フリージア・マクロス
本店:東京都千代田区外神田六丁目8番3号

【商号履歴】
フリージア・マクロス株式会社(1995年4月1日~)
株式会社マクロス(1991年4月1日~1995年4月1日)
谷藤機械工業株式会社(1947年10月30日~1991年4月1日)

【株式上場履歴】
<東証2部>1963年7月22日~

【沿革】
昭和20年10月 谷藤商事合資会社創立。
昭和21年3月 谷藤商事合資会社の機械部として発足。
昭和22年10月 東京都江戸川区深川木場に谷藤機械工業株式会社を設立。
昭和24年~26年 斯界で初めて各種土質試験用機械の製作、販売開始。
昭和27年10月 東京都目黒区の大崎工場に移転、林業機械、主として集材機械の製作の開始。
昭和30年4月 コンクリート試験機械の製作、販売。
昭和31年4月 刈払機の先駆として「プッシュクリーナー」製作完了。「衝撃式地耐力測定器」製作、販売。
昭和32年4月 アスファルト試験用機械の製作、販売。
昭和34年4月 スウエーデン国立土質力学研究所と技術提携、「スウエーデン式フォイルサンプラー」の製作、販売。
昭和36年4月 「藤林式プッシュクリーナー6型」大量製造、販売。新型圧縮試験機分野の新製品多数開発。
昭和38年7月 資本金1億円、7月22日東京証券取引所第2部上場。
昭和40年7月 需要増加に対応して生産力倍増のため、埼玉県下に工場を設立。
昭和41年3月 資本金2億円。
昭和45年1月 プラスチック押出機の分野に進出。
昭和47年5月 米国REMCO社と技術提携、ダイナフレクト(動力支持力測定車)を輸入、販売。
昭和49年10月 資本金3億6,000万円。
昭和50年3月 資本金3億9,000万円。
昭和50年7月 ナカタニ機械株式会社を設立。プラスチック関係機械の販売、サービス業務を拡大。
昭和52年8月 ベント式単軸押出機NX型の生産開始。
昭和53年2月 資本金5億円。
昭和55年1月 埼玉県騎西町に埼玉工場を新設、移転。(現工場)
昭和56年7月 フリージアソーラーシステム株式会社設立。(現連結子会社)
昭和59年6月 資本金10億4,990万円。
昭和61年6月 宅地建物取引業者免許(東京都知事(1)第48319号)を得て不動産売買業務を拡大。
昭和61年9月 セラミックス、モーターローラー分野に進出。
昭和62年4月 電子機器事業(AV機器、音響機器)、特商事業(健康食品、健康機器)に進出。
昭和63年4月 電子機器商品にオリジナルブランド「JAXON」の商標登録し、オリジナル商品販売開始。
平成2年4月 資本金25億2,520万円。
平成2年5月 フリージアホーム株式会社設立。(現連結子会社)
平成3年2月 プラスチック押出機及び土木試験機の製造、販売を事業の柱と定め、不採算部門を整理。
平成3年4月 株式会社マクロスに社名変更。
平成3年10月 資本金5億4,606万円に減資。
平成3年12月 資本金7億9,256万円。
平成5年6月 本社を東京都文京区に移転。
平成7年3月 資本金13億8,086万円。
平成7年4月 フリージア・マクロス株式会社に社名変更。
平成9年6月 フリージアコンピュータ株式会社設立。(現非連結子会社)
平成9年7月 フリージアソーラーシステム株式会社の社名をフリージアトレーディング株式会社に変更。
平成13年2月 資本金14億5,227万円
平成13年3月 資本金14億9,727万円
平成13年9月 レーナハウススウエーデン株式会社をフリージアホーム株式会社が買収。(現非連結子会社)
平成13年12月 資本金17億4,176万円
平成14年2月 資本金19億346万円
平成14年2月 資本金20億7,776万円
平成14年3月 本社を東京都千代田区に移転。(現本社)
平成15年3月 1:2の株式分割を実施
平成16年3月 デットエクイティスワップによりフリージアホーム株式会社が資本金12億9,525万円に増資。
平成17年8月 1:2の株式分割を実施
平成18年6月 1:2の株式分割を実施
平成19年3月 光栄工業株式会社の全株式をフリージアトレーディング株式会社より入手し、当社の子会社化。