※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:東京都墨田区錦糸三丁目2番1号

【商号履歴】
三井金属エンジニアリング株式会社(1970年11月~)
三金機工株式会社(1964年2月17日~1970年11月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2000年3月14日~

【筆頭株主】
三井金属鉱業株式会社(親会社)

【連結子会社】
MESCO(U.S.A.),INC. GREENSBURG INDIANA U.S.A. 100.0%
MESCOENG(MALAYSIA) SDN.BHD. PETALING JAYA SELANGOR MALAYSIA 100.0%
台湾美施可(股)有限公司 中華民国台湾省南投縣南投市 100.0%

【沿革】
昭和39年2月 東京都中央区日本橋において三井金属鉱業株式会社の100%出資子会社「三金機工株式会社」として設立。
昭和39年2月 三井金属鉱業株式会社及び同社千葉県船橋地区の関係会社4社に対し、工場設備保守保全工事等のサービスを開始。
昭和41年4月 建設業者登録 登録番号:東京都知事(り)第35916号。
昭和45年11月 商号を「三井金属エンジニアリング株式会社」に変更。
昭和46年1月 東京支店(千葉県船橋市)及び東北支店(青森県八戸市)を設置。
昭和52年10月 建設業許可 許可番号:建設大臣許可(般・特-52)第7628号。
昭和55年9月 当社として初めての海外大型プラント案件受注(丸紅株式会社よりフィリピン共和国「PASAR社」銅製錬所建設に関するエンジニアリングサービス、建設工事等及び技術業務)。
昭和60年1月 東京都中央区日本橋より東京都墨田区両国へ本店を移転。
昭和62年5月 アメリカにおけるエンジニアリングサービスの拠点として現地法人「MESCO(U.S.A.),INC.」を設立。(当社100%出資)
昭和63年8月 事業の多角化を目指し、「メスコパイプ工業株式会社」を設立。(当社100%出資)
昭和63年9月 「三井金属パイプ工業株式会社」より、同社「パイプ販売営業権並びにパイプ製造ノウハウ」に関する営業を譲受。
昭和63年9月 「メスコパイプ工業株式会社」に、当社「パイプ製造ノウハウ」に関する営業を譲渡。
平成2年5月 マレーシアにおけるエンジニアリングサービスの拠点として現地法人「MESCOENG (MALAYSIA)
SDN.BHD.」を設立。(当社100%出資)
平成3年1月 「メスコパイプ工業株式会社」を吸収合併(現パイプ事業部大分事業所とする)し、パイプ事業を開始。
平成3年10月 エンジニアリング技術の集中・効率化を目指して、埼玉県上尾市に「中央エンジニアリングセンター」を開設。
平成6年6月 大分・宮崎地区の営業強化を目的として「大分メスコパイプ株式会社」設立。(当社100%出資)
平成6年11月 タイにおけるエンジニアリングサービスの拠点として現地法人「SIAM MESCO Co.,Ltd.」を設立。(当社49%出資)
平成8年7月 ISO9001 審査登録(本店・中央エンジニアリングセンター)(登録番号:JCQA-0140)
平成11年4月 台湾におけるエンジニアリングサービスの拠点として現地法人「台湾美施可(股)有限公司」を設立。(当社100%出資)
平成11年8月 英国におけるエンジニアリングサービスの拠点としてイギリス支店(ロンドン)を設置。
平成12年3月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成12年7月 イギリス支店を英国事務所に名称変更。
平成12年12月 「大分メスコパイプ株式会社」を清算。
平成14年4月 香港におけるエンジニアリングサービスの拠点として香港支店を設置。
平成14年6月 ISO9001 2000年度版更新審査登録(本店・中央エンジニアリングセンター)
平成14年6月 ISO9001 拡大審査登録(パイプ事業部・エンジニアリング事業部東北支店)
平成16年5月 パイプ事業部営業所の四国における拠点として、香川県高松市に四国営業所を開設。
平成17年2月 東京都墨田区両国より東京都墨田区錦糸へ本店を移転し、中央エンジニアリングセンターを本店へ統合。
平成17年3月 香港支店を閉鎖。
平成18年7月 「三井金属九州機工株式会社」のエンジニアリング事業、「神岡鉱山エンジニアリング株式会社」の建設事業及び装置システム事業を譲り受け、それぞれ九州支店、神岡支店として発足。
添付ファイル