和弘食品

本店:北海道小樽市銭函三丁目504番地1

【商号履歴】
和弘食品株式会社(1988年8月~)
北海道和弘食品株式会社(1970年5月~1988年8月)
和弘食品株式会社(1964年3月30日~1970年5月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1989年11月30日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【筆頭株主】
和山明弘社長

【沿革】
昭和39年3月 生麺の製造販売、並びに各種スープの製造販売を目的として、北海道小樽市新光129番地に和弘食品株式会社(資本金500千円)を設立しました。
昭和40年2月 別添用スープの製造・販売を開始しました。
昭和42年4月 生麺の製造・販売から撤退し、本格的なスープ専業メーカーに転換しました。
昭和44年4月 道内への拡販のため、北海道札幌市西区に札幌営業所を開設しました。
昭和45年5月 札幌ラーメンのスープ専業メーカーとしてイメージの定着化を図るため、北海道和弘食品株式会社と商号変更しました。
昭和46年2月 東北・北陸方面への拡販のため岩手県盛岡市みたけ町に盛岡出張所を開設しました。
昭和46年10月 生産体制の設備確立のため小樽工場を増設しました。
昭和47年8月 関東以南への拡販のため東京支店を東京都大田区中央に開設しました。
昭和51年6月 顧客のニーズに合った味の迅速な開発体制及び多品種少量生産を確立強化するため本社社屋及び小樽工場を北海道小樽市新光4丁目12番1号に新築・移転しました。
昭和52年1月 関西以南への拡販のため大阪出張所を大阪府大阪市天王寺区に開設しました。
昭和53年2月 販売業務拡張のため東京支店を東京都大田区大森北に移転しました。
昭和55年4月 販売業務拡販のため盛岡出張所を岩手県盛岡市清水町に移転しました。
昭和56年4月 販売業務拡張のため札幌営業所を北海道札幌市中央区に移転しました。
昭和56年5月 天然エキス抽出技術を独自開発し、北海道岩見沢市大和に岩見沢工場を新設し、天然エキスの製造・販売を開始しました。
昭和59年4月 天然エキスの生産体制を強化するため、北海道紋別郡上湧別町に中湧別工場を新設しました。
昭和60年2月 全国販売網確立のため本州の生産拠点として茨城県岩井市馬立に関東工場を設置しました。
昭和60年9月 麺類用具材・惣菜の生産を開始するため、北海道札幌市北区に札幌工場を設置しました。
昭和61年11月 本州方面のユーザーへのサービス向上と多品種少量生産の強化・拡充のため、茨城県岩井市幸田に関東工場を増設・移転しました。
昭和61年11月 天然エキスの生産体制強化のため、北海道小樽市銭函に銭函工場を新設し、岩見沢工場の機能を集約化しました。
昭和62年2月 麺用具材及び惣菜生産の合理化のため札幌工場を廃止し、小樽工場に集約化しました。
昭和62年4月 販売網の整備拡張のため札幌営業所を札幌支店に、盛岡出張所・大阪出張所をそれぞれ営業所に昇格させました。
昭和63年8月 全国的な販売網の拡大に伴い、商号を和弘食品株式会社に変更しました。
平成元年2月 販売業務拡張のため盛岡営業所を支店に昇格させ、併せて名称を東北支店に変更しました。
平成元年7月 販売業務拡張のため大阪営業所を大阪府大阪市中央区に移転いたしました。
平成元年11月 社団法人日本証券業協会に株式を登録しました。
平成4年12月 生産体制強化のため、銭函工場を増設及び物流費軽減のための配送センターを設置しました。
平成8年9月 販売業務拡張及びサービス体制充実のため、宮城県仙台市泉区に仙台営業所を開設しました。
平成10年3月 販売業務拡充のため盛岡市の東北支店を仙台市の仙台営業所に統合し東北支店といたしました。
平成11年6月 本社社屋を北海道小樽市銭函の北海道第二工場の敷地内に新設し、同時に札幌支店を移転統合しました。
平成13年11月 本社住所を北海道小樽市新光4丁目12番1号から同市銭函3丁目504番地1へ移転いたしました。
平成14年3月 北海道小樽市銭函の北海道第二工場の増改築を行い、ここに北海道小樽市新光の北海道第一工場の機能を移設し、北海道工場として統合いたしました。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場しました。
平成18年4月 販売網の整備拡張のため大阪営業所を大阪支店に昇格させました。