸収合併
昭和25年2月 過度経済力集中排除法に基づく企業再建整備計画により東京芝浦電気㈱から分離独立
商号:タンガロイ工業株式会社
本店:東京都千代田区鍛冶町1丁目10番4号
工場:川崎、大阪
営業所:東京、大阪、名古屋、福岡
昭和25年8月 本店を川崎市に移転
昭和33年6月 東芝タンガロイ株式会社に商号変更
昭和36年7月 名古屋工場開設
昭和37年10月 東京証券取引所市場第二部へ株式上場
昭和45年4月 韮崎工場開設
昭和45年4月 資本参加により範多精機㈱を子会社とする
昭和45年8月 東京証券取引所市場第一部に指定替え
昭和48年2月 資本参加により㈲古賀鉄工所(現佐賀ツール㈱)を子会社とする
昭和55年7月 子会社タンガロイシンガポール社を設立
昭和58年10月 子会社タンガロイ物流㈱(現タンガロイロジテック㈱)を設立
昭和60年2月 子会社タンガロイ精密㈱を設立
昭和60年9月 子会社東芝タンガロイヨーロッパ社(現タンガロイヨーロッパ社)を設立
昭和60年10月 子会社東芝タンガロイアメリカ社(現タンガロイアメリカ社)を設立
昭和63年1月 子会社㈱ニューセラ技研(現㈱ニューファインツール)を設立
平成元年8月 いわき工場開設
平成元年8月 資本参加により、㈱ヤマトツールを子会社とする
平成4年4月 子会社東芝タンガロイイタリア社(現タンガロイイタリア社)を設立
平成7年1月 子会社厦門厦芝工具有限公司(現厦門厦芝科技工具有限公司)を設立
平成7年8月 本店移転(川崎市幸区堀川町580番地ソリッドスクエア)
平成8年10月 いわき工場「ISO9000シリーズ」を取得
平成9年11月 いわき工場「ISO14000シリーズ」を取得
平成9年11月 子会社タイタンガロイカッティングツール社を設立
平成10年3月 韮崎工場「ISO9000シリーズ」を取得
平成10年12月 韮崎工場「ISO14000シリーズ」を取得
平成11年10月 名古屋工場「ISO9000シリーズ」を取得
平成11年11月 大阪分工場「ISO9000シリーズ」を取得
平成11年12月 名古屋工場、大阪分工場「ISO14000シリーズ」を取得
平成12年5月 技術センター開設
平成13年2月 子会社タンガロイセイミツフィリピン社を設立
平成13年4月 大阪分工場閉鎖
平成15年3月 子会社タンガロイマニュファクチャリングタイ社を設立
平成15年3月 子会社泰珂洛超硬工具(上海)有限公司を設立
平成15年7月 子会社厦門泰珂洛超硬工具有限公司を設立
平成16年2月 NPFティーツー・インベストメント㈱の完全子会社となるため、東京証券取引所市場第一部上場廃止
平成16年4月 NPFティーツー・インベストメント㈱を吸収合併し、株式会社タンガロイに商号変更
平成18年12月 子会社タンガロイフリクションマテリアルベトナム社を設立