SYSKEN

本店:熊本市九品寺3丁目15番7号

【商号履歴】
株式会社SYSKEN(2014年10月1日~)
西日本システム建設株式会社(1986年4月1日~2014年10月1日)
西日本通信建設株式会社(1973年8月~1986年4月1日)
西日本電設株式会社(1946年9月21日~1973年8月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2013年7月16日~
<福証>1978年12月22日~
<大証2部>1998年12月18日~2013年7月15日(東証に統合)

【筆頭株主】
西日本システム建設従業員持株会

【連結子会社等】
(連結子会社)
西日本電材㈱ 熊本県熊本市 100.0%
明正電設㈱ 熊本県熊本市 100.0%
西部通信工業㈱ 長崎県長崎市 100.0%
㈱システムニシツウ 熊本県熊本市 100.0%
㈱ニースエンジニアリング 福岡県福岡市東区 100.0%
(持分法適用関連会社)
九州通信産業㈱ 熊本県熊本市 48.1%
九州電機工業㈱ 熊本県熊本市 50.0%
九州電話運輸㈱ 熊本県熊本市 40.7%

【合併履歴】
1973年8月 日 西日本通信建設株式会社

【沿革】
当社は、昭和29年9月10日共に電子・電気通信関係施設工事の測量設計及び施工を主たる営業とする九州通信建設株式会社と九州建設工業株式会社の合併により、西日本通信建設株式会社(資本金700万円)の社名をもって熊本市新町1丁目27番地に設立されました。その後株式上場に伴い株式額面変更(1株の額面金額500円を50円に変更)のため形式上西日本電設株式会社(昭和21年9月21日設立)と合併しましたが、実質上の存続会社である西日本通信建設株式会社について記載しております。
昭和32年6月 熊本市に当社の営業課を分離し、通信機器販売を目的とした西日本電材株式会社(現 連結子会社)を設立。
昭和34年2月 新社屋が熊本市九品寺3丁目15番7号に完成、本社を移転。
昭和37年8月 福岡出張所を支店に改めた。
昭和40年3月 長崎、佐賀、大分、宮崎及び鹿児島の出張所を支店に改めた。
昭和43年2月 長崎市に構内交換施設の設計施工を目的とした西部通信工業株式会社(現 連結子会社)を設立。
昭和45年4月 熊本工事事務所、北九州出張所を支店に改め、九州各県庁所在地(除く沖縄)並びに北九州市に支店社屋新築。
昭和47年7月 熊本市に通信設備工事の施工を目的とした明正電設株式会社(現 連結子会社)を設立。
昭和48年8月 株式額面を50円に変更するため西日本電設株式会社と合併し、西日本電設株式会社の商号を西日本通信建設株式会社に変更。
昭和51年5月 本社別館新築。電算機導入稼働開始。
昭和53年12月 当社株式を福岡証券取引所に上場。
昭和59年8月 熊本市にOA機器販売を目的とした株式会社システムニシツウ(現 連結子会社)を設立。
昭和60年9月 東京銀座に東京支社を開設。
昭和61年4月 西日本通信建設株式会社から西日本システム建設株式会社に社名変更。
平成2年7月 新技術工法開発のため技術研究開発室を発足。
平成4年4月 日本電信電話株式会社(NTT)から通信設備工事総合種の認定。
平成4年8月 電算業務の効率化のため本支店間のオンライン開通。
平成8年5月 タイ国電気通信工事受注のため、バンコクにプロジェクトオフィスを開設。
平成10年12月 当社株式を大阪証券取引所市場第二部に上場。
平成11年3月 ISO9001(品質保証の国際規格)を取得。
平成11年4月 大阪市に関西支店を開設。
平成14年4月 福岡、熊本、鹿児島及び東京の四支社体制へ組織改編。
平成15年4月 OHSAS18001(労働安全衛生マネジメントシステム)を取得。
平成16年11月 ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を取得。
平成17年4月 技術者育成体制等の整備を図るため技術センタを発足。
平成20年3月 福岡市早良区へ福岡支社を移転。