※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:大阪市中央区備後町一丁目7番10号

【商号履歴】
株式会社藤木工務店(1936年12月14日~)

【株式上場履歴】
<大証2部>1994年10月17日~2002年9月5日(民事再生法適用申請)

【筆頭株主】
藤木玄三社長

【沿革】
大正9年11月 大阪市西区靭上通において、初代社長藤木正一が個人経営により土木建築請負業を創業
大正11年10月 倉敷市本町に倉敷出張所(現、倉敷支店)を設置
昭和4年5月 東京市深川区平久町に東京出張所(現、東京支店)を設置
昭和11年12月 大阪市東区瓦町に資本金250千円で株式会社藤木工務店を設立。倉敷支店を倉敷市旭町(現、倉敷市鶴形)に移転
昭和17年2月 本店を大阪市東区両替町(現、中央区常盤町)に移転
昭和22年2月 高松市に高松支店(現、四国支店)を設置
昭和23年1月 東京支店を東京都新宿区三栄町に移転
昭和24年10月 建設業法による建設大臣登録(イ)第697号の登録を完了
昭和27年4月 京都市右京区に京都出張所(現、京都支店)を設置
昭和46年1月 本店機能を本社機能と営業店機能に分離
昭和47年1月 定款の一部を変更し、営業目的に不動産事業、損害保険代理業を追加
昭和47年11月 宅地建物取引法による建設大臣免許(1)第1371号を取得。不動産事業を目的とした巴土地建物株式会社(子会社、フジキ興発株式会社)を設立
昭和48年2月 宅地開発、住宅建築事業を目的に海外現地法人Guam Fujiki Construction Co., LTD.(子会社)を設立
昭和49年1月 建設業法改正により、建設大臣許可(特―48)第2816号を取得
昭和49年1月 戸建高級住宅及びリフォーム工事を目的とした藤木建築サービス株式会社(子会社、株式会社エフ・ケイ・エス)を設立
平成元年7月 建設工事の企画・設計・監理及び生産設計業務の委託受注を目的とした株式会社アーキテクツ・ガイア(子会社)を設立
平成2年3月 鉄骨工事業を目的としたザモア工業株式会社を子会社化
平成3年2月 大阪本店を大阪市西区立売堀に移転
平成3年7月 建設工事の企画・設計・監理及び生産設計業務の委託受注を目的とした株式会社ベステック設計事務所(子会社)を設立
平成6年10月 大阪証券取引所市場第二部に上場
平成10年8月 京都支店を京都市中京区に移転
平成12年10月 道路・舗装・塗装・水道施設・その他土木工事等の工事請負を目的とした更生再建中の国土道路株式会社の新株を引受け子会社化
平成14年6月 大阪地方裁判所に民事再生手続の開始を申立、開始決定を受理
平成14年7月 ザモア工業株式会社、株式会社エフ・ケイ・エスが破産決定。国土道路株式会社の全株式を譲渡
平成14年11月 Guam Fujiki Construction Co., LTD.を清算
平成14年12月 株式会社アーキテクツ・ガイアの全株式を譲渡
平成15年2月 再生計画認可決定が確定
平成15年3月 本社、大阪本店を大阪市中央区備後町に移転。京都支店を京都市下京区に移転
平成16年1月 フジキ興発株式会社が特別清算手続開始申立、株式会社ベステック設計事務所が解散決議
平成18年2月 大阪地方裁判所が民事再生手続の終結を決定
平成18年5月 東京支店を東京都新宿区四谷に移転
添付ファイル