※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェルネット
本店:札幌市厚別区下野幌テクノパーク一丁目1番15号

【商号履歴】
ウェルネット株式会社(1996年7月~)
西北石油ガス株式会社(1983年4月1日~1996年7月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2014年12月19日~
<東証2部>2014年2月28日~2014年12月18日(1部指定)
<東証JASDAQ>2013年7月16日~2014年2月27日(2部指定)
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月21日~2010年4月1日(取引所閉鎖)

【筆頭株主】
株式会社いちたかガスワン(親会社)

【沿革】
昭和58年4月 ㈱一髙たかはしの電算業務の受託を目的として札幌市白石区本通に西北石油ガス㈱を設立
平成8年7月 事業内容を新規事業である代金決済及び代金決済周辺事業に集中し、合わせて商号をウェルネット株式会社に変更
平成9年4月 請求書発行代行サービス及びコンビニ収納代行サービス業務を開始
平成9年10月 「コンビニ収納代行システム」の開発完了、サービス開始
平成10年4月 「コンビニ収納代行システム」で通商産業省(現経済産業省)より新規事業法に認定
平成10年9月 東京都千代田区内神田に東京オフィス開設、営業部を東京オフィスに移転
平成11年3月 マルチメディア端末を利用した「ペーパーレス&リアルタイム現金決済システム」で北海道より中小企業創造活動促進法に認定
平成11年7月 ㈱一髙たかはし(札幌市中央区)が当社株式50.2%を取得
平成11年10月 本社を札幌市中央区大通西に移転
平成12年5月 マルチメディア端末を利用した「ペーパーレス&リアルタイム現金決済システム」開発完了、ローソン全店でサービス開始
平成12年6月 24時間対応のマルチメディア端末サポートセンターを札幌市厚別区下野幌テクノパークに開設、24時間有人サポート体制確立
平成12年7月 マルチメディア端末を利用した国内大手航空会社3社の航空券を対象とした「キャッシュレスチケットサービス」を開始
平成12年8月 営業部を拡張し、東京都千代田区有楽町に東京オフィスを移転
平成13年3月 マルチメディア端末を利用した「高速バスチケット代金収納代行&チケット発券サービス」を開始
平成13年4月 「ペーパーレス&リアルタイム現金決済システム」をファミリーマートのマルチメディア端末に接続、サービス開始
平成14年1月 システム業務の集約を図るため札幌市厚別区下野幌テクノパークに新社屋取得
平成14年4月 個人情報保護水準(JIS Q 15001)をクリアし、(財)日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの認定を取得
平成14年5月 本社を札幌市厚別区下野幌テクノパークに移転
平成14年7月 二次元コードを利用した携帯電話チケットを日本武道館の13,000人コンサートで実用化
平成15年1月 「ペーパーレス&リアルタイム現金決済システム」をみずほ銀行ATMと接続し、決済地点を拡大
平成15年7月 「ペーパーレス&リアルタイム現金決済システム」をサークルケイ、サンクスのPOSレジに接続し「オンライン決済」としてサービス開始。JALグループにおいて空港の自動チェックイン機で「ケータイチェックイン」サービス開始
平成16年1月 「マルチペイメントサービス」の決済方法をネットバンキングに拡大
平成16年4月 二次元コード配信のASPサービス開始
平成16年5月 二次元コードを利用した「ケータイチケット」(二次元コード認証サービス)を高速バスチケットとして実用化
平成16年12月 ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年2月 「マルチペイメントサービス」をセブン-イレブンのインターネット決済と接続し、決済地点を拡大
平成17年10月 オンライン発行によるプリペイドカード「PIN」の販売サービス開始
平成17年12月 空港バスのチケットを携帯電話で予約、購入、乗車できる「95bus.com」サービスの開始
平成18年3月 「マルチペイメントサービス」が三井住友銀行ATMと接続
平成18年4月 「マルチペイメントサービス」が日本郵政公社ATMと接続
平成18年6月 「マルチペイメントサービス」がミニストップ(オンライン決済)に拡大。「マルチペイメントサービス」がイーバンク銀行と接続
平成18年7月 「マルチペイメントサービス」がデイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストア、タイムリーに拡大
平成18年12月 「マルチペイメントサービス」がジャパンネット銀行と接続
平成19年3月 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC27001:2005」及びその国内規格である「JIS Q 27001:2006」の認証を取得