※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JFEエンジニアリング
本店:東京都千代田区丸の内一丁目1番2号

【商号履歴】
JFEエンジニアリング株式会社(2003年4月1日~)
日本鋼管株式会社(1912年6月8日~2003年4月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~2002年9月19日(ジェイエフイーホールディングス株式会社に株式移転)
<大証1部>1949年5月16日~2002年9月19日(ジェイエフイーホールディングス株式会社に株式移転)
<名証1部>1949年5月16日~2002年9月19日(ジェイエフイーホールディングス株式会社に株式移転)

【合併履歴】
2008年4月1日 川鉄橋梁鉄構株式会社
2000年12月 日 日本鋼管不動産株式会社
1944年7月 日 川崎窯業株式会社
1940年10月 日 鶴見製鉄造船株式会社
1937年12月 日 第三鋼管株式会社
1935年7月 日 川崎コークス株式会社
1935年6月 日 昭和鋼管株式会社
1933年12月 日 第二鋼管株式会社
1919年11月 日 電気製鉄株式会社

【沿革】
1912年6月 日本鋼管株式会社設立。資本金200万円。
1914年4月 営業開始。
1919年11月 電気製鉄株式会社を合併。
1921年9月 当社グループの鋳鋼品・鋳鉄品製造会社として日本鋳造株式会社設立。
1933年12月 第二鋼管株式会社を合併。
1935年6月 昭和鋼管株式会社を合併。
1935年7月 川崎コークス株式会社を合併。
1937年12月 第三鋼管株式会社を合併。
1940年10月 鶴見製鉄造船株式会社を合併。鶴見製鉄所、鶴見造船所発足。
1944年7月 川崎窯業株式会社を合併。
1949年4月 鋼管鉱業株式会社を設立。
1949年6月 東海運輸株式会社(現・エヌケーケー物流株式会社)設立。
1955年1月 東京シヤリング株式会社の株式を取得。
1959年7月 日本鋼管工事株式会社設立。
1960年11月 軽量形鋼製造・販売会社として日本鋼管ライトスチール株式会社設立。
1961年10月 日本鋳造株式会社が東証2部に上場。
1965年2月 福山製鉄所発足。
1965年7月 福山製鉄所への電力供給のため福山共同火力株式会社設立。
1968年4月 川崎、鶴見、水江の三製鉄所を統合、京浜製鉄所発足。
1969年1月 津造船所(現・津製作所)発足。
1973年5月 富士商事株式会社(現・エヌケーケートレーディング株式会社)の株式を取得。
1973年5月 日本鋳鉄管株式会社の株式を取得。
1984年8月 米国ナショナル・スチール社に資本参加。
1987年10月 株式会社エヌ・ケー・エクサ(現・株式会社エクサ)設立。
1989年7月 鉄鋼事業部、総合エンジニアリング事業部、総合都市開発事業部の三事業部体制発足。
1990年3月 タイ・コーテッド・スチール・シート社設立(1994年3月生産開始)。
1990年3月 タイ・コールド・ロールド・スチール・シート社設立(1997年6月生産開始)。
1992年7月 新規事業センター発足。
1993年4月 日本鋼管重工サービス株式会社とエヌケーエンジニアリング株式会社が合併し、エヌケーケープラント建設株式会社発足。
1997年4月 トーアフエンス株式会社(現・エルエスフエンス株式会社)が店頭登録。
1998年4月 日本鋼管工事株式会社が東証2部に上場。
1999年3月 エヌケーケー・ビジネスサポート株式会社(現・株式会社エヌケーエフ)設立。
1999年4月 トーア・スチール株式会社より条鋼事業を譲受け、エヌケーケー条鋼株式会社事業開始。
1999年6月 エヌケーケー鋼板株式会社設立。
1999年8月 エヌケーケー鋼管株式会社設立。
2000年12月 日本鋼管不動産株式会社を合併。
2001年12月 日立造船株式会社と造船事業統合基本協定書締結。
2002年5月 川崎製鉄株式会社と経営統合契約書締結。
2002年9月 川崎製鉄株式会社と共同で株式移転により完全親会社ジェイエフイーホールディングス株式会社設立。
2002年9月 日立造船株式会社との共同出資会社、ユニバーサル造船株式会社へ造船事業を営業譲渡。
2003年1月 川崎製鉄株式会社との間で会社分割契約書等締結。
2003年4月 川崎製鉄株式会社との間で会社分割実施。JFEエンジニアリング株式会社に商号変更。