※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヒガシマル

本店:鹿児島県日置市伊集院町猪鹿倉20番地

【商号履歴】
株式会社ヒガシマル(1979年10月2日~)

【株式上場履歴】
<福証>1998年3月20日~

【筆頭株主】
東紘一郎社長

【連結子会社】
HIGASHIMARU VIETNAM CO.,LTD ベトナム国ティエンザン省タンフーン工業団地 100.0%

【合併履歴】
2006年12月 日 株式会社島原素麺本舗
2001年8月 日 株式会社小川食品商事

【沿革】
昭和54年10月 麺及び養魚用配合飼料の製造販売並びに飲食レジャーを目的として鹿児島県日置郡伊集院町(現在の日置市)に株式会社ヒガシマルを設立すると同時に有限会社ヒガシマル食品工業より営業の一切を譲受
昭和56年5月 鹿児島市に養魚用配合飼料開発の目的で農林水産省の補助を受けて研究所が完成し、鹿児島県水産試験場から飼料実証試験事業を継承
昭和59年3月 鹿児島市に鹿児島工場を新設し、クルマエビ用配合飼料の製造を本社工場より移転
平成元年10月 鹿児島県日置郡伊集院町(現在の日置市)に本社を移転
平成4年4月 有限会社ヒガシマル開発(鹿児島県日置市)に対し、飲食レジャー部門(ジョイフルランド宮田石)の営業を譲渡
平成5年1月 オーストラリア クイーンズランド州に QUEENSLAND PRAWN FARM PTY.LTD.(以下「Q.P.F」という。現・連結子会社)を設立(資本金:2オーストラリアドル、議決権比率50%)
平成5年5月 Q.P.Fが増資し、当社とTOMEN AUSTRALIA LIMITED が引受け(資本金:500千オーストラリアドル、議決権比率90%)
平成5年11月 鹿児島県串木野市(現在のいちき串木野市)に臨海研究所を新設
平成7年5月 Q.P.Fの株式50千オーストラリアドルを買い受け、Q.P.Fを100%子会社化
平成7年11月 鹿児島県串木野市(現在のいちき串木野市)に串木野工場(乾麺製造設備)を新設
平成7年12月 株式会社小川食品商事(神奈川県川崎市川崎区)の第三者割当増資を引受けることにより経営権を取得(資本金:210,000千円、議決権比率95.2%、平成8年2月100%子会社化。)
平成10年1月 長崎県南高来郡西有家町(現在の南島原市)に株式会社島原素麺本舗を設立(資本金:10,000千円、株式会社小川食品商事の議決権比率100%。)
平成10年3月 福岡証券取引所に株式を上場
平成13年8月 株式会社小川食品商事を吸収合併
平成18年12月 株式会社島原素麺本舗を吸収合併
平成19年5月 Q.P.Fを清算結了
平成19年5月 ベトナム国ティエンザン省にHIGASHIMARU VIETNAM CO.,LTDを設立