櫻護謨
本店:東京都渋谷区笹塚一丁目21番17号

【商号履歴】
櫻護謨株式会社(1918年5月20日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>1964年3月17日~

【沿革】
大正7年5月 櫻護謨株式会社設立、各種ゴム製品製造を目的とする。戦時中、陸、海軍軍需工場に指定。
昭和18年8月 事業目的に航空機部品の製造加工及び販売を追加。
昭和18年12月 名古屋工場新設。
昭和20年5月 本社工場、東京大空襲で全焼。
昭和21年5月 本社工場復旧。
昭和25年12月 「桜ファイヤーホース」の特許登録。
昭和29年7月 事業目的に消防機器の製造及び販売を追加。
昭和30年6月 航空機用ホースならびにゴム部品に対する航空事業法による運輸大臣仕様承認書の交付をうけ業界唯一の指定工場となる。
昭和37年6月 米国エスターライン・カークヒル・ラバー社と技術提携、「航空機用ダクト類」の生産開始。
昭和39年3月 東京証券取引所市場第二部に上場。
昭和39年10月 米国クレイン・レジストフレックス社と技術提携、「航空機用テフロンホース」の生産開始。
昭和44年9月 中野工場新設。
昭和45年1月 本社工場に高圧ゴムホースJIS表示の許可。
昭和47年4月 工場再配置促進法の趣旨により工場の集約を決定し、栃木県大田原市に工場用地を取得。
昭和48年4月 大田原製作所第一期工事竣工。
昭和49年10月 本社新社屋竣工。
昭和49年11月 名古屋工場を大田原製作所へ移転集約。
昭和50年11月 大田原製作所第二期工事竣工。本社工場を大田原製作所へ移転集約。
昭和51年6月 桜ホース株式会社設立。(現 連結子会社)
昭和52年3月 大田原製作所第三期工事竣工。中野工場を大田原製作所へ移転集約。
昭和53年9月 米国クレイン・レジストフレックス社と技術提携、「ダイナチューブ・フィッティング」の生産開始。
昭和53年10月 株式会社二十一世紀設立。(現 連結子会社)
昭和53年11月 本社工場跡地に笹塚ショッピング・モール竣工オープン。
昭和57年10月 米国エスターライン・カークヒル・ラバー社と技術提携、「インフレイタブルシール」の生産開始。
平成元年5月 米国パーカーハニフィン・ストラトフレックス社と技術提携「航空機用ライトウェートラバーホース」の生産開始。
平成元年7月 神奈川工場新設。
平成元年7月 株式会社サクラフローシステムズ設立。(現 連結子会社)
平成2年1月 米国ボーイング社の複合材工程認定合格。
平成8年3月 米国エスターライン・カークヒル・ラバー社と技術提携し「民間航空機用シール」の生産開始。
平成11年2月 品質システム国際規格「ISO9001」の認証を取得。
平成14年1月 さくら技術開発株式会社設立。(現 非連結子会社)