※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大成ユーレック

本店:東京都品川区西五反田七丁目23番1号

【商号履歴】
大成ユーレック株式会社(2001年8月1日~)
大成プレハブ株式会社(1971年5月1日~2001年8月1日)
江東産業株式会社(1944年10月14日~1971年5月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1991年9月2日~2004年2月24日(大成建設株式会社と株式交換)
<東証2部>1971年12月1日~1991年9月1日(1部指定)

【合併履歴】
1971年5月1日 大成プレハブ株式会社

【沿革】
当社の母体である大成建設株式会社は、住宅水準の向上と住宅建設の近代化を図るため、昭和30年代初めから建設省建築研究所、日本住宅公団(現 都市基盤整備公団)と協力してティルトアップ工法を研究開発し、鉄筋コンクリート住宅のプレハブ化を進めてきた。昭和36年にわが国初の4階建試作住宅を建設、その後も改良を加え、企業化の自信を得たため、中高層コンクリートプレハブ住宅の専門会社として、昭和38年8月当社が設立された。
昭和38年8月 大成建設株式会社の住宅建設部門を分離独立し、資本金1億円をもって東京都中央区に設立した。
昭和38年8月 建設業法により建設業者として東京都知事登録(ち)第29169号の登録を完了した。
昭和39年4月 神奈川県相模原市に相模原工場を新設した。(平成10年1月に譲渡した。)
昭和40年10月 大阪市に関西支社(現 関西支店)を設置した。
昭和40年10月 宅地建物取引業法により宅地建物取引業者として東京都知事免許(1)第1897号を取得した。
昭和42年6月 千葉市に千葉工場を新設した。
昭和44年6月 名古屋市に中部支社(現 中部支店)を設置した。
昭和44年7月 京都府長岡京市に長岡工場を新設した。(平成15年3月に譲渡した。)
昭和45年10月 埼玉県川越市に川越工場を新設した。
昭和45年11月 本店を東京都品川区に移転した。
昭和46年5月 株式額面変更のため、東京都中央区所在の大成プレハブ株式会社(旧称 江東産業株式会社)に吸収合併された。従って、登記上の設立年月日は、合併会社(旧称 江東産業株式会社)の設立年月日である昭和19年10月14日となっている。(昭和46年6月本店を東京都品川区に移転した。)
昭和46年5月 宅地建物取引業法により宅地建物取引業者として建設大臣(現 国土交通大臣)免許(1)第928号を取得した。
昭和46年12月 株式を東京証券取引所市場第2部に上場した。
昭和48年12月 建設業法の改正に伴い、建設大臣(現 国土交通大臣)許可(特-48)第2522号を受けた。
昭和60年4月 共同出資で賃貸マンションの建物管理及び入居者斡旋を業とする株式会社タイセイ・ハウジーを設立した。
平成3年9月 株式を東京証券取引所市場第1部に上場した。
平成7年9月 住宅リフォームを業とする大成リビングライフ株式会社を全額出資で設立した。
平成8年2月 鉄骨系賃貸アパートへの進出を決め、4月から販売・施工を開始した。
平成10年6月 製造部門において、プレキャストコンクリート部材の製造から出荷までについて、ISO9002認証を取得した。
平成13年4月 東京都品川区に東京支店、横浜市に神奈川支店、埼玉県与野市(現 さいたま市)に北関東支店、千葉県柏市に東関東支店を設置した。
平成13年8月 商号を「大成ユーレック株式会社」(英文標記 TAISEI U-LEC CO.,LTD)に変更した。
平成13年8月 賃貸マンション「PALMAISON」(パルメゾン)「PALGRAND」(パルグラン)販売開始
平成14年3月 賃貸マンション「PALFLEX」(パルフレックス)販売開始
平成15年5月 ISO9001取得(PC部材の製造に関して)
平成16年3月 株式交換による大成建設株式会社の完全子会社化
平成17年6月 都市型賃貸マンション「PALCITY MISCENA」(パルシティ ミシェーナ)販売開始
平成18年2月 PC賃貸マンション「PALLOGUE」(パルローグ)販売開始