本店:千葉市美浜区ひび野一丁目4番3

【商号履歴】
新日本建設株式会社(1972年4月~)
株式会社金綱工務店(1969年2月19日~1972年4月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2002年3月1日~
<東証2部>1994年10月7日~2002年2月28日(1部指定)
<店頭>1989年12月20日~1994年10月6日(東証2部上場)

【筆頭株主】
株式会社シンニホンコム

【連結子会社】
㈱新日本コミュニティー 千葉県千葉市美浜区 100.0%
新日本不動産㈱ 千葉県千葉市美浜区 100.0%
建研 東京都中央区 100.0%
新日興進(瀋陽)房地産有限公司 中華人民共和国遼寧省瀋陽市 70.0%
新実業国際集団(瀋陽)房地産開発有限公司 中華人民共和国遼寧省瀋陽市 51.0%

【沿革】
大正12年現社長の祖父金綱秀蔵は、東京都新宿区神楽坂で「金綱工務店」を看板に神社仏閣、料亭等数奇屋造りを請負う建築業をはじめました。昭和24年現社長の父金綱徳太郎が二代目として家業を引継ぎ千葉県に営業拠点を移しました。昭和39年5月千葉県千葉市中央区椿森にて現社長金綱一男が建設業法による一般建設業許可のうち建築一式工事・大工工事を千葉県知事より受け事業を継承いたしました。
昭和39年10月 有限会社金綱工務店を設立し、主に住宅建築の業務を開始する。
昭和43年2月 建設業法による一級建築士事務所免許を千葉県知事より受ける。
昭和44年2月 資本金1百万円の株式会社に改組。
昭和45年1月 本店を千葉県千葉市中央区都町に移転。
昭和47年4月 商号を新日本建設株式会社に変更。宅地建物取引業法による宅地建物取引業者免許を千葉県知事より受ける。
昭和48年9月 建設業法による特定建設業の許可のうち建築工事業・土木工事業を千葉県知事より受ける。
昭和49年2月 本店を千葉県千葉市中央区都町(旧本店の隣接地)に移転。
昭和50年8月 建物の保守及び維持管理を目的とする株式会社建設保全サービス協会(現 株式会社新日本コミュニティー)を設立。(現連結子会社)
昭和51年8月 建設業法による特定建設業の許可のうち建築工事業、一般建設業の許可のうち土木工事業、とび・土工工事業の許可を建設大臣(現国土交通大臣)より受ける。
昭和59年4月 営業本部内に不動産販売部を設置、自社開発の分譲住宅、マンションの販売から不動産の仲介まで業務を拡張。
平成元年12月 日本証券業協会に店頭売買銘柄として登録。
平成4年2月 建設業法による特定建設業の許可のうち土木工事業、とび・土工工事業の許可を建設大臣(現国土交通大臣)より受ける。
平成6年10月 東京証券取引所市場第二部に上場。
平成7年5月 不動産事業の拡充発展をはかるため、新日本不動産株式会社を設立。(現連結子会社)
平成11年3月 「ISO 9001」認証取得。(登録範囲は建築・土木構造物の設計、施工及び付帯サービス)
平成14年3月 東京証券取引所市場第一部に上場。
平成14年3月 本店を千葉県千葉市美浜区ひび野に移転。
平成16年9月 「ISO 14001」環境マネジメントシステム認証取得。
平成18年10月 フェニックス・キャピタル株式会社より株式会社建研の全株式を取得。(現連結子会社)
平成18年10月 中国不動産市場へ進出するため、中国遼寧省瀋陽市に新日興進(瀋陽)房地産有限公司を設立。(現連結子会社)
平成18年10月 中国瀋陽市における開発プロジェクトに参画するため新日興進(瀋陽)房地産有限公司を通じて、新実業国際集団(瀋陽)房地産開発有限公司の出資持分51%を取得。(現連結子会社)

添付ファイル