※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フマキラー
本店:東京都千代田区神田美倉町11番地

【商号履歴】
フマキラー株式会社(1962年12月~)
株式会社大下回春堂(1950年12月25日~1962年12月)

【株式上場履歴】
<東証2部>1964年5月19日~
<広証>1964年5月19日~2000年3月1日(取引所閉鎖)

【沿革】
大正13年7月、大下大蔵氏が専売特許殺虫液「強力フマキラー液」を開発し、当社の前身である大下回春堂で製造販売を開始し、当社の基盤をつくった。
昭和25年12月 大下回春堂を資本金1,000万円の株式会社に改組し、東京に本店そして大阪に支店、また広島に支店と工場をおく。
昭和29年5月 広島県大野町に大野工場を開設。
昭和29年10月 広島工場(祇園町)から大野工場へ工場移転を開始。
昭和34年4月 福岡営業所を福岡支店に改称。
昭和37年12月 資本金を1億円に増資。社名をフマキラー株式会社に改称。
昭和39年5月 資本金を1億5,000万円に増資。東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
昭和40年11月 広島県大野町に工場移転終了。広島工場(祇園町)を廃止し、大野工場を広島工場に改称。
昭和43年2月 資本金を3億円に増資。
昭和45年5月 大下製薬株式会社を設立。(現・連結子会社)
昭和46年12月 東京営業所および名古屋出張所をそれぞれ東京支店、名古屋支店に改称。
昭和48年3月 資本金を5億円に増資。
昭和48年12月 資本金を5億5,000万円に増資。
昭和50年12月 資本金を6億円に増資。
昭和53年12月 資本金を11億円に増資。
昭和54年12月 資本金を12億1,000万円に増資。
昭和56年5月 日広産業株式会社の株式を増資引き受けにより取得。(現・連結子会社)
昭和59年11月 韓国に合弁会社「柳柳フマキラー株式会社」を設立。
昭和62年4月 フマキラーホームサービス株式会社を設立。
平成元年8月 資本金を28億8,960万円に増資。
平成2年11月 インドネシアに合弁会社「フマキラーインドネシア株式会社」を設立。(現・連結子会社)
平成12年3月 合弁会社フマキラー・トータルシステム株式会社を設立。(現・連結子会社)
平成15年9月 フマキラーホームサービス株式会社を清算。
平成17年11月 柳柳フマキラー株式会社を売却。
平成19年1月 「フマキラーインディア株式会社」の株式を追加取得し子会社化。(現・連結子会社)