クラレ

本店:岡山県倉敷市酒津1621番地

【商号履歴】
株式会社クラレ(1970年6月24日~)
倉敷レイヨン株式会社(1949年4月~1970年6月24日)
倉敷絹織株式会社(1926年6月24日~1949年4月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<大証1部>1949年5月16日~2009年10月11日(上場廃止申請)
<名証1部>1949年5月16日~2003年9月21日(上場廃止申請)
<札証>  年 月 日~2003年9月21日(上場廃止申請)
<福証>  年 月 日~2003年9月21日(上場廃止申請)

【筆頭株主】
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

【連結子会社等】
(連結子会社)
クラレトレーディング㈱ 大阪市中央区 100.0%
クラレケミカル㈱ 岡山県備前市 100.0%
クラレエンジニアリング㈱ 岡山県倉敷市 100.0%
クラレメディカル㈱ 岡山県倉敷市 100.0%
クラレプラスチックス㈱ 大阪市北区 100.0%
クラレリビング㈱ 大阪市北区 100.0%
クラレテクノ㈱ 大阪市北区 100.0%
クラレビジネスサービス㈱ 岡山県倉敷市 100.0%
クラレクラフレックス㈱ 岡山県岡山市 100.0%
クラレルミナス㈱ 東京都千代田区 90.0%
クラレファスニング㈱ 大阪市北区 70.0%
㈱岡山臨港 岡山県岡山市 42.4%
㈱テクノソフト 大阪市北区 100.0%
クラレトラベル・サービス㈱ 大阪市北区 100.0%
クラレ不動産㈱ 大阪市北区 100.0%
クラレインテリア㈱ 大阪市北区 100.0%
クラレ機工㈱ 愛媛県西条市 100.0%
クラレ西条㈱ 愛媛県西条市 100.0%
クラレ玉島㈱ 岡山県倉敷市 100.0%
㈱入間カントリー倶楽部 埼玉県入間郡 95.0%
協精化学㈱ 東京都千代田区 60.0%
Kuraray Holdings U.S.A., Inc. 米国ニューヨーク 100.0%
Kuraray America,Inc. 米国テキサス州 100.0%
Kuraray Europe GmbH ドイツ・フランクフルト 100.0%
EVAL Europe N.V. ベルギー・アントワープ 100.0%
可楽麗香港有限公司 中国香港 100.0%
Kuraray Singapore Pte.,Ltd. シンガポール 100.0%
Kuraray Specialities Asia Pte.,Ltd. シンガポール 100.0%
POVAL ASIA PTE LTD シンガポール 100.0%
その他3社
(持分法適用関係会社)
クラレ岡山スピニング㈱ 岡山県岡山市 100.0%
日本海アセチレン㈱ 東京都千代田区 54.2%
その他4社

