※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伏木海陸運送
本店:富山県高岡市伏木湊町5番1号

【商号履歴】
伏木海陸運送株式会社(1944年3月31日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>1963年7月17日~

【合併履歴】
1970年7月 日 富山新港海陸運送株式会社
1955年9月 日 越中倉庫株式会社
1944年3月 日 伏木港湾運送株式会社
1944年3月 日 日本通運株式会社伏木支店

【沿革】
昭和19年3月 伏木港湾運送株式会社と日本通運株式会社伏木支店と新設合併し伏木海陸運送株式会社を設立。(資本金400万円)
昭和19年4月 伏木海陸運送株式会社として営業を開始した。営業目的は港湾運送事業、小運送業(通運事業)営む。
昭和21年4月 子会社伏木造船株式会社を設立、小型鋼船造船業を開始。
昭和22年5月 営業目的に倉庫業、代弁業を追加。
昭和24年8月 営業目的に一般貸切貨物自動車運送業を追加。
昭和25年4月 営業目的に海運代理店業、海上運送取扱業、海運仲立業を追加。
昭和26年9月 港湾運送事業法に基づき伏木富山港における一種、二種、三種、四種の事業登録を完了。
昭和30年9月 越中倉庫株式会社を吸収合併。
昭和30年10月 子会社伏木貨物自動車株式会社を設立一般貨物自動車運搬業を開始。(連結子会社)
昭和35年8月 子会社日高運輸株式会社を設立、セメント運搬の為一般貨物自動車運搬業を開始。
昭和35年11月 子会社北陸油送株式会社を設立、石油運搬の為一般貨物自動車運搬業を開始。
昭和36年2月 営業目的に税関貨物取扱業を追加。
昭和38年7月 東京証券取引所市場第2部へ新規上場し売買取引を開始。
昭和40年9月 伏木海陸ビル高岡駅前に竣工。
昭和40年11月 子会社日本海油送株式会社を設立、石油運搬の為一般貨物自動車運搬業を開始。
昭和43年4月 富山新港開港に伴い、富山新港事務所(現 富山新港支店)を開設。
昭和43年10月 子会社新湊鉄道産業株式会社を設立、伏木駅及び新湊駅の貨車入換業務受託事業を開始。
昭和45年7月 富山新港海陸運送株式会社を吸収合併。
昭和50年7月 伏木―ソ連極東各港間に定期配船就航開始。
昭和51年10月 本社新社屋竣工。
昭和53年6月 子会社伏木共同防災株式会社を設立、石油コンビナート等防災業務を開始。(連結子会社)
昭和61年6月 西ドイツ(当時)デュッセルドルフに駐在員事務所を開設。
平成元年2月 富山新港にコンテナフレートステーション上屋が完成。
平成元年3月 富山新港に石炭保管ヤードを取得。
平成元年12月 富山新港支店新社屋竣工。
平成2年7月 ドイツ デュッセルドルフに現地法人FUSHIKI KAIRIKU(EUROPE)GMBHを設立。
平成3年4月 子会社株式会社日本海インベストメントを設立、投資事業を開始。(連結子会社)
平成4年6月 ロシア ウラジオストクに駐在員事務所を開設。
平成5年3月 富山新港に物流用地を取得。
平成8年10月 富山新港に倉庫を取得。
平成9年3月 富山新港に取得した倉庫を改修、第2コンテナフレートステーション上屋が完成。
平成10年4月 中国、大連に駐在員事務所を開設。
平成12年3月 石川県金沢市に事務所を開設。
平成12年12月 新湊市高木地区に飼料中継基地、倉庫を開設。
平成13年3月 高岡市能町に新能町倉庫を竣工し営業を開始。
平成13年4月 子会社北陸油送株式会社のローリ輸送部門を子会社日本海油送株式会社に統合して社名を北陸日本海油送株式会社とした。(連結子会社)
平成13年8月 子会社デュオビル開発株式会社を日本海シーランド株式会社に社名変更し、船舶代理店業を開始。(連結子会社)
平成13年11月 富山新港に3号倉庫を建設。
平成14年4月 富山新港に倉庫2棟及び附属施設を取得。
平成14年4月 石川県金沢市大野に油類配送用地を取得。
平成14年7月 石川県金沢市大野に金沢事務所及び車庫を建設。
平成14年9月 子会社北陸油送株式会社は伏木造船株式会社のオイルコークス整粒作業、船舶修繕部門と事業統合し、社名をFKKエンジニアリング株式会社とした。(連結子会社)
平成14年9月 子会社伏木造船株式会社はFKKサポート株式会社に社名変更して各種業務受託業を開始。(連結子会社)
平成14年11月 子会社富山太平洋物流株式会社を設立し、セメント運搬の為一般貨物自動車運送業を開始。(連結子会社)
平成14年12月 富山新港に4号倉庫を建設。
平成15年6月 富山新港にコールセンター上屋2棟を建設。
平成16年1月 伏木万葉埠頭に伏木外港関連用地として土地46,355.17㎡、1,209百万円を取得。
平成16年1月 子会社日高運輸株式会社と子会社株式会社FKKエンタープライズが合併。(以後社名株式会社FKKエンタープライズ)(連結子会社)
平成16年3月 福利厚生施設食堂(クックウェル)を建設。
平成16年5月 富山新港に5号倉庫を建設。
平成16年12月 富山新港に6号倉庫を建設。
平成18年3月 伏木多目的国際ターミナルにクレーン式アンローダーを設置、供用開始。