※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リード
本店:埼玉県熊谷市弥藤吾578番地

【商号履歴】
株式会社リード(1962年4月~)
岩崎電機産業株式会社(1956年8月~1962年4月)
岩崎鈑金工業株式会社(1954年7月~1956年8月)

【株式上場履歴】
<東証2部>1963年7月5日~

【沿革】
昭和20年10月 埼玉県大里郡妻沼町年代において、岩崎亥之吉氏が鈑金業を開業。
昭和22年8月 埼玉県大里郡妻沼町大字妻沼1563―1に合資会社岩崎鈑金製作所を設立、鈑金、加工、販売業を営む。
昭和24年12月 埼玉県大里郡妻沼町大字妻沼1524―1に本社工場移転。
昭和27年5月 東京都神田三崎町に東京出張所を開設。
昭和29年7月 埼玉県大里郡妻沼町大字妻沼1524―1に岩崎鈑金工業株式会社を設立、合資会社岩崎鈑金製作所の営業権を継承。
昭和31年8月 商号を岩崎電機産業株式会社と改称。
昭和33年11月 東京都文京区本郷に営業所を開設。
昭和34年5月 富士重工業株式会社との業務提携により自動車用部品の製作を始める。
昭和35年5月 埼玉県熊谷市拾六間に熊谷工場を設立螢光灯器具類の製作を始める。
昭和36年3月 ヂーゼル機器株式会社と業務提携により電装品の製作を始める。
昭和36年8月 埼玉県大里郡妻沼町大字弥藤吾に切断工場、組立工場等を竣工、第三工場と呼称する。
昭和37年2月 同所地内に新事務所を竣工、本社を移行する。
昭和37年4月 商号を株式会社リードと改称。資本金5,600万円、従業員500余名となる。
昭和38年4月 増資により新資本金1億2,000万円となる。
昭和38年7月 東京証券取引所市場第二部に上場。
昭和45年10月 第三工場西側に樹脂工場を竣工、樹脂成型加工を始める。
昭和49年10月 増資により新資本金3億2,000万円となる。
昭和53年4月 増資により新資本金6億5,824万円となる。
昭和57年4月 2,000トン樹脂成型機を導入、樹脂バンパーの生産を始める。
昭和57年11月 カチオン電着塗装工場を竣工。
昭和61年5月 埼玉県戸田市に関東営業所を開設。
昭和62年4月 群馬県新田郡笠懸村に桐生工場を開設。ライニング加工を始める。
平成4年3月 大阪市西淀川区に大阪営業所を開設。
平成9年7月 樹脂塗装工場を竣工。
平成10年12月 東京営業所を埼玉県戸田市の関東営業所に統合。
平成11年3月 大阪営業所を埼玉県戸田市の関東営業所に統合。
平成15年3月 群馬県新田郡笠懸町の桐生工場を閉鎖。
平成15年5月 埼玉県熊谷市に関東営業所を移設、電子機器部門と街路灯部門を統合し、LB事業部として新設。
平成17年3月 ㈱ゼクセルヴァレオクライメートコントロールとの取引を終了し、埼玉県熊谷市拾六間の熊谷事業部を閉鎖。
平成18年4月 埼玉県熊谷市拾六間の熊谷事業部跡地に賃貸店舗竣工。