【合併履歴】
1974年8月1日 クラレソブレン株式会社
1973年8月1日 クラレラベラ株式会社

【沿革】
大正15年6月 化学繊維レーヨンの企業化を目的に、「倉敷絹織株式会社」を設立(社長 大原孫三郎)
昭和3年5月 倉敷工場操業開始(レーヨン)
昭和8年11月 東京及び大阪株式取引所に上場
昭和11年7月 西条工場操業開始(レーヨン)
昭和11年8月 岡山工場操業開始(レーヨン)
昭和15年12月 中国産業株式会社(昭和48年4月クラレケミカル株式会社に社名変更)設立
昭和18年2月 角一ゴム株式会社(昭和40年12月クラレプラスチックス株式会社に社名変更)へ出資
昭和24年4月 「倉敷レイヨン株式会社」に社名変更
昭和24年5月 証券取引所再開により上場再開(東京、大阪及び名古屋証券取引所)
昭和25年11月 岡山工場でビニロンの生産開始
昭和31年11月 玉島工場操業開始(レーヨン)
昭和35年11月 協和ガス化学工業株式会社へ出資
昭和36年10月 大阪合成品株式会社(昭和58年10月クラレトレーディング株式会社に社名変更)設立
昭和37年5月 中条工場操業開始(ポバール)
昭和37年5月 西条工場でポバールフィルムの生産開始
昭和39年3月 日本ベルクロ株式会社へ出資
昭和39年4月 玉島工場でポリエステルステープル「クラレエステル(商標)」の生産開始
昭和39年4月 クラレ不動産株式会社設立
昭和39年11月 倉敷工場で人工皮革「クラリーノ(商標)」の生産開始
昭和41年11月 岡山工場で人工皮革「クラリーノ」の生産開始
昭和43年6月 倉敷市に中央研究所(現くらしき研究所、構造物性研究所)設立
昭和44年11月 西条工場でポリエステルフィラメント「クラベラ(商標)」の生産開始
昭和45年6月 「株式会社クラレ」に社名変更
昭和46年11月 クラレチコピー株式会社(昭和57年10月クラフレックス株式会社に社名変更)設立
昭和47年5月 岡山工場でエチレン・ビニルアルコール共重合体「エバール(商標)」の生産開始
昭和47年10月 米国にKuraray International Corp.設立
昭和47年12月 鹿島工場操業開始(ポリイソプレンゴム「クラプレン(商標)」)
昭和51年9月 中条工場でイソプレン誘導品の生産開始
昭和52年1月 クラレエンジニアリング株式会社設立
昭和58年10月 米国にKuraray America, Inc.(平成8年3月 Eval Company of Americaに社名変更)、及びEval Company of America設立
昭和59年4月 西独にHaru-Kuraray GmbH(平成17年6月 amaretta GmbHに社名変更)設立
昭和59年12月 日本ベルクロ株式会社を吸収合併
昭和61年3月 米国にClarino America Corp.設立
昭和61年10月 鹿島工場で光ディスク(再生専用レーザーディスク)の生産開始
昭和61年12月 米国Eval Company of America、「エバール」樹脂の生産開始
昭和62年10月 クラフレックス株式会社を吸収合併
昭和63年12月 マジックテープ株式会社を設立、「マジックテープ(商標)」の生産を移管
平成元年10月 協和ガス化学工業株式会社を吸収合併
平成3年4月 西独にKuraray Europe GmbH設立
平成3年12月 米国Kuraray America, Inc.(平成8年3月 Eval Company of Americaに社名変更)がEval Company of Americaを完全所有し、一事業部とした。
平成6年4月 つくば市に筑波研究所(現つくば研究所)設立
平成7年12月 独にKuraray Eval Europe GmbHを設立、及び昭和48年9月設立のPan Oriental Industry Co., Ltd.を可樂麗香港有限公司に社名変更し増資した。
平成8年4月 米国に持株会社Kuraray America, Inc.(平成12年5月 Kuraray Holdings U.S.A., Inc. に社名変更)を設立
平成8年9月 シンガポールにKuraray Singapore Pte.,Ltd.設立
平成8年10月 日本合成化学工業株式会社との間でポバールの製造を目的とする合弁会社POVAL ASIA PTE LTD設立
平成9年10月 ベルギーにEVAL Europe N.V.設立
平成9年11月 シンガポールにポバールの販売を目的とするKuraray Specialities Asia Pte., Ltd.設立
平成10年4月 新合成繊維「クラロンK-Ⅱ(商標)」商業化
平成11年4月 日本合成化学工業株式会社との合弁会社POVAL ASIA PTE LTDポバール樹脂生産開始
平成11年9月 EVAL Europe N.V.「エバール」樹脂生産開始
平成12年1月 クラフレックス株式会社を設立、「クラフレックス(商標)」の生産を移管
平成12年5月 Kuraray America, Inc.をKuraray Holdings U.S.A., Inc.に社名変更
平成12年6月 米国にKuraray Holdings U.S.A., Inc.の100%子会社として新会社Kuraray America, Inc.を設立し、製品の輸入販売等の事業を移管
平成12年10月 米国にSEPTON Company of America設立
平成13年2月 レーヨン生産を停止
平成13年4月 Clarino America Corp.をKuraray America, Inc.に合併
平成13年4月 各「工場」を各「事業所」と改称し、また、「倉敷工場」と「玉島工場」を統合して「倉敷事業所」とした。
平成13年6月 クラレメディカル株式会社設立
平成13年7月 独にKuraray Specialities Europe GmbH 設立
平成13年10月 メディカル事業を会社分割し、クラレメディカル株式会社に承継
平成13年10月 西条事業所のポリエステル長繊維生産部門を分社してクラレ西条株式会社を設立
平成13年12月 Clariant AG からPVA(ポリビニルアルコール)及びPVB(ポリビニルブチラール)事業を買収し、Kuraray Specialities Europe GmbHが当該事業の運営を開始
平成14年4月 衣料及びインテリア用テキスタイル関連事業を会社分割し、クラレトレーディング株式会社に承継
平成14年4月 株式会社クラレ財経センター(存続会社)が株式会社クラレ情報システムセンターと合併し、クラレビジネスサービス株式会社と名称変更
平成14年4月 クラレ西条株式会社に西条事業所の全組織を移管
平成14年4月 上海事務所設立
平成14年9月 米国SEPTON Company of America「セプトン(商標)」生産開始
平成15年3月 クラレ玉島株式会社を設立
平成15年4月 クラレ玉島株式会社に倉敷事業所(玉島)の全組織を移管
平成15年6月 経営諮問会議を新設、執行役員制度を導入
平成16年3月 中国に可樂麗国際貿易(上海)有限公司を設立
平成16年3月 ファスニング事業をマジックテープ株式会社に移管
平成16年10月 マジックテープ株式会社がクラレファスニング株式会社に名称変更
平成16年12月 HT Troplast AG(ドイツ)からPVBフィルム事業を買収し、Kuraray Specialities Europe GmbHが当該事業の運営を開始
平成17年4月 不織布事業をクラフレックス株式会社に移管し、クラレクラフレックス株式会社に社名変更
平成17年4月 米国Celanese Advanced Materials Incのポリアリレート「ベクトラン(商標)」繊維事業を買収し、Kuraray America,Inc. が当該事業の運営を開始。
平成18年9月 独Kuraray Europe GmbHが、独Kuraray Specialities Europe GmbHを吸収合併
平成18年12月 RPTV(リア・プロジェクション・TV)用光学スクリーン(オプトスクリーン)の生産停止
平成19年10月 クラレ西条株式会社およびクラレ玉島株式会社から、それぞれポバールフィルムの生産その他の事業を会社分割により承継
平成20年1月 Kuraray America, Inc.が、Eval Company of AmericaおよびSEPTON Company of Americaを吸収合併
平成20年1月 POVAL ASIA PTE LTDの全株式を取得し、子会社化