デリカフーズ

本店:東京都足立区保木間二丁目29番15号

【商号履歴】
デリカフーズ株式会社(2003年4月1日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>2014年12月17日~
<東証2部>2005年12月6日~2014年12月16日(1部指定)

【筆頭株主】
舘本勲武社長

【連結子会社】
東京デリカフーズ株式会社 東京都足立区 100.0%
名古屋デリカフーズ株式会社 名古屋市中川区 100.0%
大阪デリカフーズ株式会社 大阪府茨木市 100.0%
株式会社メディカル青果物研究所 東京都足立区 100.0%
デザイナーフーズ株式会社 名古屋市中区 100.0%

【沿革】
当社グループは、外食産業向けカット野菜の製造、販売事業を目的として、昭和54年10月に現名古屋デリカフーズ株式会社を設立したことに始まっております。当時米国では、ファーストフードにカット野菜が使用されており、今後日本でも外食産業の店舗拡大の過程において、カット野菜の事業が成り立つという確信のもと、事業を立ち上げました。その後、日本における外食産業が全国規模で成長しチェーン展開する中で、カット野菜の市場規模も拡大したことを受け、関東地区における、特にファミリーレストラン向けの営業、製造、物流体制を構築するために、昭和59年12月に現東京デリカフーズ株式会社を設立いたしました。また、近畿地区における営業、製造、物流体制を展開強化するために、平成2年5月に大阪デリカフーズ株式会社を設立いたしました。平成15年4月に、当社は「デリカフーズ」ブランド力の更なる強化と、野菜の持つ様々な効果等の分析及び研究を迅速かつ円滑に進めるため、純粋持株会社として設立され、当社グループ価値向上と事業会社等の運営サポートを行うこととしました。当社及びグループ会社(東京デリカフーズ株式会社、名古屋デリカフーズ株式会社、大阪デリカフーズ株式会社、株式会社メディカル青果物研究所、デザイナーフーズ株式会社)の事業内容の変遷は次のとおりであります。
昭和54年10月 デリカフーズ株式会社(現名古屋デリカフーズ株式会社)設立
昭和59年12月 株式会社東京デリカフーズ(現東京デリカフーズ株式会社)設立
昭和60年12月 東京都足立区保木間に東京第2工場新設稼動
昭和61年11月 株式会社東京デリカフーズを東京デリカフーズ株式会社に商号変更
平成2年5月 大阪デリカフーズ株式会社設立
平成2年9月 神奈川県大和市草柳に東京デリカフーズ株式会社横浜工場新設稼動
平成5年1月 東京第2工場隣接地に東京物流センター新設稼動
平成5年12月 神奈川県大和市代官に横浜工場物流センター新設稼動
平成6年6月 兵庫県明石市に大阪デリカフーズ株式会社神戸事業所新設稼動
平成9年8月 愛知県名古屋市中川区冨田に名古屋第2工場新設稼動
平成9年9月 デリカフーズ株式会社の本社を名古屋市中川区に移転、工場・物流センター・受注センター新設稼動。デリカフーズ株式会社を名古屋デリカフーズ株式会社に商号変更。株式会社メディカル青果物研究所を設立
平成14年1月 神奈川県大和市深見西に横浜工場物流センターを移転
平成14年5月 愛知県海部郡十四山村に名古屋デリカフーズ株式会社子宝工場新設稼動
平成14年12月 大阪デリカフーズ株式会社本店を大阪府茨木市宮島に移転
平成15年4月 デリカフーズ株式会社(持株会社)設立
平成16年4月 デザイナーフーズ株式会社完全子会社化
平成17年12月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
平成19年3月 大阪デリカフーズ株式会社神戸事業所を兵庫県加古郡稲美町に移転。兵庫工場に名称変更