※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カワニシホールディングス

本店:岡山市今一丁目4番31号

【商号履歴】
株式会社カワニシホールディングス(2004年1月1日~)
株式会社カワニシ(1999年1月~2004年1月1日)
川西医科器機株式会社(1967年10月2日~1999年1月)

【株式上場履歴】
<東証2部>2000年12月21日~

【筆頭株主】
株式会社マスプ

【連結子会社等】
(連結子会社)
株式会社カワニシ 岡山県岡山市 100.0%
日光医科器械株式会社 大阪市阿倍野区 100.0%
株式会社メドテクニカ 名古屋市北区 100.0%
高塚ライフサイエンス株式会社 岡山県岡山市 100.0%
株式会社ホスネット・ジャパン 岡山県岡山市 100.0%
株式会社ライフケア 岡山県岡山市 100.0%
(持分法適用関連会社)
京都医療技術開発株式会社 京都市下京区 50.0%

【合併履歴】
1999年6月 日 株式会社ユーヴィック
1999年1月 日 香川精器株式会社
1999年1月 日 株式会社四国メディカルアビリティーズ

【沿革】
昭和42年10月 岡山県岡山市中央町8番10号にて医科器械、理科器械の販売を目的とする川西医科器機株式会社を資本金150万円で設立。
昭和46年2月 営業業務を岡山県岡山市大供一丁目7番1号に移転。
昭和52年6月 理化学関連領域の専門性を強化するために理化学部門を創設。
昭和56年3月 広島県における販売力を強化するために広島営業所(広島市中区)を開設。
昭和56年8月 循環器関連の専門性を強化するため、循環器部門を創設。
昭和60年10月 医療機器及び家庭用品の売買、レンタル業を目的として株式会社ライフケア(岡山県岡山市)(連結子会社)を設立。
昭和61年4月 島根県における販売力を強化するために松江営業所(島根県松江市)を開設。
昭和61年5月 香川県における販売力を強化するために高松営業所(香川県高松市)を開設。
昭和63年12月 岡山県岡山市今一丁目4番31号に新社屋完成。
平成3年7月 整形関連領域の専門性を強化するために整形部門を創設。内視鏡関連領域の専門性を強化するために内視鏡部門を創設。
平成4年5月 岡山県岡山市今一丁目4番31号の社屋に本社移転。
平成8年7月 SPD事業を強化するために株式会社ホスネット・ジャパン(岡山県岡山市)(連結子会社)を設立。低侵襲・放射線領域関連の専門性を強化するためにIVR(InterVentional Radiology)部門を創設。
平成9年5月 四国地区における販売力強化のために株式会社ユーヴィック(香川県高松市)を設立。
平成9年7月 高松営業所にかかる営業を株式会社ユーヴィックに譲渡。
平成10年4月 兵庫県における販売力強化のために姫路営業所(兵庫県姫路市)を開設。
平成11年1月 販売力ならびに企業体質の強化を図るため、香川精器株式会社(広島県中区)、株式会社四国メディカルアビリティーズ(愛媛県伊予郡)を吸収合併。合併に伴い、広島県中区光南に広島香川精器支店、愛媛県伊予郡砥部町に四国支店を設置。同時に商号を株式会社カワニシに変更。
平成11年6月 株式会社四国メディカルアビリティーズとの合併に伴い四国地区の営業展開の効率化をはかるため、株式会社ユーヴィックを吸収合併。
平成12年10月 当社広島香川精器支店を広島支店に名称変更。
平成12年12月 東京証券取引所市場第二部へ上場。
平成13年7月 病医院の情報化に対する専門性を強化するために医療情報システムグループを創設。
平成13年11月 本社及び岡山支店にて、ISO9001を認証取得。
平成15年2月 兵庫県東部における販売力強化のため、神戸営業所(神戸市中央区)を開設。
平成15年3月 市場基盤拡充のため、株式会社メドテクニカ(名古屋市北区)(連結子会社)の株式を100%取得。
平成15年7月 医療分野の高度先端技術情報の収集のため、京都医療技術開発株式会社(京都市下京区)(持分法適用関連会社)を設立。
平成15年10月 徳島県における販売力強化のため、徳島営業所(徳島県徳島市)を開設。
平成16年1月 分社型新設分割により営業の全てを新たに設立した「株式会社カワニシ」に承継させ、商号を「株式会社カワニシホールディングス」と変更するとともに、岡山県岡山市今一丁目3番9号の社屋に本社移転。
平成16年3月 市場基盤拡充のため、有限会社井上医科器械(神戸市東灘区)の持分を100%取得。
平成17年1月 経営の効率化を図るため、株式会社カワニシ(連結子会社)が有限会社井上医科器械を吸収合併。
平成17年6月 市場基盤拡充のため、日光医科器械株式会社(大阪市阿倍野区)(連結子会社)の株式を100%取得。
平成18年1月 市場基盤拡充のため、ネオス医科株式会社(奈良県橿原市)の株式を100%取得。
平成18年4月 経営の効率化を図るため、日光医科器械株式会社(連結子会社)がネオス医科株式会社を吸収合併。
平成18年7月 ライフサイエンス分野での市場基盤拡充のため、高塚薬品株式会社(現 高塚ライフサイエンス株式会社)(岡山県岡山市)の株式を100%取得。