※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メディネット

本店:横浜市港北区新横浜二丁目5番14号

【商号履歴】
株式会社メディネット(1995年10月17日~)

【株式上場履歴】
<東証マザーズ>2003年10月8日~

【筆頭株主】
木村佳司CEO

【沿革】
平成7年10月 予防医学に基づく新たな医療サービスの提供を目的として、東京都港区西新橋に株式会社メディネット(資本金1,000万円)を設立
平成11年4月 東京都世田谷区瀬田に分子免疫学研究所を開設、瀬田クリニック向けに細胞加工施設(瀬田CPC)を設置し、免疫細胞療法総合支援サービスを開始
平成12年12月 東京都港区新橋に本社を移転
平成13年8月 厚生労働省による新事業創出促進法に基づく「新事業分野開拓の実施に関する計画」の認定
平成13年10月 神奈川県横浜市港北区に本社を移転、新横浜メディカルクリニック(現瀬田クリニック新横浜)向けに細胞加工施設(新横浜CPC1)を設置し、免疫細胞療法総合支援サービスを開始
平成14年4月 神奈川県横浜市港北区に先端医学研究所を開設
平成14年7月 新横浜メディカルクリニック(現瀬田クリニック新横浜)向けに細胞加工施設(新横浜CPC2)を増設
平成15年5月 東京都世田谷区玉川台に研究開発センターを新設、分子免疫学研究所と先端医学研究所を同センター内に移転すると共に、先端医学研究所を「分子遺伝学研究所」に改称
平成15年6月 大阪府吹田市江坂に大阪事業所を開設、かとう緑地公園クリニック(現瀬田クリニック大阪)向けに細胞加工施設(大阪CPC)を設置し、免疫細胞療法総合支援サービスを開始
平成15年10月 福岡県福岡市博多区に福岡事業所を開設、福岡メディカルクリニック(現瀬田クリニック福岡)向けに細胞加工施設(福岡CPC)を設置し、免疫細胞療法総合支援サービスを開始。東京証券取引所マザーズ市場へ株式を上場(平成15年10月8日付)
平成15年11月 韓国イノメディシス社との技術援助契約に基づき、CD3-LAKによる免疫細胞療法総合支援サービスのライセンスを供与
平成16年3月 細胞医療支援事業においてISO9001の認証を取得
平成16年5月 「分子免疫学研究所」と「分子遺伝学研究所」を統合し、研究開発センターの名称を「先端医科学研究所」に改称
平成16年8月 日本初の治療用がん組織保管サービスである「自己がん細胞バンク」サービスを開始
平成19年2月 東京大学医学部附属病院の22 世紀医療センター内に開設された「免疫細胞治療学講座(免疫細胞治療部門)」向けに細胞加工施設(東大22世紀医療センターCPC)を設置し、免疫細胞療法総合支援サービスを開始
平成19年6月 独立行政法人国立病院機構大阪医療センターと同センターにおける免疫細胞療法の実施に対する技術支援を行なうライセンス契約を締結
平成19年11月 研究開発施設を東京都世田谷区の先端医科学研究所に統合し、名称を「研究開発センター」に改称
平成20年1月 株式会社医業経営研究所を設立